2012年 07月 24日
Susan Hill on Dust Jackets
しばらく前に読了したスーザン・ヒルの書物随筆集 Howards End is on the Landing: A Year of Reading from Home は、本にまつわるあれこれが書かれていてとても面白かった。そのなかで、古本に関係する話が1つだけあったので、ここに紹介しておきたい。これが面白いエピソードで、夜中に読んでいて、思わずゲラゲラ笑ってしまった。

引用する短章のタイトルは 'A Book by its Cover' で、おもに本のカバー(dust jackets)についての話。本のカバーや帯などの付属品を重要と見なすかどうかは完全に個人の好みだろうが、こと古本としての付加価値ということになると、これはもうカバーや帯が完全な状態で残っているほうが望ましいに決まっている。以下に紹介するエピソードは、ヒルの友人の実にもったいなかった話。
  Some years ago a friend had a salutary lesson in the importance of dust jackets which has made me take more care of those I know to be of some value. He had a serious collection of first editions of twentieth-century poetry, including all of T.S. Eliot, and of first editions of E.M. Forster, D.H. Lawrence, Virginia Woolf and some others of equal rank. He also owned some fine private press books --- The Chaucer Head, Kelmscott. He liked to look, to handle and to read his books but he was always careful not to mark or damage them. He did, however, have a dislike of dust jackets which he regarded rather like brown paper bags for groceries or envelopes containing letters. He thought they were of no interest or significance and he preferred the bindings they concealed. So he simply tore them off as soon as he bought his books and threw them away.
  Then he came to me for advice. He needed money to help pay for his youngest son's education and proposed to sell some of his book collection. Did I know of a good dealer who would give me a fair price? I did. My friend compiled a list of what he wished to sell and sent it down. The dealer proposed an immediate visit. First editions of The Four Quartets, The Waste Land, A Passage to India, A Room with a View, To the Lighthouse, as well as a juicy selection of private press volumes, do not come the way of an antiquarian bookseller every day of the week.
  He arrived and was shown the private press books first. He named a good price. Then they crossed the room to the Modern Firsts.
  When he saw the rows of them, immaculate and in near-fine condition but every single one without its dust jacket, he wept, and when he heard that these had been torn off and thrown away, he wept again. The books were worth something, of course, but with their original near-mint dust jackets they would have been worth ten times as much. My friend was flabbergasted --- indeed, for a while, he was disbelieving, so that the dealer suggested he ask a colleague to reinforce what he had said. They contacted him by phone and my friend spoke to him, only to hear the same story. The rest of the money for his son's education had to be found some other way. (pp. 162-163)

 ある友人が数年前に本のカバーがいかに大事かについて洗礼を受けた。その一件以来、私自身も多少貴重だと思われる本を慎重に取り扱うようになった。この友人は、20世紀の詩集を熱心に蒐集している初版本コレクターで、T.S.エリオットの全著作をはじめ、E.M.フォースター、D.H.ロレンス、ヴァージニア・ウルフなどの初版本も蒐集していた。また、彼はチョーサー・ヘッドやケルムスコットといったプライベート・プレスから発行された貴重な本も所有していた。自分のコレクションを眺め、手に取り、またそれらを読むことを彼は好んだが、一方で本に印を付けたり傷つけないように常に気をつけていた。ところが、彼には本を包んでいるカバーを嫌う習性があり、そんなものはスーパーの食品を入れる茶色の紙袋か手紙の入った封筒ぐらいにしか考えていなかった。彼は本のカバーに関心を持っておらず、その下に包まれている本にしか関心がなかった。そういうわけだから、彼は本を購入するとすぐにカバーを破り捨てていた。
 そんな彼が私の所にある頼み事を持ってきた。下の息子さんのために学費が必要になったので、コレクションの一部をお金に換えたいということだった。信頼のおける古書店を知らないかと訊かれたので、私は知っていると答えた。友人は売ろうと考えている本のリストを作り、さっそくそれを古本屋に送った。古本屋はすぐにやってきた。『四つの四重奏』、『荒地』、『インドへの道』、『眺めのいい部屋』、『灯台へ』の初版本のみならず、マニア垂涎のプライベート・プレス発行の本などは、古書店といえども、そうお目にかかれるものではない。
 古本屋が到着すると、まずプライベート・プレスの本を見せられた。提示額は十分なものだった。次に、モダニストたちの初版本コーナーへと移った。
 ずらっと並んだ本を前にし、古本屋は涙を流した。本の状態は申し分のないものだったが、すべてが「カバー欠」という状態だったのだ。それらのカバーは破って捨ててしまったということを聞き、古本屋はもう一度涙を流した。もちろん本自体にいくらかの価値はつくが、元々あったカバーが完全に近い状態で残っていれば、その価値は10倍になっただろう。開いた口がふさがらないとはこのことで、友人はしばらくわが耳を疑った。その様子を見て、古本屋はなんなら別の同業の知人に連絡を取るから、今言ったことが本当かどうか確認してみればどうかと言った。二人はその古本屋に電話し、友人の方が話をしてみた。同じ言葉が返ってきただけだった。結局、学費の残りは別の方法で調達しなければならなくなった。

あまりにも可笑しかったので、この話を妻にしてやったら、「それでは、あなたの本棚にある本のカバーも全部破り捨ててしまったら、あなたもお泣きになられるの?」などと物騒なことを訊いてきて困った。
[PR]

by anglophile | 2012-07-24 21:41 | 読書 | Comments(0)


<< 今日の105円本      古本ブックエンド訪問 >>