タグ:文芸誌 ( 10 ) タグの人気記事

2012年 06月 09日
21世紀の世界文学30冊を読む/英米小説最前線
最近は古本のプロポーションがやや減少気味だが、一方で先月後半から今月後半にかけて、個人的に注目している新刊、再刊、復刊が目白押しで、本屋に行くことばかり考える生活が続いている。それもまたよろし。

新刊で買ったうちの1冊が、都甲幸治『21世紀の世界文学30冊を読む』(新潮社)である。著者はアメリカ文学研究者で、柴田元幸氏の弟子筋にあたる人。『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』などを訳したり(共訳)している。都甲氏がどんな感じの人なのかあまりよく知らなかったのだが、YouTubeに上げられていたジュンク堂池袋店で今年初めに行われた作家のいしいしんじ氏とのトークセッション「越境する作家たち」をしばらく前に見て、なんか人の良さそうなお兄ちゃんといったような感じの人だったので好感を持ったのだった。ちなみに、このセッションはものすごく面白いです!

c0213681_2235254.jpg

さて、都甲氏の本は2008~2011年に『新潮』に連載されていた「生き延びるためのアメリカ文学」がもとになっている。この連載は「世界同時文学を読む」と名前を変えて現在も続いている。内容は、21世紀になってから出版された未邦訳の海外作品を紹介するというもの。書名にあるとおり、全部で28作家30冊の小説が取り上げられている。知らない作家が半分ぐらいいるので今後の指針の1つとして役立てたいと思う。基本的に英語で書かれた作品が挙げられているのだけれど、あえて「世界文学」と謳っているのは、アメリカなどの英語圏に移り住んでやがて英語で書くようになった他国生まれの「移民作家」が含まれるからだろう。唯一英語で書いていない作家としてロベルト・ボラーニョが入っていて、Nazi Literature in the Americas が紹介されている。ほんとのことを言うと、この本を買おうか迷ったのだけれど、ボラーニョのことが書かれていたので購入を決めた次第。
 今アメリカ合衆国で最も話題の作家と言えばもちろん、ロベルト・ボラーニョである。そんなのおかしいではないか、とあなたは思うかもしれない。チリで生まれ、メキシコで育ち、スペインで没したボラーニョ、しかもスペイン語で書かれた作品しかない彼が、なぜそれほどまでに合衆国で読まれているのか。しかも二〇〇三年には既に亡くなっているのに、と。答えは単純である。どの作品もずば抜けて面白いからだ。ボラーニョの作品を読めば、我々が今まで中南米文学に対して抱いていたイメージは粉々に砕けてしまうだろう。ボルヘスなど中南米文学の最良の部分をきちんと消化したうえで、これほど現代的な作品を書いている作家がいたのか。当たり前である。あのラテンアメリカ文学のブーム以来、僕らは何十年ものあいだ中南米の偉大な作家のリストを書き換えずに来た。そのせいで刺激的な文学との出会いをどれほど逃してきたことだろう。(141頁)
私も全部把握していないのだが、ボラーニョが亡くなったあと、遺品の中から大量の未発表原稿が出てきたらしく、それらが少しずつ日の目を見るようになって、それにあわせて英訳のほうも順次出版されている。日本ではボラーニョはまだ2冊しか訳されていないが、これからどんどん訳されていくことだろう。この Nazi Literature in the Americas は題名が恐そうなのでまだ買っていなかったが、都甲氏の紹介文を読んでぜひ読んでみたくなった。

各文芸誌の最新号が今週発売されているが、『新潮』7月号には都甲氏の本が発売されたのに合わせて柴田元幸氏との対談「世界文学はアメリカ文学である」が載っている。師弟対談ということで面白く読んだ。実は、未邦訳の海外作品を紹介するという連載は師匠の柴田氏も2007年から『ENGLISH JOURNAL』という語学月刊誌でやっている。連載のタイトルは「英米文学最前線」となっていて、「世界の最先端をいく小説の一節と、柴田先生のみごとな翻訳、そして書評と、1粒で3つの味が楽しめ」るようになっている。膨大な量の英米作品に接しているはずの柴田氏の読書生活の一端がうかがえてとても興味深い。「こんなの、読んでるんだ!」と、その読書の幅の広さにも毎回驚かされている。

で、最新7月号(表紙はメリル・ストリープ)を何気なくチェックしてみたら、「おおっ!」と思わず興奮の声をあげてしまった。なんとボラーニョの 2666 が取り上げられているではないか! なんか、あっちとこっちが結びついていたのでびっくりしてしまった。
 この人の小説を読んでいると、他人の悪い夢にまぎれ込んだらこんな感じだろうなあ、と思うことがよくある。夜更けに知らない町の怪しげな区域に行って、どこか邪悪な人間に出会い、夜が明けたときには何かが確実に損なわれている---そんな展開がくり返し現れる。
 しかも、ありていに言って、最後まで読んでも、「結局、何の話かよくわからなかった」と思うことが多い。にもかかわらず、読まされてしまう。それも、短篇のみならず長篇でも「何の話かよくわからない」ことが多い。
 遺作となった、5部構成、898ページに及ぶ大作『2666』も、一番長い第4部(281ページ)で、メキシコの町に住む女性が次々に殺害されていく話など、まさに先の見えない他人の悪夢から抜け出せなくなったような思いに囚われながら読者は読み進める。
 (中略)プロットにとっては周縁的と思える無数の逸話、脱線すべてが、中心以上の存在感をもって自己を主張している。「何の話かよくわからない」ことの強みが、今回はいつも以上に生きている。そもそも書名の『2666』は何を意味するのか? 今後数十年、このタイトルの寓意をめぐって議論が戦わされることだろう。
もうこれ以上の的確な説明は考えられないと思う。正直なところ、2666 がどんな小説なのかと問われると、答えに窮してしまうのだが、「まあ、読んでごらん、面白いから」としか言えない。ところが、柴田氏はそれでいいんだと言ってくれているよう。やっと心の中のモヤモヤが晴れたような感じがする。

c0213681_2354939.jpg

[PR]

by anglophile | 2012-06-09 23:38 | 読書 | Comments(0)
2012年 05月 25日
Monkey Business International
昨年休刊となった柴田元幸責任編集『monkey business』の海外(英語)版が現在のところ第2号まで出ている。第2号は今月出たようだ。備忘録として、目次をここに貼っておく。

<Issue 1 Table of Contents>

Monsters: a short story by Hideo Furukawa (translated by Michael Emmerich)

People from My Neighborhood: a collection of vignettes by Hiromi Kawakami (translated by Ted Goossen)

The Sleep Division: a poem by Mina Ishikawa (translated by Ted Goossen)

Sandy’s Lament: a short story by Atsushi Nakajima (translated by M. Cody Poulton)

Song, The Old Way, and Bougainvillea: stories by Barry Yourgrau

The Tale of the House of Physics: a short story by Yoko Ogawa (translated by Ted Goossen)

Pursuing “Growth”: an interview with Haruki Murakami by Hideo Furukawa (translated by Ted Goossen)

Interviews with the Heroes, or Is Baseball Just for Fun?: a poem by Inuo Taguchi (translated by Ted Goossen)

A Country Doctor: a manga by the Brother and Sister Nishioka, based on the story by Franz Kafka (translated by J. A. Underwood)

Closet LLB: a short story by Koji Uno (translated by Jay Rubin)

When Monkeys Sing: a poem by Masayo Koike (translated by Ted Goossen)

Monkey Tanka: a poem by Shion Mizuhara (translated by Ted Goossen)

Monkey Haiku: a poem by Minoru Ozawa (translated by Ted Goossen)

The Forbidden Diary: an excerpt from a fictional diary by Sachiko Kishimoto (translated by Ted Goossen)


<Issue 2 Table of Contents>

What Do You Wish We Had in Japan Today? 17 writers and artists respond (translated by Paul Warham and Stephen Snyder)

I Chase the Monkey and the Monkey Flees from Me, the Monkey Chases Me and I Flee from the Monkey: a short story by Masatsugu Ono (translated by Michael Emmerich)

Tales in Tanka: poems by Mina Ishikawa (translated by Motoyuki Shibata and Ted Goossen)

Meditations on Green: a short story by Toh EnJoe (translated by David Boyd)

At the Delta: a short story by Rebecca Brown

The Great Cycle of Storytelling: an essay by Haruki Murakami (translated by Ted Goossen)

A Once-Perfect Day for Bananafish: a prose poem by Mieko Kawakami (translated by Hitomi Yoshio)

Nowhere: a poem by Stuart Dybek

People from My Neighborhood (Part 2): a collection of vignettes by Hiromi Kawakami (translated by Ted Goossen)

A Fasting-Artist: a manga by the Brother and Sister Nishioka, based on the story by Franz Kafka (translated by J. A. Underwood)

Ghosts and Ghost Paintings: haiku by Minoru Ozawa (translated by Motoyuki Shibata and Ted Goossen)

Bridges: a short story by Keita Jin (translated by Allison Markin Powell)

Breathing Through Gills: a short story by Hideo Furukawa (translated by Ryan Shaldjian Morrison)

Sleepyville: a short story by Mimei Ogawa (translated by James Dorsey)

The Seaside Road: a short story by Tomoka Shibasaki (translated by Ted Goossen)

The Futon of Tottori: a manga by Fumiko Takano, based on the short story by Lafcadio Hearn

Medicine: a short story by Barry Yourgrau

Mr. English: a short story by Keita Genji (translated by Jay Rubin)

What’s Eating Soichiro Mogi: an essay by Naoyuki Ii (translated by David Boyd)

John: a short story by Yoko Hayasuke (translated by Hanae Nishida Vuichard)

The Forbidden Diary (Part 2): an excerpt from a fictional diary by Sachiko Kishimoto (translated by Ted Goossen)

Black Space, the Sound of Rain: a short story by Comes in a Box (translated by M. Cody Poulton)

第2号は日本のアマゾンでも買えるようだ。日本版の内容とどれくらい重複しているのかはまだ調べていない。
[PR]

by anglophile | 2012-05-25 23:40 | 読書 | Comments(2)
2011年 07月 13日
男の身だしなみ
今日は県立図書館に本を返しに行ってきた。その帰りにちょろっと某所へ。おもしろい雑誌があったので買ってきた。以下、興味本位にご紹介。
c0213681_2295342.jpg

こんな「デラックス」な雑誌があったんですねえ。この号は昭和52年の12月号である。昭和52年、私はぴっかぴかの1年生だった。1ページ目に植草甚一が載っている。
c0213681_311840.jpg

ニューヨークの街角で買ったというこの皮のカバン、ほしい。このあと、開高健の「パイプ」などがつづく。そして、さらにページをめくっていくと、衝撃的な写真が載っていた。
c0213681_249012.jpg

「装える七人の男たち」といういかにもなタイトルで括られた七人の男たち。右から6人目までよしとするが、左端の方だけ違和感アリ。このページは「コート」の特集だが、さらにこのあと「Sportswear」、「Town Wear」(はじめて聞く言葉だった)、「Jeans」とつづく。「Sportwear」では、みなさんテニスウェアをお召しになっており、右から6人目まではよしとしますが、左端の方だけやはり違和感アリ。(写真紹介は自粛)

このあと「世界のベストドレッサー」の一人として、クレー射撃の名手で、この前年にモントリオール五輪にも出場した、吉田茂元総理の孫のスナップショットも載っていたりと、ネタ満載の一冊となっております。
[PR]

by anglophile | 2011-07-13 23:43 | 古本 | Comments(0)
2011年 04月 12日
『北國文華 2011年春 第47号』
仕事のあと、新刊書店へ。気になったものを、まとめて、目を瞑って、レジに差し出す。

・穂村弘 『短歌の友人』 (河出文庫)
・佐藤泰志 『そこのみにて光輝く』 (同上)
・佐藤泰志 『移動動物園』 (小学館文庫)
・『新潮 2011年5月号』 (新潮社)
・『北國文華 2011年春 第47号』 (北國新聞社)

『新潮』は久しぶりにCD付き。なんだか貴重そうなので買っておく。地元新聞社発行の『北國文華』は、金沢にいればいろんなところで目にする(喫茶店なんかにも置いてあったりする)が、これまで買ったことはなかった。今回は特集記事が充実していて、立ち読みできる分量ではなさそうだったので、思い切って買ってしまった。1600円もするんですね、この雑誌!

c0213681_23101185.jpg

本日の一言:「よけいなことだが、この鼎談で島田氏はしゃべり過ぎである。」
[PR]

by anglophile | 2011-04-12 23:20 | 読書 | Comments(0)
2011年 03月 08日
今月の文芸誌など
◆各社文芸誌の4月号が発売された。『新潮』には、「西村賢太+町田康」の特別対談が載っている。これはスペシャル・マッチング。「朝吹真理子+羽生善治」のマッチングもナイスである。『文学界』の「内田樹最終講義」もよかった。こういう大学の先生の講義が文芸誌に載るというのはちょっと異例なのではないかとおもうが、まあ内田氏は別格ということだろう。このときの講義内容はブログにも書かれていたが、なかなかいいものだった。ちょっと感動。ところで、先月号の『群像』は立ち読みしただけだったが、やはり「柴田元幸×マイケル・エメリック」が気になる。図書館で借りてコピーを取っておこう。

◆やっと『詩人と古本屋 風雲児ドン・ザッキーを探せ』(筑摩書房)を見つけたので、少し立ち読みしてきた。前半部は、『古本探偵追跡簿』とほぼ同じ内容なのだろう。後半の部分だけが増補されているような感じだった。

◆ドン・ザッキー本を躊躇したわりには、クリックが止まらない。ある海外の出版社のブログに紹介されていた Albert Cossery というフランス人作家の A Splendid Conspiracy という小説の一節を読んだら感電した。こんな書き出し。
SEATED AT THE CAFÉ TERRACE, Teymour felt as unlucky as a flea on a bald man’s head. His entire bearing expressed idleness, morbid emptiness, and a soul-afflicting desolation at this memorable moment when he was rediscovering his home town after six years spent abroad. His surfeit of bad luck conferred a kind of fatal prestige on him, making him resemble a dethroned monarch, victim of collective treason. He had a wild look about him and seemed paralyzed by pain—a suffocating pain that intensified as his gaze attempted, with extreme reluctance, to take in his dull surroundings. It was as if everything he saw had a gift for reinforcing his suffering. From time to time he closed his eyes, and his face assumed an expression of nostalgic ecstasy, as if he were withdrawing into a world of gracious memories to which he was still bound by almost fleshly ties. Rather than bringing him relief, however, these fleeting journeys into the recent past only increased his suffering in contrast to the implacable reality assailing him as soon as he reopened his eyes.
「禿げ男の頭の上にいるノミのように我が身を嘆いていた」という書き出しが可笑しい。

この Cossery という作家は名前も聞いたことがなかった。2008年に亡くなっているようだが、ヨーロッパではかなり名の知られている人のようだ。8冊ある著書のほとんどが英訳されてもいる。日本では1冊だけ翻訳(アルベール・コスリー『老教授ゴハルの犯罪』)が出ているようだ。そちらも注文してしまった。

県外遠征することにした。一体どうなることだろう。
[PR]

by anglophile | 2011-03-08 18:22 | 読書 | Comments(0)
2011年 02月 11日
雑誌あれこれ
注文していた『版画芸術』が届いた。オリジナル版画が1枚封入されている。表紙の木枠のオブジェもなかなかいい。北川健次さんは福井出身だそうだ。調べてみたら、11月に富山で個展があったみたい。残念。
c0213681_2372167.jpg


----------------------------------------------------------------------
さて、今月発売の雑誌で何冊か気になるものがある。

まずは、昨日友人からのメールで知った『文藝別冊 グレン・グールド 増補新版』。
c0213681_22474749.jpg
この本は、2000年に出たやつの「増補新版」で、その元版は持っていたとおもっていたが、本棚を探しても見あたらないので多分買いそびれたのかもしれない。グールド関連なので、とりあえず購入。「増補」といっても、グールド論が2本追加されただけで、巻末のディスコグラフィーなどは10年前と変わっていないのではないか。なんだか期待したほどでもなかった。グールドといえば、昨年買った新しい評伝が読みかけになっていたなあ。


----------------------------------------------------------------------
いつもチェックしている毎月8日朝刊の第2面文芸誌広告欄のチェックを今月は怠っていたのだが、さっき確認したら『文学界』と『群像』に食指が動いた。『文藝春秋』の方も気になるところだが、前者の「芥川賞受賞記念鼎談」も絶対におもしろいだろうなあ。後者には、「対談 柴田元幸×マイケル・エメリック 翻訳は言語からの解放」が載っている。これまた気になる企画だ。明日もういちど書店に行って見てこよう。

◆錆びつき気味の『世界週末戦争』読破メーター:247頁/568頁
[PR]

by anglophile | 2011-02-11 23:48 | 読書 | Comments(0)
2010年 09月 18日
ときどき思い出してはすぐに忘れること   
なんとかこの1週間を乗り切った!週末の休日が3日あるのがうれしい。3日ぐらい休日があるのがちょうどいい。なまけものの思想。

さて、ちょっと古い話かもしれないが、松浦弥太郎さんが2006年の1年間(?)『群像』に連載していたエッセイ「僕の古書修行」のことをときどき気になって思い出す。私は1月号と10月号をたまたま買っていて、あるときそのエッセイが載っていることに気づいた。1回分が4ページという短いものなのだが、読んでみるとこれがなかなかおもしろい。古本者の心をくすぐってくれる。

この連載は1年分を合わせても1冊の本にするほどの分量に満たないだろうから、単行本にはなっていないとおもう。松浦さんの本は何冊か持っているが、それらにも収録されている様子はない。1月号と10月号しか読んでいないので、残りの号の連載がずっと気になっている。気にはなっているのだが、いつも次の日になるとそのことを忘れてしまっている。そういうのをこれまで5回以上繰り返している。で、よく考えてみたら、図書館に行けばバックナンバーがあるだろうから、それを読めばいいではないか、ということにさきほど気づいた。たぶんそのことにもこれまで3回ほど気づいているとおもうが、いつも次の日になるとそのことを忘れてしまっている。現に、しばらく前に図書館に行ったときも、そんなことは忘れていた。そろそろバックナンバーを読みに行くことを実行に移してもいい頃かとおもうが、まあこのままでもいいかともおもう。そんなことをおもいながら、今日も10月号を書棚の奥から取り出して読んでみた。これで何回目だろう。

断片的にしか読んでいないのでその全体の内容は分からないのだが、これはひょんなことから知り合いになった、松浦さんが師匠と呼ぶことになるA氏との関係を描いたもののようだ。A氏は85歳で、エッセイと随筆の研究をしている老人。でも、もう先は永くない。あるとき、随筆集を主に扱う古書店「カウブックス」を営む松浦さんのもとに、このA氏から手紙が届き、そこからこのA氏との奇妙な関係が始まる。

ずーっと飛んで、10月号には、しばらく音信不通だったA氏がふらりと松浦さんの店に現れたときのことが書かれている。久しぶりに店を訪れたA氏はこう言った。
「貴方、どうしてこんなに茶色い本ばかりを集めるのですか。まあ、大抵の古書店はこういった三十年前くらいの文学書の初版を集めたがるけれど、それは一体誰が買うのか知っていますか。これらの本を有り難く手にするのは、読書家ではなく、ただの古書マニアですよ。古書マニアは本を買っても読むことはせず、ただ飾るだけです。貴方の店はそういう客のための古書店ではないでしょう。ねえ」
松浦さんは何も言えない。レジの上にあった買い取ったばかりの横光利一『機械』の初版本を見てA氏はこう続けた。
「その横光利一の『機械』はマニアが欲しがる本です。程度が良ければ四、五万でも売れるでしょう。だけど一般の人は買いません。読みたければ文庫で読めるのです。すぐそこのブックオフに行けば三百円で買えますよ。いつから貴方はこういう本を売るようになったのですか。質の高い随筆を専門とする古書店にしたいと言っていたではありませんか」
松浦さんは言葉が出てこない。
「貴方、最近本を読んでいないでしょう。古書店の店主というのは、段々と本なんて読まなくなります。本を読まずに商売ばかりを考えます。ある意味それは仕方がないことだけれど、本を読まない店主の古書店に新しさなど生まれませんよ。新しくない古書店というのは、物ありきのただの古書ブローカーであるということです。マニア向けの高い本ばかりを右から左に動かすだけです。貴方はそうなりたいのですか...」
もはや絶句状態の松浦さんをA氏は一喝する。
「しっかりしなさい。大ばか者め!!」
この「愛情」の深さにじーんとなる。いつ読んでもシビれる。このあと一体どうなったのだろう。
[PR]

by anglophile | 2010-09-18 04:14 | 読書 | Comments(2)
2010年 06月 09日
『1Q84』の英訳版   
書店で各文芸誌の七月号に目を通してきた。村上春樹特集が多いですね、今月は。

その中で、『群像』が村上作品の翻訳者の一人ジェイ・ルービンのインタビュー記事を載せている。氏は現在『1Q84』を英訳中とのこと。BOOK1はすでに脱稿し出版社に渡してあり、BOOK2の〆切は十一月であるらしい。出たばかりのBOOK3はどうなっているかというと、別の翻訳者であるフィリップ・ガブリエルが担当することになったらしい。こちらも〆切は十一月だとか。本来ならすべてルービン氏が手掛けるところなのだろうが、出版社としては少しでも早く出版したいようで、急遽同時進行になった模様。翻訳家の方々もだいぶ急かされているような印象を受けた。

ルービン氏によれば、十一月〆切ですぐに本が出るわけではなく、あと一年ほどはかかるのではないかということだ。それを手にできるのは年を越してからのようだ。気長に待ちたい。
[PR]

by anglophile | 2010-06-09 13:35 | 読書 | Comments(0)
2010年 05月 20日
『ピストルズ』読了
阿部和重『ピストルズ』を読み終えた。前半はまったり、後半はすーっと読めた。評価はビミョーなところである。他の人たちがどんなふうにこの作品を評価しているのか気になるところ。さしあたって、『群像』(五月号)に掲載されていた蓮実重彦との対談が気になる。以前に最初の方だけ立ち読みしたのだけれど、けっこう面白いことを蓮実重彦が言っていて、ある意味さすがだなあと思ったのだが。近いうちに県立図書館にでも行って読んでこようと思っている。自分としては『シンセミア』の方がずっと面白かったというのが正直なところではある。

----------------------------------------------

善行堂さんに「サンポマガジン4号」を注文した。奈良の古本屋について知りたかったので。もう在庫があまりないようだが、なんとか購入できそうである。

---------------------------------------------

文圃閣に寄ってきた。文庫を五冊購入。

・田中小実昌 『乙女島のおとめ』 (集英社文庫)
・田村隆一 『小さな島からの手紙』 (同上)
・和田芳恵 『暗い流れ』 (同上)
・深沢七郎 『東北の神武たち』 (新潮文庫)
・長田弘 『箱舟時代』 (角川文庫)

集英社文庫が気になる今日この頃でした。
[PR]

by anglophile | 2010-05-20 16:54 | 古本 | Comments(0)
2010年 02月 14日
パソコン中毒者の暇つぶし   
自宅のパソコンのアダプターケーブルが断線したようで、家でパソコンが使えない状態が続いている。家にいて、パソコンが使えないと禁断症状で手が震えてきそうな感覚になる。普段からいかにパソコンに依存しているかを自覚してしまう。ということで、これは職場のパソコンから書いている。今日は業務自体は少ないのだが、それでも日曜出勤である。夕方まで残っていなければならない。ひねもす読書を、と企んでいる。

手はじめに、数日前に買った『新潮 三月号』をつまみ読みしてみる。「100年保存大特集 小説家52人の2009年日記リレー」にそそられて買ったのだった。まずまず豪華な顔ぶれではある。町田康や阿部和重など私の好きな作家たちが書いている。が、読んでみるとどうもいまいちである。こちらの波長に合う文章に出会わないというか。企画自体はすごく面白いのだけど。私的には、ちょっと残念である。

ところで、昨夕、電気店に行ってアダプターについて相談してみたのだが、在庫がないので取り寄せになり、新しいものは七千円ほどになるということを聞く。で、躊躇したまま帰ってきてしまった。今使っているパソコンは二〇〇三年に購入したものだから、もう買い換えてもいいのだろうけど。と、いろいろ考えていてふと思いつく。「ブックオフ」の姉妹店「ハードオフ」で中古のアダプターが売っているかも!あとで抜け出して行ってこようかな。
[PR]

by anglophile | 2010-02-14 12:04 | 読書 | Comments(0)