タグ:イギリス文学 ( 29 ) タグの人気記事

2016年 02月 19日
ラストオーダー
仕事の山を一つ越えたので、帰りにブックオフへ。グレアム・スウィフト『ラストオーダー』(中央公論社)を200円ではなくて108円で買う。この小説は、『最後の注文』と題名が和風になって新潮クレスト・ブックスからも出ている。訳者は同じだけど、少し手直しとかされてるのかな。
[PR]

by anglophile | 2016-02-19 23:00 | 古本 | Comments(0)
2013年 05月 25日
最近買った本とか今読んでる本とか
c0213681_128379.jpgもうすぐ5月もおわり。仕事の山が1つ過ぎ、また別の山がすぐにやってくる。忙しく、仕事の量も多いが、今の職場はそれらの仕事を他のみなさんと共有している感覚があるのであんまり苦痛ではない。おかしなところもないではないが、それでも楽しく仕事ができている。以前のように気持ちがクシャクシャになるのはほんとに耐えられないからね。

明日は源法院一箱の日だが、ちょっと変わった仕事が入っていて今回も参加できず。充電期間と称して、本だけは買っているので、部屋がまた大変なことになりそうな気配。そういえば、このまえ鳴和に行ったら古本コーナーがなくなっていて、キツネにつままれたよう、というかちょっと残念だった。で、今度はラブロの古本コーナーに行ってみたら、鳴和の古本がほぼそのまま移ってきていた。鳴和の本が少しずつ減っていったのは移行作業をおこなっていたというわけか。そのラブロも来年でなくなるみたい、といつだか妻が新聞を見て言っていた。

新刊も何冊か買った。洋書では、ポール・オースターとJ.M.クッツェーの往復書簡集とか Robert MacFarlane の本とかを。MacFarlane はイギリスの紀行作家で、ゼーバルトがらみで発見した人。イギリス各地を歩いて、田舎の風景を描いている。他にも数冊の著書があるいようだが、少しずつ読んでいきたい。新刊といえば、来週以降、注目の本がドドドッと出るので楽しみ。十蘭の河出文庫も次ので最後になるようだ。全然ついていってないけど。

古本の話にもどるが、先日いろいろと情報検索していたら、来月、富山でも一箱古本市(BOOK DAY とやま)が開かれることを知った。3月の源法院のときにそのことについて何人かの方々から聞いていてちょっと気になっていた。県外の一箱にもぜひ参加してみたいと思っていたので願ってもない機会だ。6月23日(日)に開催ということで、なんとかその日は都合がつきそうだったので、さっそく申込みをしてみた。しばらくしてから主催者のお一人、上関文庫さんから返信メールをいただき、無事登録完了。30箱以上が集まるそうで、県外からの参加者もいらっしゃる模様。トークイベントもあって、夏葉社さんがいらっしゃるらしい。なかなかの大イベントになりそうで楽しみ。
[PR]

by anglophile | 2013-05-25 19:53 | 古本 | Comments(0)
2013年 03月 11日
英米小説最前線リスト
・2007/05 Laird Hunt, The Exquisite (2006)
・2007/06 Matthew Shape, Jamestown (2007)
・2007/07 Atiq Rahimi, A Thousand Rooms of Dream and Fear (2006)
・2007/08 Lynne Tillman, American Genius, A Comedy (2006)
・2007/09 Colson Whitehead, The Intuitionist (2000)
・2007/10 Don Delillo, Falling Man (2007)
・2007/11 Howard Norman, The Museum Guard (1998)
・2007/12 Norman M. Klein, Freud in Coney Island and Other Tales (2006)
・2008/01 Kathryn Davis, The Third Place (2006)
・2008/02 Steve Erickson, Zeroville (2007)
・2008/03 Graham Rawle, Woman's World: a graphic novel (2005)
・2008/04 George Belden, Land of the Snow Men (2005)
・2008/05 Upton Sinclair, Oil! (1927)
・2008/06 Steven Millhauser, Dangerous Laughter: Thirteen Stories (2008)
・2008/07 Salvador Plascencia, The People of Paper (2005)
・2008/08 James T. Farrell, Dreaming Baseball (2007)
・2008/09 César Aira, An Episode in the Life of a Landscape Painter (2000, 2006)
・2008/10 Magnus Mills, Explorers of the New Century (2005)
・2008/11 Paul Auster, Man in the Dark (2008)
・2008/12 Philip Ó Ceallaigh, Notes from a Turkish Whorehouse (2006)
・2009/01 Linh Dinh, Jam Alerts (2007)
・2009/02 Ander Monson, Other Electricities (2005)
・2009/03 Félix Fénéon, Novels in Three Lines (2007)
・2009/04 Norman Lock, Trio (2005)
・2009/05 Rebecca Brown, The Last Time I Saw You (2006)
・2009/06 Siri Hustvedt, The Sorrows of an American (2008)
・2009/07 Brian Evenson, Last Days (2009)
・2009/08 David Eagleman, Sum: Forty Tales from the Afterlives (2009)
・2009/09 Kazuo Ishiguro, Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall (2009)
・2009/10 Philip Roth, Exit Ghost (2008)
・2009/11 Patrick McGrath, Trauma (2008)
・2009/12 Thomas Pynchon, Inherent Vice (2009)
・2010/01 Rebecca Brown, American Romances (2009)
・2010/02 Lydia Millet, How the Dead Dream (2008)
・2010/03 Samantha Hunt, The Invention of Everything Else (2008)
・2010/04 Andrew Losowsky, The Doorbells of Florence (2009)
・2010/05 
・2010/06 Jesse Ball, Samedi the Deafness (2007)
・2010/07 J. Robert Lennon, Pieces for the Left Hand (2005)
・2010/08 Padgett Powell, The Interrogative Mood (2009)
・2010/09 Megan Kelso, The Squirrel Mother (2006)
・2010/10 Laird Hunt, Ray of the Star (2009)
・2010/11 Terry Eagleton, The Meaning of Life (2007)
・2010/12 Richard Powers, Generosity (2009)
・2011/01 David Byrne, Bicycle Diaries (2009)
・2011/02 Matthew Sharpe, You Were Wrong (2010)
・2011/03 Linh Dinh, Love Like Hate (2010)
・2011/04 E. C. Osondu, Voice of America (2010)
・2011/05 Patrick Ouředník, Europeana (2001)
・2011/06 Grace Krilanovich, The Orange Eats Creeps (2010)
・2011/07 Shaun Tan, tales from outer suburbia (2008)
・2011/08 Joshua Beckman, Your Time Has Come (2004)
・2011/09 Russell Hoban, Linger Awhile (2006)
・2011/10 Robert Coover, Noir (2010)
・2011/11 David Mitchell, The Thousand Autumns of Jacob De Zoet (2010)
・2011/12 Rob Winger, Muybridge's Horse (2007)
・2012/01 Steven Millhauser, We Others: New and Selected Stories (2011)
・2012/02 Paul La Farge, Luminous Airplanes (2011)
・2012/03 Ben Lerner, Leaving the Atocha Station (2011)
・2012/04 Jonathan Safran Foer, Tree of Codes (2011)
・2012/05 Miranda July, It Chooses You (2011)
・2012/06 Jim Shepard, Master of Miniatures (2010)
・2012/07 Roberto Bolaño, 2666 (2004)
・2012/08 
・2012/09 Don DeLillo, The Angel Esmeralda (2012)
・2012/10 Tao Lin, Richard Yates (2010)
・2012/11 Steve Erickson, These Dreams of You (2012)
・2012/12 Brian Evenson, Windeye (2012)
・2013/01 Ry Cooder, Los Angeles Stories (2011)
・2013/02 Bao Phi, Sông I Sing (2012)
・2013/03 Laird Hunt, Kind One (2012)
・2013/04 Paul Auster, Winter Journal (2012)
[PR]

by anglophile | 2013-03-11 14:46 | 読書 | Comments(0)
2012年 07月 24日
Susan Hill on Dust Jackets
しばらく前に読了したスーザン・ヒルの書物随筆集 Howards End is on the Landing: A Year of Reading from Home は、本にまつわるあれこれが書かれていてとても面白かった。そのなかで、古本に関係する話が1つだけあったので、ここに紹介しておきたい。これが面白いエピソードで、夜中に読んでいて、思わずゲラゲラ笑ってしまった。

引用する短章のタイトルは 'A Book by its Cover' で、おもに本のカバー(dust jackets)についての話。本のカバーや帯などの付属品を重要と見なすかどうかは完全に個人の好みだろうが、こと古本としての付加価値ということになると、これはもうカバーや帯が完全な状態で残っているほうが望ましいに決まっている。以下に紹介するエピソードは、ヒルの友人の実にもったいなかった話。
  Some years ago a friend had a salutary lesson in the importance of dust jackets which has made me take more care of those I know to be of some value. He had a serious collection of first editions of twentieth-century poetry, including all of T.S. Eliot, and of first editions of E.M. Forster, D.H. Lawrence, Virginia Woolf and some others of equal rank. He also owned some fine private press books --- The Chaucer Head, Kelmscott. He liked to look, to handle and to read his books but he was always careful not to mark or damage them. He did, however, have a dislike of dust jackets which he regarded rather like brown paper bags for groceries or envelopes containing letters. He thought they were of no interest or significance and he preferred the bindings they concealed. So he simply tore them off as soon as he bought his books and threw them away.
  Then he came to me for advice. He needed money to help pay for his youngest son's education and proposed to sell some of his book collection. Did I know of a good dealer who would give me a fair price? I did. My friend compiled a list of what he wished to sell and sent it down. The dealer proposed an immediate visit. First editions of The Four Quartets, The Waste Land, A Passage to India, A Room with a View, To the Lighthouse, as well as a juicy selection of private press volumes, do not come the way of an antiquarian bookseller every day of the week.
  He arrived and was shown the private press books first. He named a good price. Then they crossed the room to the Modern Firsts.
  When he saw the rows of them, immaculate and in near-fine condition but every single one without its dust jacket, he wept, and when he heard that these had been torn off and thrown away, he wept again. The books were worth something, of course, but with their original near-mint dust jackets they would have been worth ten times as much. My friend was flabbergasted --- indeed, for a while, he was disbelieving, so that the dealer suggested he ask a colleague to reinforce what he had said. They contacted him by phone and my friend spoke to him, only to hear the same story. The rest of the money for his son's education had to be found some other way. (pp. 162-163)

 ある友人が数年前に本のカバーがいかに大事かについて洗礼を受けた。その一件以来、私自身も多少貴重だと思われる本を慎重に取り扱うようになった。この友人は、20世紀の詩集を熱心に蒐集している初版本コレクターで、T.S.エリオットの全著作をはじめ、E.M.フォースター、D.H.ロレンス、ヴァージニア・ウルフなどの初版本も蒐集していた。また、彼はチョーサー・ヘッドやケルムスコットといったプライベート・プレスから発行された貴重な本も所有していた。自分のコレクションを眺め、手に取り、またそれらを読むことを彼は好んだが、一方で本に印を付けたり傷つけないように常に気をつけていた。ところが、彼には本を包んでいるカバーを嫌う習性があり、そんなものはスーパーの食品を入れる茶色の紙袋か手紙の入った封筒ぐらいにしか考えていなかった。彼は本のカバーに関心を持っておらず、その下に包まれている本にしか関心がなかった。そういうわけだから、彼は本を購入するとすぐにカバーを破り捨てていた。
 そんな彼が私の所にある頼み事を持ってきた。下の息子さんのために学費が必要になったので、コレクションの一部をお金に換えたいということだった。信頼のおける古書店を知らないかと訊かれたので、私は知っていると答えた。友人は売ろうと考えている本のリストを作り、さっそくそれを古本屋に送った。古本屋はすぐにやってきた。『四つの四重奏』、『荒地』、『インドへの道』、『眺めのいい部屋』、『灯台へ』の初版本のみならず、マニア垂涎のプライベート・プレス発行の本などは、古書店といえども、そうお目にかかれるものではない。
 古本屋が到着すると、まずプライベート・プレスの本を見せられた。提示額は十分なものだった。次に、モダニストたちの初版本コーナーへと移った。
 ずらっと並んだ本を前にし、古本屋は涙を流した。本の状態は申し分のないものだったが、すべてが「カバー欠」という状態だったのだ。それらのカバーは破って捨ててしまったということを聞き、古本屋はもう一度涙を流した。もちろん本自体にいくらかの価値はつくが、元々あったカバーが完全に近い状態で残っていれば、その価値は10倍になっただろう。開いた口がふさがらないとはこのことで、友人はしばらくわが耳を疑った。その様子を見て、古本屋はなんなら別の同業の知人に連絡を取るから、今言ったことが本当かどうか確認してみればどうかと言った。二人はその古本屋に電話し、友人の方が話をしてみた。同じ言葉が返ってきただけだった。結局、学費の残りは別の方法で調達しなければならなくなった。

あまりにも可笑しかったので、この話を妻にしてやったら、「それでは、あなたの本棚にある本のカバーも全部破り捨ててしまったら、あなたもお泣きになられるの?」などと物騒なことを訊いてきて困った。
[PR]

by anglophile | 2012-07-24 21:41 | 読書 | Comments(0)
2012年 06月 23日
Howards End is on the Landing
c0213681_2110318.jpg

スーザン・ヒルHowards End is on the Landing: A Year of Reading from Home (Profile Books, 2009)を読んでいる。ヒルは小説家だが、この本は読書にまつわる随筆集で、書名を訳すならば、『本棚のハワーズ・エンド』といったところか。アマゾンUKをふらふらしているときに見つけたのだが、冒頭部を一読し、即注文した。こんな感じで始まる。
   It began like this. I went to the shelves on the landing to look for a book I knew was there. It was not. But plenty of others were and among them I noticed at least a dozen I realised I had never read.
   I pursued the elusive book through several rooms and did not find it in any of them, but each time I did find at least a dozen, perhaps two dozen, perhaps two hundred, that I had never read.
   And then I picked out a book I had read but had forgotten I owned. And another and another. After that came the books I had read, knew I owned and realised that I wanted to read again.
   I found the book I was looking for in the end, but by then it had become far more than a book. It marked the start of a journey through my own library. (p. 1)

 まずは、そもそものきっかけについて記しておく。ある時、自宅の階段の踊り場に置いてある本棚に本を取り行った。探している本がそこにあるのはわかっていた。ところが、いざ探してみると、それが見当たらない。かわりに、他の本が山のように積まれており、しかもまだ読んでいないものがその中に少なくとも十数冊はあることに気づいた。
 肝心の本はどこへ行ったのだろうと、他の部屋をあちこち探してみたが、どこにも見当たらない。一方、それぞれの部屋からは、まだ読んでいない本が少なくとも十冊、いや二十冊、いやもしかたしたら二百冊は見つかった。
 そこでそのうちの一冊を手に取ってみた。それは読んだはずだが、家にあることは忘れていた本だった。他の本はどうか、一冊、また一冊と手に取ってみた。やっと読んだことがあり、家にあることは知っていて、しかも再読したいと思っていた本が出てきた。
 結局最初に探していた本は見つかったのだが、その時点でこの一連の本探しのことはもうどうでもよくなっており、反対に、自分の蔵書の森を探求してみたいという気持に火がついたのだった。
副題(A Year of Reading from Home)にあるように、ヒルはこの日から原則として1年間は新刊を買うのを控え、自分の蔵書中の未読本や再読してみたい本だけを読むことにしたのだという。ちなみに、古本スイッチとかが「入」になったままの私には、そんな生活は今は無理である。

さて、まだ3分の1ほどしか読んでいないが、初めの方は、少女時代から学生時代に読んだ本や作家について語られる。その中からおもしろかったエピソードを1つ紹介しておこう。1960年頃、ヒルはキングス・カレッジ・ロンドンに通う学生だった。もともと本が好きだった彼女は、あるときロンドン図書館(The London Library)に出入りする機会を得、ここで多くのことを学んだと書いている。このロンドン図書館は19世紀中葉にあのカーライルによって設立された会員制の私立図書館で、誰でも簡単に入ることができる場所ではないらしい。会員名簿には、錚々たる作家たちがその名を連ねており、ヒルが通っていた頃も、図書館内で有名な作家を見かけることは珍しくなかった。そんなある日、ある大作家と遭遇する。そのときの様子がおかしくもあり、感動的でもある。
  Not, though, as conscious as I was of the small man with thinning hair and a melancholy moustache who dropped a book on my foot in the Elizabethan Poetry section... There was a small flurry of exclamations and apology and demur as I bent down, painful foot notwithstanding, picked up the book and handed it back to the elderly gentleman --- and found myself looking into the watery eyes of E. M. Forster. How to explain the impact of that moment? How to stand and smile and say nothing, when through my head ran the opening lines of Howards End, 'One may as well begin with Helen's letters', alongside vivid images from the Marabar Caves of A Passage to India? How to take in that here, in a small space among old volumes and a moment when time stood still, was a man who had been an intimate friend of Virginia Woolf? He wore a tweed jacket. He wore, I think, spectacles that had slipped down his nose. He seemed slightly stooping and wholly unmemorable and I have remembered everything about him for nearly fifty years.
  I went back to the hostel and took out Where Angels Fear to Tread, read some pages, read the author biography, and had that sense of unreality that comes only a few times in one's life. The wonder of the encounter has never faded. (p. 19)

 しかし、あのときほどドキッとしたことはなかった。髪が薄くなり、物憂げな口ひげをたくわえたあの小柄な紳士が目の前に現れた時ほどには。その人は、エリザベス朝時代の詩集が置かれているコーナーで、私の足の上に本を落としたのだ。「痛っ!」と声をあげたので、その人は謝られたが、私は「いえ大丈夫ですから」とその場を取りつくろった。足は痛かったけれども、私は落ちた本を拾い上げて、その老紳士に手渡した。そして、その潤んだ瞳をじっと見つめたとき、この人がE.M.フォースターであることに気づいたのだった。そのときの衝撃をどう表現すればいいだろう。何も言わずに立ったまま、ただ微笑んでいるしかなかった。その間、私の頭の中では「まずはヘレンから届いた手紙から始めることにしよう」で始まる『ハワーズ・エンド』の冒頭部が流れていた。同様に、『インドへの道』に出てくるマラバー洞窟の鮮明な様子も思い起こされた。古い本が並ぶあんな狭い場所で、時間が止まったまま、私の目の前にはヴァージニア・ウルフの親友だった人が立っている。そんな状況をどう冷静に受け止めることができるだろうか。フォースターはツイードの上着を着ていた。たしか鼻から落ちそうな眼鏡をかけていたはずだ。少しだけ腰が曲がっていて、さほどあかぬけた様子はなかった。しかし、私は彼のそんな姿を以後50年間近く忘れたことがない。
 宿舎に戻ってから、『天使も踏むを恐れるところ』を取り出し、数ページ読んでみた。著者紹介も読んだ。そして、一生のうちに数回しか訪れないあの非現実感を味わったのだった。あのとき偉大な作家と遭遇した記憶は今なお色褪せない。
フォースターは1879年生まれだから、このとき80歳を超えたぐらいだったろうか。というか、この部分を読んだとき、フォースターが1960年頃にまだ生きていたという事実に私は驚いてしまった。こういう逸話はいくら読んでも飽きない。

全体は数ページの短章から構成されているので読みやすい。どれも非常に面白く、毎日数篇ずつ、うんうんとうなずきながら読み継いでいる。「古本」のことはあまり書かれていないが、こちらの興味関心は刺激してくれる。知らない作家のこともたくさん出てきて、読書の幅を広げるにはもってこいである。
[PR]

by anglophile | 2012-06-23 23:03 | 読書 | Comments(0)
2012年 04月 15日
今週買った本
新年度の幕明け。なんとか今週は乗り切ったけど、また新たな一週間が始まる、か。一方、古本には新年度はない。

・須賀敦子 『須賀敦子全集 第2巻』 (河出文庫)
・井上靖 『わが母の記』 (講談社文芸文庫)
・平野啓一郎 『日蝕・一月物語』 (新潮文庫)
・カート・ヴォネガット 『ジェイルバード』 (早川書房)
・カート・ヴォネガット 『スラップスティック』 (同上)
・カート・ヴォネガット 『デッドアイ・ディック』 (同上)

『日蝕』と『一月物語』がいつのまにか合本になっている。四方田犬彦と渡辺保の解説に加えて、三浦雅士の解説も新たに付されている。大盛り海鮮丼のよう。

新刊書店で、先週に引き続き、雑誌も一冊買った。特別付録の「萬年筆」に釣られて。

・『サライ 5月号 大特集・日本の作家 百年の歩み』 (小学館)

今日は家でごろごろ。数ページ読んでちょっと中断していたチャトウィンを再び読みはじめた。
  'Don't mind Anne-Marie,' Bill said. 'She gets a bit jumpy when we have visitors. Works herself into a state. Seems to think visitors mean housework. Not the domesticated type. But don't take any notice. She loves having visitors really.'
  'Darling, we've got a visitor,' he called.
  I heard her say 'Have we?' and the bedroom door slammed shut. Bill looked unhappy. He patted the dog and we talked about dogs. I looked at his bookshelf and saw he had all the best books. He had been reading Turgenev's Sportsman's Sketches and we talked about Turgenev. (In Patagonia, p. 12)

[PR]

by anglophile | 2012-04-15 22:42 | 古本 | Comments(0)
2012年 03月 13日
VINTAGE CHATWIN
「あ」は、「アマゾンで衝動買い」の「あ」。

Vintage から出ているブルース・チャトウィンのペーパーバック・シリーズ。ボーダーのカバー・デザインに一目惚れ。

c0213681_23282921.jpg

c0213681_23445124.jpg

c0213681_23292164.jpg

c0213681_2329435.jpg

c0213681_23295574.jpg

In Patagonia にだけ、ニコラス・シェイクスピアの序文が付いている。なかなかいい文章。この人は、チャトウィンの伝記も書いているようだ。
[PR]

by anglophile | 2012-03-13 23:02 | 読書 | Comments(0)
2011年 05月 13日
Never Let Me Go
c0213681_18591870.jpg

過去2回の挑戦では数ページで挫折し、積ん読状態だったものの、先日NHKで放送された特集番組の影響もあってか、再度きっかけを得て、今さらではあるが、カズオ・イシグロの Never Let Me Go を読み終わった。

ハヤカワepi文庫の邦訳版に付された解説では柴田元幸さんが「個人的には、現時点でのイシグロの最高傑作だ」と形容し、ここ日本でも大変評判になっている作品だが、個人的には、やや物足りなかった。正直なところ、★5つ中2~3つといったところか。好みの問題なのだろうが、The Remains of the Day (『日の名残り』)の重厚な文体や The Unconsoled (『充たされざる者』)の徹底した不条理がもたらしてくれる高揚感には及ばないと感じた。

一番困難だったのは、中心テーマとなっている「クローン」や「臓器移植」に関する部分に深みが足りないために、どこまで読み進んでもこの小説のそもそもの設定に対する疑問の靄が晴れなかったことだ。まったり進む前半は我慢の読書、かろうじて主人公 Kathy ら5人が Norfolk に向かう15章あたりから視界がよろしくなり、なんとか最後まで読むことができたという感じ。前半を読んでいるあいだは、何度か妻に「どこらへんからおもしろくなるの?」と訊く始末。ちなみに、うちの妻はずっとまえに単行本で読んでおり、「読み終わってからふるえたわ」と言っていた。

とはいえ、全然おもしろくなかったかというと、そうでもなく、最後の2ページなどはなかなかすばらしいとはおもう。ちょっとしたオチになっているのだが、その描写は、例えば The Great Gatsby のラストに匹敵するくらいの奥行きがあるのではないか。ここだけはまた読み返したいとおもった。

個人的には、「現時点でのイシグロの最高傑作」は、The Unconsoled だとおもっている。あのヘンな世界観のほうが私には合っているのかもしれない。

c0213681_2011713.jpg

えー、ちなみに、一番近作の短篇集 Nocturnes: Five Stories of Music and Nightfall は積ん読につき未読である。
[PR]

by anglophile | 2011-05-13 20:08 | 読書 | Comments(0)
2011年 04月 17日
今日買った本
今日は午前中、散髪に行ってきた。昨年8月以来伸び放題だったので、バッサリ切ってスッキリした。午後からは、オヨヨ書林せせらぎ通り店に行ってみた。今年3月以来だった。入り口の100円均一は少し補充されていた模様だったが、アンテナは反応せず。奥の方は前に来たときにくらべると、整理されて本の量も増えている感じがした。楽しい気分で丁寧に見て回る。店長さんの好みが出ていて興味深い。宮澤賢治ファンでいらっしゃるのか、ある棚には賢治関連の本がたくさんあった。あと、吉行淳之介の本も増量された感じで、「吉行淳之介コーナー」が設けられていた。

・山本容朗編 『吉行淳之介の研究』 (実業之日本社) ¥500
・杉浦銀策 『メルヴィル―破滅への航海者』 (冬樹社) ¥300
・サマセット・モーム 『秘密諜報部員』 (創元推理文庫) ¥100

買いやすい値段が魅力的です。月に1回は行きたいな。

そのあと、おもうところあって金沢駅前のフォーラスに行った。「おもうところ」の部分は空振りだったが、久しぶりのタワーレコードはまあまあ楽しめた。レディオヘッドの新しいCDが出たばっかりのようで、結局CDは買わなかったけど、視聴コーナーの横にあった「レディオヘッド新聞」(?)をもらってきた。なんとなく紙ものということで。あと、グールドの未発表ライブのCDも出ていたが、ソロ演奏ではないようなので見送った。ところで、グールドの未発表音源というのはまだいろいろあるのかないのか気になるところ。

帰りに近くの「ブ」も寄ってきた。

・イアン・ハミルトン 『サリンジャーをつかまえて』 (文藝春秋)
・嵐山光三郎 『人妻魂』 (マガジンハウス)

夜、NHK教育でカズオ・イシグロの特集をやっていた。徹夜仕事があるので、半分だけ見た。長崎のロケなどもあってなかなか興味深かった。この番組のおかげで、2回挫折している Never Let Me Go を今度は読めそうな気がする、とこっそりつぶやいておく。
[PR]

by anglophile | 2011-04-17 23:55 | 古本 | Comments(0)
2011年 03月 05日
久しぶりに小松へ
今日は知人の結婚式の2次会に出席。小松であったため、もれなく小松の「ブ」にも寄ってきた。けっこういいところを買えたので満足。

・A・バージェス 『1985年』 (サンリオ文庫)
・小田実 『HIROSHIMA』 (講談社文庫)
・小栗虫太郎 『黒死館殺人事件 小栗虫太郎傑作選Ⅰ』 (現代教養文庫)
・西村賢太 『どうで死ぬ身の一踊り』 (講談社) ¥500
・『イギリスⅣ 集英社ギャラリー[世界の文学]5』 (集英社) ¥500

バージェスのサンリオ文庫とは、これまたシブくて、涙が出そう。また、全集物の集英社ギャラリーは、数ヶ月前に行ったときには10冊ほどまとまって出ていて、1巻1000円だったのは確認済み。今日行ったら半額の500円になっていたので、狙っていた現代イギリス文学の巻を買う。同じくらい魅力的なラインナップのラテンアメリカの巻はあったのだったかどうかおぼえていないなあ。今日の時点ではもうなかったので、だれかが買ったのかもしれない。まあぜいたくは言わないでおこう。さて、この巻のラインナップは以下の通り。(  )内は訳者。

①ウィリアム・ゴールディング 『蝿の王』 (平井正穂)
②アラン・シリトー 『長距離走者の孤独』 (河野一郎)
③イーヴリン・ウォー 『ピンフォールドの試練』 (吉田健一)
④フラン・オブライエン 『ドーキー古文書』 (大澤正佳)
⑤アイリス・マードック 『鐘』 (丸谷才一)
⑥ミュリエル・スパーク 『マンデルバウム・ゲイト』 (小野寺健)
⑦短編集
[PR]

by anglophile | 2011-03-05 23:53 | 古本 | Comments(0)