<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2017年 03月 28日
3月の古本
今月は月初めにインフルエンザに罹患したりとてんやわんやのスタートだったが、今は年度末の仕事が一段落し、新年度への不安や期待を楽しんでいるところ。

古本の話。今月はすばらしい収穫があり、まだその余韻に浸っている。

・友成純一『黄金竜伝説』(ハヤカワ文庫)¥208
・竹西寛子『五十鈴川の鴨』(岩波現代文庫)¥108
・ユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』(白水社)¥200
・ボルヘス『ブエノスアイレスの熱情』(水声社)¥510
・西原和海編『夢野久作の世界』(沖積舎)¥1200
・高山宏『見て読んで書いて、死ぬ』(青土社)¥2360
・獅子文六『七時間半』(ちくま文庫)¥108
・皆川博子『闇椿』(光文社文庫)¥86
・皆川博子『薔薇忌』(集英社文庫)¥86
・皆川博子『総統の子ら(上)(中)(下)』(集英社文庫)¥1000
・結城昌治『ゴメスの名はゴメス』(角川文庫)¥100
・結城昌治『葬式紳士』(角川文庫)¥100
・草野唯雄『甦った脳髄』(角川文庫)¥100
・光瀬龍『夕ばえ作戦』(角川文庫)¥100
・ドライサー『ジェニー・ゲルハート(下)』(新潮文庫)¥100
・高橋義孝編『森鴎外翻訳珠玉選(上)(下)』(新潮文庫)¥200
・藤沢桓夫『君は花の如く』(春陽文庫)¥100
・堀晃『エネルギー救出作戦』(新潮文庫)¥100
・幸田露伴『愛の小説集』(新潮文庫)¥100
・『木山捷平全集 全8巻』(講談社)函欠4000円

久しぶりに一円堂に行くと、古めの文庫がいろいろとあって楽しかった。そして今月のハイライトは何といっても『木山捷平全集』である。発見して値札を見た瞬間、ヘンな声が出たかも。函欠とはいえ、普通はこんな値段では買えないからね。布装の手触りがいい。
c0213681_22524471.jpg

[PR]

by anglophile | 2017-03-28 00:17 | 古本 | Comments(0)