<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 29日
富山遠征
先週末は高岡のブックオフと福野アミューの古本市へ。

・都築響一 『珍世界紀行 ヨーロッパ編』 (ちくま文庫)
・殿山泰司 『三文役者のニッポンひとり旅』 (ちくま文庫)
・遠藤周作 『作家の日記』 (講談社文芸文庫)
・三好達治 『月の十日』 (講談社文芸文庫)
・伊藤整 『日本文壇史6』 (講談社文芸文庫)
・伊藤整 『日本文壇史8』 (講談社文芸文庫)
・伊藤整 『日本文壇史9』 (講談社文芸文庫)
・伊藤整 『日本文壇史12』 (講談社文芸文庫)
・酉島伝法 『皆勤の徒』 (創元SF文庫)
・江戸川乱歩 『江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城』 (光文社文庫)
・皆川博子 『幻夏祭』 (読売新聞社) 300円
・北中正和 『風都市伝説 1970年代の街とロックの記憶から』 (音楽出版社) 400円

文庫は2冊で500円セール。いろいろ買ったが、胸ときめくものはほとんどなし。でも『皆勤の徒』はちょっと気になっていた本。読めるかどうかは別として。凄まじい造語の嵐が吹き荒れている。下の2冊は福野アミューの古本市にて。ちょうど長門芳郎『パイドパイパー・デイズ 私的音楽回想録 1972-1989』を読んでいたのだった。この時代の音楽夜話は興味が尽きない。

[PR]

by anglophile | 2016-08-29 14:40 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2016年 08月 23日
福井遠征
そろそろボラーニョ『第三帝国』に手をつけますか。だけど県内には入荷してなさそう。なので、昨日は在庫があるらしい福井の勝木書店本店(北陸随一の品揃えを誇る)まで行ってきた。下心があるから、往復200kmが全然苦じゃない。

福井駅前。書店前の駐車スペースに車を止め、小走りで入店。2分で目的の本を見つけ精算。そして退店。ほんとはもっと店内を見たいのだけど、あんまり長く駐車しておけないのでしかたなし。このあと、せっかくですから福井市内のブックオフをまわることに。市内には4店舗あるが、山側のほうにある大型店(店舗名がおぼえられない)に筋のいい文庫が大量に並んでいて大興奮。だけども、値付けがフザケているのであれもこれも買ったりはしない。ドラゴン、怒りの厳選。

・日下三蔵編 『怪奇探偵小説名作選(1) 小酒井不木集 恋愛曲線』 (ちくま文庫) 1010円
・日下三蔵編 『怪奇探偵小説名作選(3) 水谷準集 お・それ・みを』 (ちくま文庫) 1010円
・伊藤秀雄編 『明治探偵冒険小説集(2) 快楽亭ブラック集』 (ちくま文庫) 510円
・伊藤秀雄編 『明治探偵冒険小説集(3) 押川春浪集』 (ちくま文庫) 1010円
・ジュール・ヴェルヌ 『詳注版 月世界旅行』 (ちくま文庫) 960円
・飛鳥部勝則 『殉教カテリナ車輪』 (東京創元社) 360円
・星野道夫 『表現者』 (スイッチ・パブリッシング) 500円

いろいろ反省点はあるもののまあまあの収穫である。

[PR]

by anglophile | 2016-08-23 18:38 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2016年 08月 17日
お盆の古本
オリンピック見ながら怠惰に過ごした日々が終わり、昨日からドラゴン、(ジャージで)怒りの出勤。すべきことを先延ばしにするのがストロングポイントゆえ、仕事が山積しており、頭、痛し。午後、台風北上のためか、金沢は大雨。ドラゴン、怒りのナチュラル洗車。ついでにブックオフへ。昨日までウルトラセール(20%オフセール)だったかをやっていて、もはやその魅力のなさもウルトラ級。ドラゴン、怒りの散財。

・壇蜜 『壇蜜日記』 (文春文庫) 86円
・佐藤愛子 『血脈(中)』 (文春文庫) 86円
・平野威馬雄/西江雅之 『貴人のティータイム』 (リブロポート) 160円
・児島都 『おとめ図鑑』 (ソフトマジック) 408円
・『山名文夫のグラフィックデザイン』 (ピエ・ブックス) 2208円

数週間前の朝日新聞日曜版に壇蜜の人生相談みたいなのが載っていてこれがおもしろくて、日記も読んでみたかった。『血脈』は文庫版では3分冊か。佐藤紅緑とかサトウハチローとかが出てきておもしろそう。

[PR]

by anglophile | 2016-08-17 09:47 | 古本 | Comments(0)
2016年 08月 06日
東京で買った本
金曜日に東京に行ってきました。日帰りの突貫紀行。まんだらけとささま書店で早々に資金を使い果たし(若干予定外)、そのあとは古本をあまり買えなかったが、買えた本には満足しています。(画像はTwitterでどうぞ)

・ウェストレイク 『ニューヨーク編集者物語』 (扶桑社ミステリー) 108円
・『日本ミステリーの一世紀(上巻)』 (廣済堂) 108円
・原章二 『加藤一雄の墓』 (筑摩書房) 1080円
・尾崎一雄 『芳兵衛物語』 (旺文社文庫) 108円
・山川方夫 『トコという男』 (早川書房) 108円
・ナボコフ 『賜物(上)(下)』 (福武文庫) 432円
・『BIBLIO MYSTERIES I』 (ディスカヴァー・トゥエンティワン) 200円
・『BIBLIO MYSTERIES II』 (ディスカヴァー・トゥエンティワン) 200円
・洲之内徹 『芸術随想 おいてけぼり』 (世界文化社) 780円

[PR]

by anglophile | 2016-08-06 22:27 | 古本県外遠征 | Comments(0)