<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 29日
先週から今週にかけて買った本
・伊藤整編 『百田宗治詩集』 (新潮文庫) ¥100
・マーガレット・ミラー 『見知らぬ者の墓』 (創元推理文庫) ¥460
・リチャード・ブローティガン 『チャイナタウンからの葉書』 (ちくま文庫) ¥410
・日下三蔵編 『怪奇探偵小説名作選(2)渡辺啓助集 地獄横丁』 (ちくま文庫) ¥710
・横溝正史 『金田一耕助のモノローグ』 (角川文庫) ¥108
・夢野久作 『ドグラ・マグラ(上)』 (講談社文庫) ¥108
・多和田葉子 『尼僧とキューピッドの弓』 (講談社文庫) ¥108
・水谷準 『殺人狂想曲』 (春陽文庫) ¥108
・レオノーレ・フライシャー 『天国から来たチャンピオン』 (ヘラルド出版) ¥108
・ダニエル・プール 『ディケンズの毛皮のコート/シャーロットの片思いの手紙』 (青土社) ¥108
・野村胡堂 『胡堂百話』 (中公文庫) ¥108
・泡坂妻夫 『ダイヤル7をまわす時』 (光文社文庫) ¥108

百田宗治だけ文圃閣で。それ以外はブックオフ。ブローティガンのちくま文庫は気づけば品切れで焦って探していた。日下三蔵編怪奇探偵小説シリーズのコンプリートはまだまだ先。『金田一耕助のモノローグ』はあんまり見かけたことがないので買ってみた。これはエッセイ集なのだな。ほほー、こういうのも入っていたんだ。講談社文庫の『ドグラ・マグラ』は初めて見たかも。黒背がいいな。『天国から来たチャンピオン』は同名映画のノベライゼーションもの。この映画は、むかし大学に入学したての頃にリスニング演習の授業で使われていた映画。字幕がないので苦労したが、懐かしい1本だ。

[PR]

by anglophile | 2016-05-29 20:44 | 古本県外遠征 | Comments(4)
2016年 05月 14日
久しぶりに
明日の日曜日は一箱古本市に参加します。天気も良さそうなので楽しみです。どうぞよろしく。
c0213681_02111160.jpg

[PR]

by anglophile | 2016-05-14 00:03 | 一箱古本市 | Comments(0)
2016年 05月 03日
燻っている
c0213681_23271977.jpg

GWだが仕事が多め。今日も明日も明後日も仕事。自宅から半径30キロ圏外への脱出は失敗に終わりそう。以下は先週買った本。

・スティーヴン・キング 『書くことについて』 (小学館文庫)
・大村彦次郎 『東京の文人たち』 (ちくま文庫)
・ブラッドベリ 『ブラッドベリは歌う』 (サンリオSF文庫)
・宮本常一 『山に生きる人びと』 (河出文庫)
・宮本常一 『民俗のふるさと』 (河出文庫)
・ア・ハンドフル・オブ・ディクスン・カー

購入の機会を伺っていたディクスン・カーのハヤカワ文庫を大量に発見。ほとんど絶版なので、なかなか見つからないのだ。これだけ緑が並ぶと壮観。

[PR]

by anglophile | 2016-05-03 23:25 | 古本 | Comments(0)