<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 30日
読書昼寝読書古本読書仕事昼寝
軽度の花粉症に悩まされる日々。軽い頭痛がするのはそのためか、それとも単に昼寝の時間が長すぎるからなのか。昨日今日と新年度に向けた仕事を少しだけ。新年度体制の発表は金曜日なので、明日まではのんびりできそうだ。では読書に勤しもうかとあれやこれやと手に取るが、何を読み始めても100ページほどで息切れ。まるで集中力が続かない。結局、オバQ(新装版)を読んだりしている。あまりにも軽すぎて体が宙に浮きそうだ。以下、ここ一週間ほどで買った古本。

・ガートルード・スタイン 『アリス・B・トクラスの自伝』 (筑摩書房) ¥530
・皆川博子 『影を買う店』 (河出書房新社) ¥960
・築添正生 『いまそかりし昔』 (りいぶる・とふん) ほぼ定価
・吉田健一 『英国に就て』 (ちくま学芸文庫) ¥108円
・玉木正之編 『彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー』 (新潮文庫) ¥108
・コッパード 『天来の美酒/消えちゃった』 (光文社古典新訳文庫) ¥108
・コンラッド 『闇の奥』 (光文社古典新訳文庫) ¥108
・早川義夫 『心が見えてくるまで』 (ちくま文庫) ¥108

ガートルード・スタインといえば何よりもまずアリス・B・トクラスでしょ。『影を買う店』は文庫になりそうな気配もあるがカバーデザインがあまりにもかっこいいので買った。もちろん日下三蔵編集である。『いまそかりし昔』は善行堂で買いそびれてしまった本。どうにかこうにか入手。コンラッドの『闇の奥』はペーパーバックで100ページほどだが、相当手強いので翻訳で読ませてもらいます。訳は『ブラッド・メリディアン』の黒原敏行氏。
[PR]

by anglophile | 2016-03-30 23:02 | 古本 | Comments(0)
2016年 03月 22日
年度末でバタバタ
今年はこまめにブログを更新しようと思っていたのに、はや3月にして停滞気味。仕事の方は年度末で忙しくなくはないが、更新がままならないというほどではないから、結局ブログに対する気持ちの問題なんだろな。

相変わらず古本は買っている。この三連休は名古屋に行く用事もあり、不真面目路線継続中である。以下、いつもの如く。

・会田誠 『青春と変態』 (ちくま文庫) ¥108
・庄野英二 『ロッテルダムの灯』 (講談社文芸文庫) ¥108
・コードウェイナー・スミス 『シェイヨルという名の星』 (ハヤカワ文庫) ¥108
・木村毅 『大衆文学十六講』 (中公文庫) ¥100
・岩阪恵子 『雨のち雨?』 (新潮社) ¥200
・マルセル・シュウォッブ 『少年十字軍』 (王国社) ¥1260
・『世界文学全集 短篇コレクションⅠ』 (河出書房新社) ¥1130
・ミシェル・ウエルベック 『プラットフォーム』 (角川書店) ¥100
・連城三紀彦 『夜よ鼠たちのために』 (新潮文庫) ¥108
・日下三蔵編 『怪奇探偵小説名作選(8)日影丈吉集 かむなぎうた』 (ちくま文庫) ¥650
・ロバート・ブロック 『アーカム計画』 (創元推理文庫) ¥360
・諏訪哲史 『りすん』 (講談社文庫) ¥87
・原武史 『レッドアローとスターハウス』 (新潮文庫) ¥108
・大原富枝 『ベンガルの憂愁 岡倉天心とインド女流詩人』 (ウェッジ文庫) ¥108

コードウェイナー・スミスは最近知ったSF作家。ハヤカワ文庫から再編集されて出ることになっている「人類補完機構」シリーズ(全3巻)は買うつもりでいる。ちくま文庫の日下三蔵編集怪奇探偵小説シリーズは、久しぶりに未所持のものを手に入れられた。日影丈吉といえば、去年河出文庫から『日影丈吉傑作館』というのが出た。重複するものは数編しかないので、両方とも買って損はないはず。望むらくは、河出文庫からもう何冊か出るといいなと思うけど。
[PR]

by anglophile | 2016-03-22 21:01 | 古本県外遠征 | Comments(0)