<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年 09月 23日
シルバーウィークの古本
<9/18(金)>
明日、野々市のブックオフが早朝半額セールをやるらしいので、夕食後、気配を消して偵察に行く。偵察だけのつもりだったが、しばらく前まで半額棚にあり、そのまま残っていたら明日の半額セールで買ってもいいかなあと思っていた皆川博子『総統の子ら(上)(中)(下)』(集英社文庫)が108円コーナーに降りてきていたので拍子抜けしながらも買うことにした。同じ人が売ったのだろうが、上巻が旧カバーであるのに対して、中下巻が新カバーという不調和は如何なるものか。しかも3冊とも発行日は同じなのだよ、明智くん。要調査としておく。

<9/19(土)>
今日も朝から仕事だが、ブックオフの早朝セールに合わせて家を出る。仕事はそのあとからでも間に合う。開店10分前に着いてみると、老若男女問わず、すでに50人は並んでいた。自分が並んでからも列はみるみるうちに長くなり、開店直前には100人を超えていたかもしれない。そんな光景を見ながら、ふと昨日買った108円の文庫本は今日買えば54円になっていたことに気づいたところで7時半となり、ぞろぞろと店になだれ込む。せっかくの半額セールなので、108円棚には目もくれず、通常棚を一巡し、狙いを定めていた本を確保していく。文庫棚からは、花田清輝『アヴァンギャルド芸術』(講談社文芸文庫)¥280と田村俊子『あきらめ・木乃伊の口紅 他四篇』(岩波文庫)¥205の2冊を、単行本の棚からは、保坂和志『未明の闘争』(講談社)¥380、ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(河出書房新社)¥255、ジョン・ウィリアムズ『ストーナー』(作品社)¥780、若島正『乱視読者のSF講義』¥780、ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』¥780、『デス博士の島その他の物語』(国書刊行会)¥630を買った。新価格システムの値付けがやはり今までとちがうのでちょっとヘンな感じ。買いすぎてしまったため家に帰ってから妻に説諭された。今さらではあるが。

<9/21(月)>
今日は完全オフのため、富山に出かけることにする。古本ブックエンド2号店を一度のぞいておきたかった。12時開店なので、その前にブックオフで時間をつぶす。時間をつぶすというのはいいわけであって、本当はウォームアップする気満々である。そしてそれはもはやウォームアップですらない。ヴァルター・ベンヤミン『ベンヤミン・コレクション③ 記憶への旅』(ちくま学芸文庫)¥405、『ラテンアメリカ五人集』(集英社文庫)¥175、戸板康二『中村雅楽探偵全集3 目黒の狂女』(創元推理文庫)¥355、皆川博子『花闇』(中央公論社)¥210などを買う。中村雅楽探偵全集はこれで全5冊が揃った。昼をすぎ、いい時間になったので、中心街に向かい、総曲輪通りの近くに車を止める。さきに2号店を見に行くことにする。近くのビルが建て替えをしていて、ちょっと遠回りしないといけなかった。2号店のある場所には以前今井古書店があり、1回だけ訪れたのは一昨年だったか。レジにはひらすまさんがいらっしゃった。以前あった本は減り、オヨヨさんと上関さんのテイストが加味されていたように思う。値札はそのまま今井古書店のもあれば、新しい値札が付いているものもあった。文庫棚がやはり充実していたが、それなりの文庫にはそれなりの値段が付いているので、その間隙を縫って安めのを何冊か買うことにした。日下三蔵編『怪奇探偵小説名作選7 蘭郁二郎集 魔像』(ちくま文庫)、ジョン・ウィンダム『海竜めざめる』(ハヤカワ文庫)、神西清『灰色の眼の女』(中公文庫)、小島信夫『小銃』(集英社文庫)の4冊で1800円。もう2冊ほしいのがあったが、金欠のためあきらめることにした。つづいて、本店の方へ。店前には出張販売の珈琲屋さんがいた。中では上関さんが店番をされていた。こじんまりとした店内だがそれなりの本が凝縮されて置かれている。夏葉社の新刊が入荷していたがそちらは保留とし、文庫棚からマーガレット・ミラー『耳をすます壁』、『心憑かれて』、『マーメイド』(創元推理文庫)を850円で買うことにする。最初の2冊は背に黒猫マークのやつである。帰りにコーヒーを一杯いただく。かろうじてコインパーキングの料金を払えるぐらいにまで蕩尽し、ほとんど所持金が尽きた。

<9/22(火)>
今日は一日家でごろごろする。昨日買ったベンヤミン・コレクションをぱらぱら読みながら。ベンヤミンなんて難しくてこちらの頭が付いていかないのだけれど、たまたま買ったこの第3巻は幼少期の回想記で構成されていて、読んでいて頭がきしむことがあまりなかった。なんとなくゼーバルトの『アウステルリッツ』あたりの文章を読んでいる感じがした。このコレクションはテーマ別に編まれているようで、編訳者が大変丁寧な仕事をされていることが解説などを読んでいて伝わってくる。にわかにこのコレクションのことが気になりだした。
[PR]

by anglophile | 2015-09-23 15:37 | 古本 | Comments(0)
2015年 09月 13日
今日の108円
先週から仕事量がとんでもないことになっていて首が回らない。年に数回ある集中砲火だが、かつてないほど苛烈かも。仕事Aに取りかかりたいのに、仕事Bが横から転がり込んできて、じゃBを片付けたろかいと思うと、あらぬ方向から仕事Cが飛んできて、今回はさらに仕事Dぐらいまで降りかかってくるような感じ。もがけばもがくほど中心から遠ざかる仕様になってるみたい。『充たされざる者』の主人公ライダーもそんな感じでイライラしてなかったっけ。チームの仲間が理解ある人たちなので、それだけが唯一の救い。ほかに救いなんてあったもんじゃない。苦虫噛み潰したような顔してこなすだけ。あと2日、あと2日ガマンすれば終わるんだ、とブツブツいいながら、ブックオフの棚を見てまわる。気分転換も必要ですから。
c0213681_2213273.jpg

当然だが、『喋る馬』だけ108円ではない。では、半額かといえばそれも違う。正解は、謎の1760円だ! 全然安くなってないのが悔しいが、定価で買ってもいいくらいに思っていたからここらへんであきらめて買うことにした。ブックオフの新価格システムになす術なし。次っ! 『60年代日本SFベスト集成』はこれで全部揃ったかな。文庫版と新書版の混合チームだけど。『幻影の書』は今まで読んだオースターの中では一番好きな作品。かっこつけた言い方をすれば、主人公とヘクター・マンの映画との出会い方が、自分とグールドの音楽との出会い方に非常によく似ていて、わずか数ページの描写なのだけど繰りかえし読んでいる。長吉の人生相談は朝日新聞の連載をまとめたもの。トーマス・オーウェンは未知の作家だったが、解説がそれぞれ風間賢二と垂野創一郎なので気になり購入。『ボヴァリー夫人』は山田爵訳。解説が蓮實重彦なので買ってしまう。だからといって『「ボヴァリー夫人」論』にまで手を出そうなどとは思っていない。
[PR]

by anglophile | 2015-09-13 22:14 | 古本 | Comments(2)
2015年 09月 08日
新潮文庫白背の謎
朝日新聞文化欄の連載エッセイ「季節の地図」をときどき読んでいる。四人の作家(すべて女性)が週替わりで書いていて、今日は柴崎友香の「背表紙は何色?」が載っていた。自分は背表紙を眺めるのが三度の飯よりもたぶん好きなので読んでみた。そして一つの謎が解けたのだった。
c0213681_22584973.jpg

本棚にあった新潮文庫を確認すると、たしかに洲之内徹も車谷長吉も泡坂妻夫も一冊目の背が白だった。ずっと前からなんでだろうと思っていたから、上の文章を読んで得心が行ったのだった。多和田葉子の『雪の練習生』もやっぱり白背だったが、二冊目が出るとしたらはたして何色を選ぶのだろう、とちょっと気になってみたり。ちなみに、講談社文庫はピンク色だったから、新潮文庫もピンク色か。でも、新潮文庫にピンクってあったっけ?
c0213681_2258209.jpg

[PR]

by anglophile | 2015-09-08 23:45 | 読書 | Comments(0)
2015年 09月 04日
読めない天気
朝方の土砂降りにより、今日の仕事が明日になり、急きょ今日はそのための代休となった。ならば、できることは今日のうちに。まずは野々市のブックオフへ。平日昼前のブックオフ店内をうろつく背徳感が心地よい。安西水丸『青の時代』(光文社文庫)360円を買う。次に数週間ぶりに文圃閣へ。平日昼すぎの文圃閣も解放感にひたれて好きだなあ。ガレージ均一で『レコード・コレクターズ増刊 無人島レコード』(ミュージックマガジン)を見つける。『無人島レコード2』は持っていたが、この最初のやつは持ってなかった。そのあと横の本店(?)に行って、内田魯庵『魯庵日記』(講談社文芸文庫)400円、藤枝静男『或る年の冬 或る年の夏』(講談社文芸文庫)200円、小島信夫『私の作家評伝』(潮文庫)400円などを買う。『私の作家評伝』は3分冊の新潮選書で集めようと思っても埒があかないので、この分厚い潮文庫版を見つけられたのはうれしい。最後に、うつのみやに寄って原武史『潮目の予兆』(みすず書房)を購入。気になっていた新刊だ。家に帰ってきてから、さっそく読みはじめた。
[PR]

by anglophile | 2015-09-04 23:43 | 古本 | Comments(0)
2015年 09月 01日
9月の気になる新刊・復刊
平凡社ライブラリーから『D・H・ロレンス幻視譚集』というのが出るようだが、収録作が気になっている。あと、白水社の創立百周年記念復刊のラインナップにサルバドール・プラセンシア『紙の民』とマルカム・ラウリー『火山の下』が挙がっている。この2冊は去年だったか書店を通じて注文しようとしてみたが、すでに品切になっていたもの。近いうちにあらためて注文してみようと思っている。
[PR]

by anglophile | 2015-09-01 23:16 | 読書 | Comments(0)