<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 18日
余白への書き込み
c0213681_22123497.jpg

6月前半戦。買った古本のジャンルは色とりどり。小さい本たちは100~200円で購入。『買厄人九頭竜』は原作が石ノ森章太郎。おもしろくないわけがない。でもやっぱり顔はゴルゴになるのだな。『グアヴァ園は大騒ぎ』はキラン・デサイのデビュー作。とりあえずチェックしておきたい。『疒の歌』のタイトルを見て妻は爆笑していた。なにがそんなにおかしいのか。けっこういいタイトルだと思う。左の2冊は定価の半額で手に入った。『情報の歴史』は大変ユニークな本。あらゆることが詰め込まれたカラー刷りの年表が延々と続く。『考える人』は4月の発売時から買おうかどうか迷っていたもので、書店でも一度立ち読みした。そのときには読んでいなかった山本貴光と吉川浩満の対談「本の使い方」がおもしろかった。この中に「余白への書き込み」についての話があり、有名人や偉人たちの手沢本の写真が何枚か紹介されている。キューブリックのスティーヴン・キング『シャイニング』への書き込み、モンテーニュの自著『エセー』への書き込み、漱石の『ハムレット』への書き込みなど。で、その中に以前から見るたびにうっとりとしていた一枚が載っていた。下の写真である。
c0213681_0544072.jpg

いつだったかネットサーフィン中にこの写真と遭遇し、目が釘付けになった。誰のだろうと思って見ると、なんとソンタグの『フィネガンズ・ウェイク』への書き込みだとあった。「スーザン、やっぱあんたはすげえよ」と感動し、その後デスクトップの背景にこの写真を置いたりして、仕事に倦んだときなどに見ていたのだった。が、今回の『考える人』に載っている同じ写真の下には「ダニス・ローズによるジェイムズ・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』への書き込み」とあってアレレレレ。どうやらこっちのほうが正しいようだ。「ダニス・ローズって誰だよ」と思わず横にいた妻に叫んでしまうが、無論、スルーされた。山本氏によると、ダニス・ローズはジョイスの研究者だった人物らしい。ま、そりゃそうだよな。でもずっと幻想に浸っていたかった。
[PR]

by anglophile | 2015-06-18 18:43 | 古本 | Comments(0)
2015年 06月 01日
先週の古本を振り返る
c0213681_21211537.jpgぱっとしないまま月末となってしまった5月の古本修行。そのまま終わるのもアレだったので、先週1週間は積極的に攻めてみた。写真はその収穫の一部である。

<5月25日(月)>
最近気づいたのが、野々市ブックオフの本の一部に200円の値札シールが貼られるようになったこと。それほど多くはないが、単行本半額棚の方に何冊か見つかった。今のところ108円棚の方には変化はないが、今後108円が200円になっていくのかどうか。この日買ったのは、『アントニイ・バージェス選集② 時計じかけのオレンジ』、『同⑦-1 エンダビー氏の内側』、『同⑧ MF』(早川書房)の3冊(各200円)。持っているような気がしたが、こんなマイナーな外国文学本がブックオフにあったということに感動してついつい。

<5月27日(水)>
棚にほとんど変化なし。かろうじて、半額棚から下りてきたらしいJ.M.クッツェー『マイケル・K』(ちくま文庫)を拾う。これは先月岩波文庫で復刊されてます。原書も持ってるけどまだ読んでない作品。

<5月30日(土)>
心を解き放つため、思い切って南方遠征を試みる。まず小松のブックオフで単行本350円セールを漁る。せどらーの方々の漁り方がものすごくて度肝を抜かれた。ある人などはおそらく前日に棚の様子を写メっておいたのだろう、それをプリントアウトしたものを持ってきて、それを見ながら高く売れそうな本を抜いている。荒技にもほどがあるが、あまりにも堂々としており、開いた口がふさがらなかった。口を開けながら自分が買ったのは、アレクサンドル・グリーン『消えた太陽』(国書刊行会)、アン・ファディマン『本の愉しみ、書棚の悩み』(草思社)、皆川博子『皆川博子作品精華 伝奇時代小説編』(白泉社)、阿部和重/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』(文藝春秋)各350円の4冊。『キャプテンサンダーボルト』は阿部和重と伊坂幸太郎の合作小説。私が阿部の、妻が伊坂のファンなので、刊行当初より購入機会をうかがっていた。ついに入手!

小松からさらに南下して福井まで羽根をのばしてみた。数店まわったが、全体的にはいまいちだった。ただ、唯一ある店舗でなつかしい顔した一昔前の文庫をたくさん発見できたのがとても楽しかった。ここで買ったのが、上の写真にあるようなもの。モラヴィア『海辺のあいびき モラヴィア短篇集1』、山口瞳『世相講談(上)(下)』、殿山泰司『JAMJAM日記』、庄野英二『メルヘン諸島』(角川文庫)、小松左京『さらば幽霊 自選短編集』、P・セルー『鉄道大バザール(上)』(講談社文庫)、常盤新平『フランス風にさようなら』(旺文社文庫)、深沢七郎『流浪の手記』(徳間文庫)、サリンジャー『フラニーとズーイ』、アップダイク『カップルズ(下)』、ラッセル・ブラッドン『ウィンブルドン』(新潮文庫)、ウィル・ハリス『殺人詩篇』(ハヤカワ文庫)、東雅夫編『少女怪談』(学研M文庫)、『アイデア No.310 大特集:日本のタイポグラフィ 1995-2005』(2005年5月号、誠文堂新光社)などすべて108円。上巻とか下巻しかないのがあいかわらず謎である。

帰ってきてから、間髪入れず『キャプテンサンダーボルト』を読みはじめた。積んでおくと、先に読まれて結末などを言われてしまいそうなので。ちなみに、伊坂は読んだことがないが、冒頭部分は確実に阿部の文体である。

<5月31日(日)>
野々市のブックマーケットに行ってみると、閉店セールをやっていた。ついにここも閉店か。たしかにブックオフの一人勝ち状態ではある。本がすべて半額だったが、先週から始まっていたようで、棚にはだいぶ隙間が見られた。かろうじて比較的新しい文庫を手に入れられた。須賀敦子『塩一トンの読書』(河出文庫)¥150、土屋耕一『土屋耕一のガラクタ箱』(ちくま文庫)¥200、ヘレン・マクロイ『歌うダイアモンド』(創元推理文庫)¥300の3冊。
[PR]

by anglophile | 2015-06-01 18:20 | 古本県外遠征 | Comments(4)