<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 11月 23日
充実の一日
c0213681_02378.jpgやっとのことで『重力の虹』を読み終わり、その記念にブックオフに行ってみることにした。一軒目で、鶴見俊輔『書評10年』(潮出版社)と藤本和子『イリノイ遠景近景』(新潮社)を買う。幸先がいいなあ。『書評10年』は装丁が田村義也。とてもいい。『イリノイ遠景近景』はちょっと気になっていたので108円で手に入れられてうれしい。ブローティガンのことは書かれているのだろうか。二軒目で、梶龍雄『殺人への勧誘』(光風社出版)を新書棚で見つける。はじめての梶龍雄。三軒目で、ピーター・マーズ『セルピコ』(日本リーダーズダイジェスト社)と有本倶子編『山田風太郎新発見作品集』(出版芸術社)¥900を買う。『セルピコ』ってなつかしいなあ。アル・パチーノが好きだったから、『狼たちの午後』は何回か観たが、『セルピコ』は見たような見なかったような。原作があったのを知らなかった。『山田風太郎新発見作品集』は去年出た本。でっぱさんも買っているはずなので私も買っておく。四軒目では、まず108円棚でライナー・チムニク『クレーン男』(パロル舎)を選ぶ。まったく知らない作家。表紙が段ボール紙のように分厚い造本がちょっと変わっている。訳は矢川澄子。ここの店は単行本500円均一セールをやっていて、10冊くらい買ってやろうと思ったが、そんなにうまくは行かず、かろうじて末國善己編『山本周五郎探偵小説全集③ 怪奇探偵小説』と『同④ 海洋冒険譚』(作品社)を買えただけだった。これは全7巻のシリーズ。そのうちの2冊だけあった。周五郎はもう周五郎の時点でおもしろいはずだが、そこに探偵小説の要素が加わったらいったいどんなことになるのか、考えただけでもおもしろそう。本日の行脚、わるくない締めくくりとなった。
[PR]

by anglophile | 2014-11-23 23:18 | 古本県外遠征 | Comments(2)
2014年 11月 16日
七尾のブックオフ定期巡回
野暮用があって七尾へ。用事を済ませた後、ブックオフへ。

・中島らも 『ガダラの豚』 (実業之日本社) ¥108
・井田真木子 『かくしてバンドは鳴りやまず』 (リトルモア) ¥108
・ミステリー文学資料館編 『「猟奇」傑作選』 (光文社文庫) ¥108
・ミステリー文学資料館編 『「探偵文藝」傑作選』 (同上) ¥108
・柴田元幸編訳 『夜の姉妹団 とびきりの現代英米小説14篇』 (朝日新聞社) ¥108

ひと月半ぶり。特にセールはなし。棚にも大きな変化はなし。そう毎回うまいこと行かない。

◆『重力の虹(下)』@636
[PR]

by anglophile | 2014-11-16 23:58 | 古本 | Comments(0)
2014年 11月 13日
今日の古本と重力の虹
c0213681_053235.jpg今日は霰が降った。日が短くなり、家路には哀愁が漂いはじめている。あちこち寄り道。

・アーサー・ビナード 『日々の非常口』 (新潮文庫) ¥108
・石川淳 『影/裸婦変相/喜寿童女』 (講談社文芸文庫) ¥108
・長部日出雄選 『映画が好きな君は素敵だ』 (集英社文庫) ¥108
・伊藤計劃/円城塔 『屍者の帝国』 (河出書房新社) ¥108
・東浩紀 『弱いつながり 検索ワードを探す旅』 (幻冬舎) ¥108
・石子順造/上杉義隆/松岡正剛編 『キッチュ まがいものの時代』 (ダイヤモンド社) ¥240

『映画が好きな君は素敵だ』は日本ペンクラブ編のアンソロジーの一冊。久しぶりにこのシリーズの未所持本を見つけた。本棚を調べてみたら、このシリーズは20冊ほど持っていた。最初に買ったのが椎名誠選『素敵な活字中毒者』。初めて訪れたあうん堂さんで買ったのだった。7年前くらい?

さて、『重力の虹』は、いよいよ最終第四部「カウンターフォース」へ突入した。もう出てこないのかと思っていたロジャー・メキシコ君が使命感に燃えて900ページぶりに再登場したり、訳者が脚注で「これを正気で翻訳することは不可能」とつぶやいてみたりと、もう何でもありの展開に頭がおかしくなりそう。一番驚いたのは、電球(名前はバイロン)が自分の来歴を語り出したこと。十数ページ続くこの部分だけで短編が一つ出来上がりそうだ。

◆『重力の虹(下)』@490
[PR]

by anglophile | 2014-11-13 23:49 | 古本 | Comments(0)
2014年 11月 09日
Fiona Apple, "I Want You"


More
[PR]

by anglophile | 2014-11-09 19:42 | 音楽 | Comments(0)
2014年 11月 04日
三連休の購書日記
<11月1日(土)>
c0213681_159326.jpg今日は1日仕事なり。火曜日が代休になるのでまあよろし。同僚が古本市のチラシを持ってきてくれたので、帰りに寄ってみる。あんまり期待してなかったが、ヘルマン・ヘッセ『ガラス玉遊戯(上)(下)』(角川文庫)¥160を見つけることができた。角川のリバイバルコレクションはときどき見かけるが、ヘッセのこの2巻本はあんまり見ない。

<11月2日(日)>
世間と一日ずれての三連休の初日。少しだけブックオフへ。108円棚より、山田風太郎『奇想小説集』(講談社文庫)、高平哲郎『みんな不良少年だった』(河出文庫)、ガイ・オセアリー『告白します』(ロッキング・オン)、フェーヴル/マルタン『書物の出現(上)』(筑摩書房)を買う。『書物の出現』の下巻がないか必死に探してみたがなかった。よくあることとはいえ残念である。

<11月3日(月)>
三連休二日目。現在、スロースロップはロケットマンの衣装を脱ぎ捨て、アヌビス号でオーデル河を北上し、スヴィーネミュンデを目指しているところ。自分も真似して北上し、ブックオフへと向かう。時おり激しい雨が降った。晴れ間がのぞくと、雲間に虹が架かったりもした。108円棚より、横山秀夫『64』(文藝春秋)、蜂飼耳『秘密のおこない』(毎日新聞社)、関戸克己『小説・読書生活』(国書刊行会)を買う。『64』はやっと108円で買えたけど、そろそろ文庫で出るのでは。

<11月4日(火)>
本日は土曜日の代休。が、午前中は野良仕事。半分読書しながら。スロースロップは、スヴィーネミュンデを過ぎ、いよいよペーネミュンデに上陸した。ここで「跳ね駒」の異名を持つシュプリンガーがついに登場。物語は加速していく、ように見える。帰りに三日連続のブックオフ。堀部篤史『本を開いて、あの頃へ』(mille books)と久住昌之『夢蔵 Dream Collection』(情報センター出版局)を108円棚で。

◆『重力の虹(下)』@208
[PR]

by anglophile | 2014-11-04 21:09 | 古本 | Comments(0)