<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 22日
古本初め以後
c0213681_21245841.jpg1週間ほど前だったか、野々市のブックオフに行って105円単行本棚を漁っていたら、一冊が少し薄めの見慣れぬホームズ全集を発見した。よく見ると、ベアリング・グールドによる注釈がついたシリーズで、去年の夏、これのちくま文庫版を買ったのだった。出版社は東京図書というところ。80年代に出ていたようだ。数えてみたら、全21巻のうち17冊あった。ありがたく買うことにして、お正月にもらった20%割引券を使ったら全部で1428円だった! 今年最初の掘り出し物。それにしてもなんで4冊だけ抜けていたのか。

『本の雑誌』(本の雑誌社)の2月号を買った。特集が「古本屋で遊ぼう!」で、最初に載っているブックオフのみで仕入れをされている古本屋さんに大いに共感した。私も迷うことなくブックオフに通い続けることにしよう。

先週末、御経塚のブックオフが閉店になるというので仕事帰りに寄ってきた。この店自体は好立地のはずだが、思ったほど利益が上がらなかったのだろうか。県内から少しずつブックオフやブックマーケットがなくなっていくのはさびしい。最終セールとして本が半額になっていて、棚にはもうだいぶ隙間ができていた。最後の買い物として、堀江敏幸『未見坂』(新潮文庫)¥125、森山大道『昼の学校 夜の学校+』(平凡社ライブラリー)¥275、高野文子『絶対安全剃刀 高野文子作品集』(白泉社)¥150、ジョン・レノン『らりるれレノン ジョン・レノン・ナンセンス作品集』(筑摩書房)¥500を買った。『らりるれレノン』は佐藤良明訳。

ちくま文庫の新刊2冊を買った。岩本素白『素湯のような話:お菓子に散歩に骨董屋』高原英理編『リテラリーゴシック・イン・ジャパン:文学的ゴシック作品選』。素白はあとまわしにして、今は後者をぽつぽつ読んでいる。編者渾身の一冊。十年に一冊のアンソロジーではないかと思う。贈呈用にも適している。日本文学における「ゴシック」とは何かを知りたければこの本を読めばよい。続編を切望します。

お正月にもらった20%割引券がもう1枚あるので、別に行かなくてもいいのに、まんまとブックオフに吸い寄せられてしまう。ほしい本がなければ買わんぞ!と乗り込んだが、ほしい本があったのでよかった。よかった? 森見登美彦『聖なる怠け者の冒険』(朝日新聞出版)¥680、ミシェル・ウエルベック『素粒子』(ちくま文庫)¥520、加藤郁乎『後方見聞録』(学研M文庫)¥320、谷沢永一『紙つぶて(完全版)』(PHP文庫)¥360、滝田ゆう『滝田ゆう落語劇場(全)』(ちくま文庫)¥400、August Sander, Face of Our Time (Schirmer Art Books)¥84を買う。

昨秋出たシマウマ書房さんの『なごや古本屋案内』(風媒社)を探しているが書店では見つからず。そろそろアマゾンで購入かと思っていたら、大桑のカボスにあったのでびっくりした。旅行案内コーナーに置かれていたため、なかなか見つけられなかったけど。名古屋にまた行きたくなった。
[PR]

by anglophile | 2014-01-22 21:31 | 古本県外遠征 | Comments(5)
2014年 01月 03日
古本初め(ベストテン付き)
ブックオフで正月セールが始まった。セール内容は、もはや目をつむっていてもそうだとわかる「本全品20%オフ」というもの。半額セールなら最高なのに~、と思うが、ぜいたくは言ってられないので、宿題をほっぽり出して、ぐるーっと一回りしてきた。出動前の合い言葉は「ほんとにほしい本だけ買え!」である。

ブックオフはどこも(特に大型店)かなりの賑わいを見せていた。105円棚はあとまわしにして、積極的に半額棚を攻めてみた。結果、買おうと思っていた新刊なども何冊か見つかり、けっこうな収穫&散財となっ(てしまっ)た。

・ウィリアム・ベックフォード 『呪の王 バテク王物語』 (同上) ¥84
 ※こんな文庫があったことに心躍る。文庫は奥が深いぞ。おもしろいのは、カバーなどには『呪の王』と書かれているのに、奥付や訳者あとがきには『呪いの王』と送り仮名が入っている。すばらしきかな、このテキトーさ。

・荒川洋治 『詩とことば』 (岩波書店) ¥84
 ※岩波現代文庫にも入ったはず。こちらはライトグリーンの水玉模様の元版。

・村上春樹 『'THE SCRAP' 懐かしの一九八〇年代』 (帯付、文藝春秋) ¥84
 ※アーヴィングの The World According to Garp を「ガープ的世界のなりたち」と訳している。わるくないと思う。

・松下竜一 『巻末の記』 (帯付、河出書房新社) ¥84
 ※『松下竜一 その仕事』(全30巻)の各巻末のエッセーを一冊にまとめたもの。2002年発行。

・小沼丹 『埴輪の馬』、『小さな手袋』、『村のエトランジェ』 (講談社文芸文庫) 合計¥1600
 ※ダブリだろうがなんだろうがこれらは半額でも買っておく。

・中井英夫 『中井英夫全集[10] 黒衣の短歌史』 (創元ライブラリ) ¥800
 ※これまたダブリだが、名著なので買っておく。

・堀江敏幸 『時計まわりで迂回すること 回送電車V』 (帯付、中央公論社) ¥800
 ※どうせそのうち文庫になるのだが、私はこのシリーズの単行本もブックオフで集めようとしている。ところが全然見かけないので困っている。

・松家仁之 『火山のふもとで』 (帯付、新潮社) ¥800
 ※マルコム・ラウリーの『火山の下』(Under the Volcano)となにか関係があるのかどうかは読んでみないとわからない。

・喜国雅彦 『本棚探偵の生還』 (帯付、双葉社) ¥1160
 ※函入り二分冊&豆本付き。すばらしきかな、この過剰さ。

・山田風太郎 『忍法相伝73』 (帯付、戎光祥出版) ¥1200
 ※ちょっと気になっていたミステリ珍本全集の第1回配本。編者は『本棚探偵の生還』にも登場する日下三蔵。かなりのマニア度に頭がクラクラする。

実際には1dayパスを使ったので、20%引きの値段からさらに10%引きとなった。
[PR]

by anglophile | 2014-01-03 17:09 | 古本県外遠征 | Comments(2)