<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 29日
第15回一箱古本市@源法院
ほぼ毎月最終日曜日は一箱古本市の日。今回で15回目。先週は仕事が忙しく、そして今週もナンヤカンヤといろいろあって、そのちょうどあいだにあった一箱古本市にはほんとに癒されました。今回も好い天気に恵まれて、源法院前を行き来する人の通りも多く、申し分のない一日となった。ただ帽子を忘れたので、照りつける陽差しに頭のてっぺんが燃え上がりそうだった。『となりのサインフェルド』のクレイマーみたい。麦わら帽子と水枕の持参を次回への申し送り事項としたい。いや、ほんとに暑かった。

今回の出店数は少し少なめ。その分、源法院門前に余裕を持って店を構えることができた。10時開始少し前からちらほらとお客さんも立ち寄って行かれる。出だしから、売れ行きはなかなか好調。いつになくロケットスタート気味。

c0213681_21301646.jpg


一箱古本市といっても本ばかりではない。今回、ミヤタ書店のおじさんがモミジの鉢植えを販売されていた。いいですねえ。けっこうな数が売れていたように思う。私も一鉢おもいきって買おうかと思ったが、育てる自信がなかった。写真右端のよく育ったもの(非売品)でも4年かかってやっとこれくらいの大きさらしい。あと、こちらでは、レンタル落ちのビデオも毎回たくさん出されている。今回はブニュエルの『自由の幻想』があって、最後まで残っていたら買おうかと思っていたが、やっぱり売れてしまっていた。

c0213681_2132102.jpg


今回出店されていない常連の方もいらっしゃっていた。輪島のセプテンバー・ブックスさんとはお久しぶり。モンキー・ビジネスがらみのお話、興味深かったです。午後からはでっぱさんもいらっしゃり、1冊買っていただきました。実は、その1冊はおそらくでっぱさんに買っていただけるのではないかしらと思っていた本でした。

c0213681_015496.jpg


昼頃だったか、暑さに負けてテントのところで涼んでいたら、私が隠れて師匠と呼ばせていただいている大先輩が奥様とともにふらっといらっしゃった。ここでお会いするのは2回目か。普段はなかなかお会いできないので、近況を報告がてら、いろいろとお話しさせていただく。奥様の方がたくさん本を買って下さいました。

c0213681_21314817.jpg


今回の私の箱はこんな感じ。あまり代わり映えしないが、あらたに「50~200円」というビミョーなコーナーを新設してみた。ま、ビミョーなコーナーなわけだが、これが意外と功を奏したように思う。なんだかんだでいろいろと手に取っていただき、それなりに買っていただくことができました。一方で、外国文学がほとんど売れないことに今さらながらに気づき、その課題は今後に持ち越すことにした。

c0213681_21321941.jpg


買っていただいた本は以下の通り。

・曽我部恵一 『昨日・今日・明日』 (ちくま文庫)
・茨木のり子 『茨木のり子集 言の葉2』 (同上)
・泉鏡花 『薄紅梅』 (中公文庫)
・吉屋信子 『自伝的女流文壇史』 (同上)
・つげ義春 『ねじ式』 (小学館文庫)
・つげ義春 『紅い花』 (同上)
・野坂昭如 『文壇』 (文春文庫)
・野坂昭如 『野坂昭如ルネサンス① 好色の魂』 (岩波現代文庫)
・町田康 『パンク侍、切られて候』 (角川文庫)
・片岡義男 『文房具を買いに』 (同上)
・江戸川乱歩 『江戸川乱歩全集 第12巻 悪魔の紋章』 (光文社文庫)
・小池昌代 『屋上への誘惑』 (同上)
・内田百閒 『内田百閒随筆Ⅱ』 (講談社文芸文庫)
・谷内六郎 『谷内六郎展覧会(夏)』 (新潮文庫)
・芥川龍之介 『蜘蛛の糸・杜子春』 (同上)
・夏目漱石 『こころ』 (同上)
・太宰治 『人間失格』 (同上)
・安岡章太郎 『小説家の小説家論』 (福武文庫)
・半村良選 『幻想小説名作選』 (集英社文庫)
・山田正紀/恩田陸 『読書会』 (徳間文庫)
・西村賢太 『どうで死ぬ身の一踊り』 (講談社文庫)
・村上春樹 『羊男のクリスマス』 (同上)
・三浦しをん 『舟を編む』 (光文社)
・多田富雄 『寡黙なる巨人』 (集英社)
・穂村弘 『短歌の友人』 (河出書房新社)
・橋本治/内田樹 『橋本治と内田樹』 (筑摩書房)
・山本容子 『パリ散歩画帖』 (阪急コミュニケーションズ)
・メイ・サートン 『独り居の日記』 (みすず書房)
・ターシャ・テューダー 『ターシャ・テューダー 最後のことば』 (白泉社)
・ゾロリ

もう完売したと思っていたキツネの絵本が1冊だけ残っていた。それも無事に売れ、全部で32冊(1冊は書名を控えていなかった)となった。いつも通り16時に終了となったが、後片づけをしているときにも、明らかに古本市目当てで来られたお客さんが数人いらっしゃり、ひそかに後片づけの手をスロウダウンしたのは内緒です。

次回もこんな感じで過ごせれば最高である。
[PR]

by anglophile | 2012-05-29 23:13 | 一箱古本市 | Comments(6)
2012年 05月 26日
今日買った古本
ようやく長い長い1週間が終わった。終わらないのかと思ったよ、ほんとに。今日は、午前中だけ仕事のため出勤。帰宅後しばし昼寝のお時間。その後、ブックオフに出勤。また半額セールをやっていたが、そちらでは買うものなし。105円棚から5冊ばかし買う。

・P.G.ウッドハウス 『よしきた、ジーヴス』 (国書刊行会)
・P.G.ウッドハウス 『ウースター家の掟』 (同上)
・ドリス・レッシング 『アフガニスタンの風』 (晶文社)
・オルハン・パムク 『わたしの名は紅』 (藤原書店)
・久世光彦 『黄昏かげろう座』 (角川春樹事務所)

さて、明日は一箱古本市である。天気は申し分なさそうだ。楽しい一日をすごしたい。

c0213681_22271961.jpg

[PR]

by anglophile | 2012-05-26 22:31 | 古本 | Comments(0)
2012年 05月 25日
Monkey Business International
昨年休刊となった柴田元幸責任編集『monkey business』の海外(英語)版が現在のところ第2号まで出ている。第2号は今月出たようだ。備忘録として、目次をここに貼っておく。

<Issue 1 Table of Contents>

Monsters: a short story by Hideo Furukawa (translated by Michael Emmerich)

People from My Neighborhood: a collection of vignettes by Hiromi Kawakami (translated by Ted Goossen)

The Sleep Division: a poem by Mina Ishikawa (translated by Ted Goossen)

Sandy’s Lament: a short story by Atsushi Nakajima (translated by M. Cody Poulton)

Song, The Old Way, and Bougainvillea: stories by Barry Yourgrau

The Tale of the House of Physics: a short story by Yoko Ogawa (translated by Ted Goossen)

Pursuing “Growth”: an interview with Haruki Murakami by Hideo Furukawa (translated by Ted Goossen)

Interviews with the Heroes, or Is Baseball Just for Fun?: a poem by Inuo Taguchi (translated by Ted Goossen)

A Country Doctor: a manga by the Brother and Sister Nishioka, based on the story by Franz Kafka (translated by J. A. Underwood)

Closet LLB: a short story by Koji Uno (translated by Jay Rubin)

When Monkeys Sing: a poem by Masayo Koike (translated by Ted Goossen)

Monkey Tanka: a poem by Shion Mizuhara (translated by Ted Goossen)

Monkey Haiku: a poem by Minoru Ozawa (translated by Ted Goossen)

The Forbidden Diary: an excerpt from a fictional diary by Sachiko Kishimoto (translated by Ted Goossen)


<Issue 2 Table of Contents>

What Do You Wish We Had in Japan Today? 17 writers and artists respond (translated by Paul Warham and Stephen Snyder)

I Chase the Monkey and the Monkey Flees from Me, the Monkey Chases Me and I Flee from the Monkey: a short story by Masatsugu Ono (translated by Michael Emmerich)

Tales in Tanka: poems by Mina Ishikawa (translated by Motoyuki Shibata and Ted Goossen)

Meditations on Green: a short story by Toh EnJoe (translated by David Boyd)

At the Delta: a short story by Rebecca Brown

The Great Cycle of Storytelling: an essay by Haruki Murakami (translated by Ted Goossen)

A Once-Perfect Day for Bananafish: a prose poem by Mieko Kawakami (translated by Hitomi Yoshio)

Nowhere: a poem by Stuart Dybek

People from My Neighborhood (Part 2): a collection of vignettes by Hiromi Kawakami (translated by Ted Goossen)

A Fasting-Artist: a manga by the Brother and Sister Nishioka, based on the story by Franz Kafka (translated by J. A. Underwood)

Ghosts and Ghost Paintings: haiku by Minoru Ozawa (translated by Motoyuki Shibata and Ted Goossen)

Bridges: a short story by Keita Jin (translated by Allison Markin Powell)

Breathing Through Gills: a short story by Hideo Furukawa (translated by Ryan Shaldjian Morrison)

Sleepyville: a short story by Mimei Ogawa (translated by James Dorsey)

The Seaside Road: a short story by Tomoka Shibasaki (translated by Ted Goossen)

The Futon of Tottori: a manga by Fumiko Takano, based on the short story by Lafcadio Hearn

Medicine: a short story by Barry Yourgrau

Mr. English: a short story by Keita Genji (translated by Jay Rubin)

What’s Eating Soichiro Mogi: an essay by Naoyuki Ii (translated by David Boyd)

John: a short story by Yoko Hayasuke (translated by Hanae Nishida Vuichard)

The Forbidden Diary (Part 2): an excerpt from a fictional diary by Sachiko Kishimoto (translated by Ted Goossen)

Black Space, the Sound of Rain: a short story by Comes in a Box (translated by M. Cody Poulton)

第2号は日本のアマゾンでも買えるようだ。日本版の内容とどれくらい重複しているのかはまだ調べていない。
[PR]

by anglophile | 2012-05-25 23:40 | 読書 | Comments(2)
2012年 05月 24日
名古屋で買った本(追加分)
今週は仕事をやってもやっても減らない週間。綱渡り状態。今夜は徹夜を覚悟する。その前に、古本のことを考えてやる気を充填しておこう。GWの名古屋3日目に買った本を追加しておく。ものすごく均一が充実していたとある古書店で買った本。3冊を除いて、すべて100円だった。

・尾崎一雄 『閑な老人』 (中公文庫)
・長尾みのる 『にぎやかな視点―昭和おじさんの絵ッセイ』 (同上)
・武井武雄 『本とその周辺』 (同上)
・大庭みな子 『舞へ舞へ蝸牛』 (福武文庫)
・島尾敏雄 『島の果て』 (集英社文庫)
・瀬戸内晴美 『田村俊子』 (講談社文芸文庫)
・山田稔 『特別な一日』 (平凡社ライブラリー)
・稲垣足穂 『少年読本』 (潮出版社)
・庄野英二 『徐福の目はり寿司』 (編集工房ノア)
・天澤退二郎 『作品行為論をもとめて』 (田畑書店)
・アラン・シリトー 『私はどのようにして作家となったか』 (集英社)
[PR]

by anglophile | 2012-05-24 21:44 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2012年 05月 19日
むむむ、今日の古本
平日とまったく変わらぬ土曜日であった。悔しいので、御経塚サティのあっち側にある勝木書店に用事があることにして、夕食後ひとりで出動。実際に用事があったのだが、気になっていた書籍は結局買わずに退店。じゃあ、その近くにあるブックオフに寄ってみましょ。いつものセールをやっていた。

・堀江敏幸 『なずな』 (集英社) ¥600
・井上ひさし 『井上ひさしコレクション全3冊(函入)』 (岩波書店) ¥600
・佐々木幹郎 『旅に溺れる』 (同上) ¥105
・コナン・ドイル 『詳注版シャーロック・ホームズ全集10』 (ちくま文庫) ¥105

よしっ、まずまずだ。あしたも仕事、がんばれそう。
[PR]

by anglophile | 2012-05-19 23:05 | 古本 | Comments(0)
2012年 05月 16日
久しぶりの古本
今日は仕事が終わってから、延滞していた本を返しに県立図書館へ。新しく借りた本はなし。その帰りに、久しぶりに古本を買ったりする。

・佐々木敦 『SOFT&HARD』 (太田出版)
・武藤康史編 『里見弴 秋日和 彼岸花』 (夏目書房)
・石牟礼道子 『椿の海の記』 (朝日文庫)
・長田弘 『死者の贈り物』 (みすず書房)
・長田弘 『すべてきみに宛てた手紙』 (晶文社)

上3冊は文圃閣のガレージ3冊500円にて。佐々木敦本には、既読のものもあるが、阿部和重関係の文章がいくつか収められている。文学、音楽、映画、漫画ごったまぜの内容がなかなか刺激的な一冊だ。外国文学もたくさん出てきて興味をそそられる。例えば、「『筑摩世界文学大系68・ジョイス=オブライエン』(筑摩書房)を読む。普段はこの種の全集ものはまったく買わないのだが、これは書店で見つけるなり即購入。何しろ『スウィム・トゥー・バーズにて』の全訳が入っているのだ。その昔、あの伝説のラジカル純文学雑誌『海』で抄訳を読んで、『フィネガンズ・ウェイク』と同年に出版された、このメタフィクションの基本中の基本にハマった人は多いのではないだろうか。」(139頁) 里見弴の短篇集は、表紙がちょこっと草臥れているが、探していた本だったのでうれしい。カバーのミシンのイラストは和田誠。石牟礼道子のこの文庫本はあまり見かけないかも。長田弘の2冊はブックオフの105円棚にて。
[PR]

by anglophile | 2012-05-16 23:54 | 古本 | Comments(0)
2012年 05月 06日
名古屋三日目
名古屋最終日。財布がからっぽになったはずなのに、今日も古本を買う気満々。最初はシマウマ書房へ。以前、一箱古本市で上関文庫さんに「名古屋に行ったら、行ってみるといいですよ」と教えてもらった古書店。開店の11時に合わせて到着。

c0213681_22322989.jpg

裏の駐車場に1台だけ車を停められるので助かります。ちょうど店主の男性が入口の均一コーナーを準備されているところだった。愛想のいい方で、心が和む。均一コーナーは、単行本が300円で、文庫本が100円。結構いい本が並んでいた。

・結城信一 『空の細道』 (河出書房新社)
・阿部和重 『アメリカの夜』 (講談社)
・『サライ 特集・檀一雄流クッキング』 (小学館)

『アメリカの夜』は帯目当てで購入。うちにある『アメリカの夜』の帯はいつのまにかなくなっていたから。そういえば、18年前に『アメリカの夜』を買ったのが名古屋でだった。なんか月日の移ろいを感じてしんみりとなった。『サライ』の檀一雄特集はずっと前に買いそびれていたもの。壇一雄が焼くステーキはうまそうだ。

続いて店内へ。非常にオシャレな空間。幅広いジャンルの本が置かれている。ゆっくり時間をかけて見て回る。

・二葉亭四迷 『平凡/私は懐疑派だ』 (講談社文芸文庫)
・『旅と本のコラム』 (deco社)

ほしかった本が買えて幸せ。後者には、金子彰子さん、山本善行さん、airbug さんらのお名前がある。洋書も何冊かあって、ハクスリーの Eyeless in Gaza の古いペンギン版があったが我慢した。やっぱり買っとけばよかったか。

このあと他にいくつか古書店をまわってから、家族と合流し、帰路についた。今回は多くの古書店を訪れることができ、新古書店との違いを堪能することができた。
[PR]

by anglophile | 2012-05-06 23:43 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2012年 05月 05日
名古屋二日目
今日はブックオフ数軒と本物のの古書店数軒をまわった。

・牧野武夫 『雲か山か 出版うらばなし』 (中公文庫) ¥50
・坪内稔典 『正岡子規 言葉と生きる』 (岩波新書) ¥280
・『考える人 2011年冬号 特集・紀行文学を読もう』 (新潮社) ¥630
・瀧井孝作 『生のまま素のまま』 (桜井書店) ¥200
・足立巻一 『人の世やちまた』 (編集工房ノア)
・山田稔 『リサ伯母さん』 (同上)
・山田稔 『影とささやき』 (同上)
・山田稔 『太陽の門をくぐって』 (同上)
・山田稔 『北園町九十三番地-天野忠さんのこと』 (同上)
・山田稔 『富士さんとわたし-手紙を読む』 (同上)
・山田稔 『ああ、そうかね』 (京都新聞社)
・山田稔 『あ・ぷろぽ それはさておき』 (平凡社)
・山田稔 『コーマルタン界隈』 (河出書房新社)

『考える人』はブックオフで購入。表紙に、レヴィ=ストロース、チャトウィン、星野道夫の写真が使われている。瀧井孝作の単行本はとある古書店で購入。函の縁がボロボロだが、安いので買っておく。あと、桜井書店だし。

本日の収穫は、とある古書店で買った山田稔の本いっぱい。山田稔はすぐにでも読みたい作家の一人。これまで古書店ではなかなか見かけることがなく、図書館で何冊か借りたりもしているが、この作家の本はぜひ自分で持っていたい。ほとんどが定価の半額ぐらいで買えて大満足。財布はからっぽになった。
[PR]

by anglophile | 2012-05-05 22:30 | 古本県外遠征 | Comments(8)
2012年 05月 04日
名古屋一日目
市内に到着して、そのまま名古屋古書会館へ向かう。今日から3日間「オールデイズ」という即売会があるらしい。2年前のGWも名古屋旅行だったが、たしかそのときにも同じ即売会をやっていたのではなかったか。ただ、そのときは古書会館の場所自体が分からず、結局断念したのだった。今回はスマートフォンを頼りに楽々到着。

c0213681_21463581.jpg

古書会館は2階建て(?)だが、即売会自体はこじんまりとした感じ。1階の入り口に均一コーナーがあり、2階がそれ以外のコーナー。2階の方は値付けがしっかりしすぎていて買える物がない。1階の均一コーナーで文庫など数冊買った。

・深沢七郎 『盆栽老人とその周辺』 (中公文庫) ¥30
・野坂昭如 『行き暮れて雪』 (同上) ¥30
・ジェイムズ・サーバー 『サーバーのイヌ・いぬ・犬』 (早川書房) ¥100
・和田誠 『ことばのこばこ』 (瑞雲舎) ¥100

その後、比較的近くの古書店が集まっているところに移動し、何軒かまわる。

・ゴンチャロフ 『オブローモフ(上)(中)(下)』 (岩波文庫) ¥1000
・小野二郎 『ウィリアム・モリス ラディカルデザインの思想』 (中公文庫)  ¥200
・坂上弘 『ある秋の出来事』 (同上) ¥200
・ホセ・ドノソ 『夜のみだらな鳥』 (集英社) ¥1050

手頃な価格で入手できたゴンチャロフとドノソが大きな収穫だった。
[PR]

by anglophile | 2012-05-04 16:47 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2012年 05月 03日
本棚の愉しみ(?)2
ぱらっと開いたとある本にセネカのこんな言葉が引用されていた。
A multitude of books confuses the mind. Accordingly, since you cannot read all the books which you may possess, it is enough to possess only as many books as you can read.
友人のルキリウスへの手紙にある言葉らしい。わかってますけど、なかなかそううまくいかないのですよ。

またこんな言葉も。
Up, and to my chamber doing several things there of moment, and then comes Sympson, the Joyner; and he and I with great pains contriving presses to put my books up in: they now growing numerous, and lying one upon another on my chairs ...
サミュエル・ピープスの、たぶん日記にある言葉だろう。そうそう、うちもそんな感じです。こっちの言葉の方が馴染みます。

現在、本の整理を断続的に行っているが、なかなか捗らない。すでに息子の部屋にまで雪崩れ込んでいる始末。スペースが限られているのに、節操なく本を買い続け、気づいたらこの状態。 Growing numerous である。数本ある本棚はもうとっくのむかしに埋まっている。ふと台所にたたずんでいると、冷蔵庫の上にいくらかのスペースがあるのを見つけ、そこに本を置いてみたらどうなるだろうと思ったが、そんなところに本を置く人の話は聞いたことがない。

ひとまず例の本棚に文庫を並べてみる。今回はちくま文庫。文芸文庫はすでに段ボール箱に収納した。

c0213681_1349434.jpg

c0213681_134916100.jpg

c0213681_112156.jpg

最初は単なる入れ替え作業のつもりでやっていたが、これは同種の本をひとまとめにするいい機会になることに気づいた。ここ半年くらいで買った本のほとんどは未整理のまま放置していたので、この作業でどんな本を買っていたかがわかる。気づかずに、同じ本を2冊も3冊も買っていたことにも気づいてしまった。いい本は5冊くらいないと不安だが、1冊でいい本は3冊もいらない。

このあと、段ボールに入れ、その段ボールを部屋の隅に積んだ。ただ、この程度じゃ全然片づかないわけで、まだまだ先は長い。永遠に終わらない「倉庫番」のようなものだ。
[PR]

by anglophile | 2012-05-03 21:27 | 古本 | Comments(0)