<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 30日
第14回一箱古本市@源法院
本日は晴天なり。絶好の古本浴日和となった。大粒の霰が天から降ってきた1ヶ月前がうそのよう。息子とともに15分前に源法院到着。いつも車をとめているすぐ近くのコインパーキングがすでに満車だったので、他を探そうと付近をうろちょろしていると、ちょっと離れたところ(NHKの近く)に上限1000円のところを発見した。いつも1600円ぐらいかかっているのでこれは助かる。あとででっぱさんに聞いたら、上限800円のところもあるらしい。

最初に車から荷物を下ろして、次に車をとめに行って、そこから源法院までちょこっと歩いてから、本を並べ並べしているうちに開始時間となった。そして、ものすごく暑いので、汗が噴き出てきた。信じられないくらいの陽気。もう少し曇っていてもよいと思ったが、雨が降るよりはもちろんいい。GWの影響か、源法院前を通って行かれるお客さんの数も多い。大粒の霰が天から降ってきた1ヶ月前がうそのよう。いつにない賑わいとなった。

源法院前の道は冬のあいだに新しく舗装されてきれいになっている。出店者はそこに横一列でずらっと店を構えた。私の両隣はあうん堂さんとでっぱさん。もうおなじみの顔ぶれだ。一方、初出店の方々も数名いらっしゃり、出店数は過去最高になった模様。古本談義をしながら楽しく過ごすことができた。

c0213681_1454115.jpg

私の箱内容は、半分ほどが前回からの持ち越し本。今回は多くのお客さんが予想されたので、あらためて勝負でございます。
c0213681_1451118.jpg

毎回注目のカルロスさんの新機軸は「カルロ・ス・コーン」という名のスコーン2種。斬新奇抜な言語センスは個人的にツボであります。弟子にして下さい。
c0213681_145263.jpg

「カルロ・ス・コーン」を息子に買ってやるの図。
c0213681_1445279.jpg

ニッパー風のポーズをするだんご嬢は一箱古本市の顔。「カルロ・ス・コーン」を狙ってるでしょ。
c0213681_144424.jpg

陽差しは弱まる気配一向になく、後半は暑さで少し疲れてきた。人通りはあいかわらず多いが、売れ行きは少しスロウダウン。箱に並べた本は強い陽差しに乾燥しパカパカ鳴るようになってきた。
c0213681_1442988.jpg

c0213681_1442058.jpg

16時に予定通り終了のコール。少し日が傾いていたが、人通りはまだまだあった。収支報告の後、全員で後片づけ。後片づけをしていると、若い男性が一人やってきて、「もう終わったんですか?」と訊かれた。その様子から本好きの方のようだったので、毎月最終日曜日に開催されていることを伝える。たぶんどこかで古本市のことを聞かれ、足を運んでくれたのだろう。少しずつ一箱古本市のことが広まっていることを実感した瞬間だった。夏に向けてますます楽しみになってきた。

以下、売れた本買った本を記録しておく。

<売れた本>
・川端康成 『浅草紅団』 (中公文庫)
・小谷野敦編 『木魂 毛小棒大 里見弴短篇選集』 (同上)
・角田光代 『八日目の蝉』 (同上)
・出久根達郎 『古本夜話』 (ちくま文庫)
・早川茉莉編 『玉子ふわふわ』 (同上)
・種村季弘編 『泉鏡花集成 7』 (同上)
・庄野潤三 『夕べの雲』 (講談社文芸文庫)
・桐山襲 『未葬の時』 (同上)
・井伏鱒二 『人と人影』 (同上)
・石井好子 『女ひとりの巴里ぐらし』 (河出文庫)
・澁澤龍彦 『西欧作家論集成 上』 (同上)
・佐藤泰志 『大きなハードルと小さなハードル』 (同上)
・高峰秀子 『渡世日記(上)(下)』 (文春文庫)
・西村賢太 『二度はゆけぬ町の地図』 (角川文庫)
・『ちくま日本文学全集 ???』 (筑摩書房)
・レイ・ブラッドベリ 『キリマンジャロ・マシーン』 (ハヤカワ文庫)
・町田康 『告白』 (中央公論新社)
・村上春樹 『雑文集』 (新潮社)
・小澤征爾&村上春樹 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』 (同上)
・甲本ヒロト 『日曜日よりの使者の詩 甲本ヒロト全詞集』 (G.B.)
・『クロワッサン特別編集 向田邦子を旅する。』 (マガジンハウス)
・ゾロリ2冊
・コロコロコミック1冊

<買った本>
・北尾トロ 『ぼくはオンライン古本屋のおじさん』 (ちくま文庫) ¥300
・エンリーケ・ビラ=マタス 『バートルビーと仲間たち』 (新潮社) ¥300
・植草甚一 『ぼくの読書法 植草甚一スクラップ・ブック<6>』 (晶文社) ¥300
[PR]

by anglophile | 2012-04-30 02:24 | 一箱古本市 | Comments(0)
2012年 04月 29日
第14回一箱古本市@源法院のお知らせ
4月29日(日)は「一箱古本市@源法院」です。出店者一覧はこちらです。(当日までこのエントリーが最上階にポストされ続けます)

c0213681_2332056.jpg

当日の予想天気:晴れ  最高気温:24℃  降水確率:10% (4月28日現在)
[PR]

by anglophile | 2012-04-29 23:30 | 一箱古本市 | Comments(3)
2012年 04月 28日
緑陰午睡のあとで
別にハンモックを引っかけて優雅に寝ていたわけではないけど、昼寝をしてしまった。今日からGWということで、ブックオフでなんかやってそうなので夕方にちょっとだけ引っかけてきた。若宮店と御経塚店のみ。半額セールをやっていた。ほしい雑誌が2冊あった。

・『芸術新潮 2009年11月号 特集・京都千年のタイムカプセル 冷泉家のひみつ』 (新潮社) ¥200
・『別冊 風とロック』 (PARCO出版) ¥300

『芸術新潮』の冷泉家特集は3年前に新刊で買おうと思っていて結局買わなかった1冊。『風とロック』はボリュームたっぷりの1冊。タワレコファンにはたまりません。

そのあと近くのKaBoSで気になっていた新刊2冊を思い切って購入。

・『アイデア No.352 特集・ビデオ・ゲーム・グラフィック』 (誠文堂新光社)
・金井美恵子 『ページをめくる指 絵本の世界の魅力』 (平凡社ライブラリー)

絵本に疎い私が『ページをめくる指』をめくる理由とは、金井美恵子の文章が読みたいからに他ならない。今回の平凡社ライブラリー化にあたって、後半部分がかなり増補されているようだ。さっそく「ちりあくたの輝く「本の小部屋」から」から読み始める。サクレツする金井節に幸福なひとときを過ごす。著者自身による本書の紹介も収められている。
 これは、五十冊をこえる世界の名作絵本の紹介と批評です。絵本についての決りきった概念でしか発言することのない日本の児童文学界では徹底的に無視されましたが、名作絵本と呼ばれるものについての最良の批評の一つだと、書き手の私は自負しています。その意味でもおすすめの一冊。(224頁)
かっこよすぎて、足がシビレてしまった。
[PR]

by anglophile | 2012-04-28 22:09 | 古本 | Comments(0)
2012年 04月 28日
加能作次郎集
オヨヨさんのHPを見たらば、小立野(こだつの)の「うつのみや書店」に古書搬入の情報あり。小立野にうつのみや書店? そういえばあったかもしれない。古本心刺激され、いざ小立野へ。職場からそれほど遠くないはずだが、小立野方面にあまり足を運ぶ機会がないので、調べたパソコン地図と私の中の地図とに齟齬が生じている。あっち行ったりこっち行ったりして、どうにか到着した。入り口を入ってすぐのところにワゴン数台分の古本コーナー発見。ほとんどが300円均一。アンテナに引っかかる本があるか、一冊ずつ丁寧に本の背を見ていく。小島政二郎の「食いしん坊」シリーズがたくさん出ていた。「続」とかもあるんだな、知らなかった。あと、分厚い英語関係の辞典も気になったといえば気になった。いろいろと迷って、結局今回は見送ることにした。

さて、初めて来る店舗なので、いちおう店内を一周する。品揃えはごくごく平均的なもの。柿の木畠の本店にはさすがにかなわない。せっかくなので何か1冊買おうと思い、店の棚の隅々まで見ていくが、なかなか選べない。ちくま(学芸)文庫が新刊のものだけ10冊くらいおいてあったが、今ほしいものはなし。雑誌コーナーでは『アイデア』の最新号が並んでいて、特集が「ビデオ・ゲーム・グラフィック」。小学4年生のときに、パックマンさえあればなんとか生きてける、と思っていた私としては、むむむ、これはほしいかもしれない。かなり心が動いたが、値段が値段なのでちょっと保留。他の1冊をもとめて、だんだん奥の方に追いつめられていくと、最後にたどり着いたのが「郷土関係本コーナー」。よく見る光景。と、そこに見慣れぬ1冊が置かれていた。

c0213681_18591141.jpg

『加能作次郎集』(富来町立図書館、2004年)がなんと新刊で置かれていた。これには驚いた。もう品切れになっているはずではなかったのか。こんなところで出会えるとは思わなかった。長い間置かれていたのか、背に軽いヤケがあり、元パラもだいぶ痛んでいたが、函や本体の状態は決してわるくない。レジに持って行ったら、本にバーコードみたいなのがついていないので、「この本は古本コーナーにありましたか?」などと訊かれておもしろかった。お店の人たちもこの本の存在をすでに忘れているようだった。いずれにしろ、定価で買えるとは思っていなかったので、うれしい買い物となった。地元ならでは、かもしれない。

帰ってきてから妻に報告がてら本を見せたら、「かのさく・じろうって誰?」などと言う。「この本は古本コーナーにありましたか?」以上のケッサクである。「おださく」じゃないんだから、それはやめなさい。今日はめずらしく私の優勢勝ち。
[PR]

by anglophile | 2012-04-28 14:02 | 古本 | Comments(0)
2012年 04月 23日
レコード芸術 2012年5月号
c0213681_23191873.jpg

今年はグールド没後30周年。『レコード芸術』が「再聴グレン・グールド~その芸術の深層へ」と題して特集を組んでいる。あまり縁のない雑誌なので、あやうく見逃すところだった。特集に割かれている頁総数は40頁で、記事は以下の7つに分かれている。

・素顔のグレン・グールド~1955年《ゴルトベルク変奏曲》“以前”のグールド・・・青柳いづみこ
・グレン・グールドの生涯,事件簿&発言集・・・満津岡信育
 ◎「批評」で追う「事件」としてのグレン・グールド・・・宮澤淳一
 ◎「ライヴ」に聴く「本当のグールド」・・・相場ひろ/青柳いづみこ/増田良介/満津岡信育
・グレン・グールド/作曲家別ディスク・レヴュー・・・相場ひろ/歌崎和彦/喜多尾道冬/広瀬大介/増田良介/満津岡信育/矢澤孝樹/安田和信
・グールドの「奏法」と「レパートリー」の関係・・・青柳いづみこ
・「音」の秘密~東光男氏(ピアノ技術者)にきくグールドの「ピアノ」・・・鈴木圭介
・「革新」という宿命と「アヴァンギャルド」の誇り~グレン・グールドの遺産・・・喜多尾道冬
・グレン・グールド ディスコグラフィ・・・宮澤淳一

なかでもピアノ技術者の東光男氏へのインタビュー記事がよかった。東氏は80年代半ばまでニューヨークのヤマハ代理店「オストロフスキー・ピアノ・アンド・オルガン・カンパニー」で技術者をされていた方。現在は日本で活動されている。グールドが晩年にそれまで愛用していたスタインウェイに替わってヤマハを使用したことはよく知られているが、そのピアノの調整をされていたのが東氏だった。(すごくうらやましい) このヤマハは2度目の『ゴルトベルク』録音時にも使用された。

記事にはかなり専門的な内容も含まれ、素人が理解するには限界があるが、その一方でグールドにまつわるエピソードも語られており興味深い。東氏が所属されていたオストロフスキーの店にはじめてグールドが訪れた時、ショーウィンドウに置かれていたピアノを試弾したそうだが、そのときは残念ながら東氏は立ち会われなかったようだ。
さる高名なピアニストが弾きに来るということしか教えてもらえなかったのです。後でそれがグールドだったと教えられて本当に悔しい思いをしました。アメリカでは、グールドのようなアーティストと仕事ができたら、などと思ったりもしていたものですからね。それで、次の週になって店に出ていくと、すぐに録音に使うそうだから2日で仕上げてくれと言われました。(51頁)
このときのより詳しい内容は東氏のHP内のこちらの記事に書かれている。結局、東氏ご本人はグールドと顔を合わせることはなかったようだが、日本人の技術者がこのようにグールドのディスコグラフィーの重要な場面に関わっていたことはやはりすばらしいことだと思ったのでした。
[PR]

by anglophile | 2012-04-23 22:54 | 音楽 | Comments(0)
2012年 04月 21日
Lost Horizon
午前中は仕事だったが、それも昼には終わり。外は完璧な春の陽気。桜の花びらが舞っていた。すると、そのまま帰るのがもったいなくなってきた。車を東へ東へ走らせていったら、そのうちシャングリラにたどり着いた。ふふふふふっ、来週は一箱古本市だった。「補充」と称して、古本を買いに行くしかなくなった。

秘密の場所で以下の本をまず買う。

・上林暁 『白い屋形船/ブロンズの首』 (講談社文芸文庫) ¥800
・J.E.モーパーゴ 『ペンギン・ブックス 文庫の帝王A・レイン』 (中公文庫) ¥300
・庄野潤三 『山の上に憩いあり』 (新潮社) ¥100

すばらしい。ずっと探していた上林暁の文芸文庫がいとも簡単に見つかった。

そのあとブックオフにも行く。おなじみのセールをやっていた。

・坂口安吾 『人間・歴史・風土 坂口安吾エッセイ選』 (講談社文芸文庫)
・李良枝 『由煕/ナビ・タリョン』 (同上)
・皆川博子 『巫女の棲む家』 (中公文庫)
・『正岡子規/高浜虚子』 (新学社近代浪漫派文庫)
・八木義徳 『文学の鬼を志望す』 (福武書店)
・リチャード・ブローティガン 『ロンメル進軍』 (思潮社)
・リチャード・ブローティガン 『突然訪れた天使の日』 (同上)
・宇野常寛 『リトル・ピープルの時代』 (幻冬舎)

明日も仕事だが、充実した一日を送った後は気持も軽い。
[PR]

by anglophile | 2012-04-21 23:50 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2012年 04月 19日
今日の古本
仕事が一段落して、気持が軽くなった。帰りにブックマーケットへ。

・川瀬一馬 『随筆 蝸牛』 (中公文庫)
・小池滋 『余はいかにして鉄道愛好者となりしか』 (ウェッジ文庫)
・椎名誠 『パタゴニア あるいは風とタンポポ物語り』 (情報センター出版局)
・清水昭三 『芥川龍之介の夢 「海軍機関学校」若い英語教官の日』 (原書房)

シブい中公文庫があってドキッとしてしまった。
[PR]

by anglophile | 2012-04-19 22:02 | 古本 | Comments(0)
2012年 04月 18日
Jay Rubin and J. Philip Gabriel on Translating Murakami
以下のページで、『1Q84』の英訳をしたジェイ・ルービン氏とフィリップ・ガブリエル氏の話が聴ける。

TWO VOICES: Jay Rubin and J. Philip Gabriel on Translating Murakami

早く読まないとね。
[PR]

by anglophile | 2012-04-18 10:20 | 読書 | Comments(0)
2012年 04月 15日
今週買った本
新年度の幕明け。なんとか今週は乗り切ったけど、また新たな一週間が始まる、か。一方、古本には新年度はない。

・須賀敦子 『須賀敦子全集 第2巻』 (河出文庫)
・井上靖 『わが母の記』 (講談社文芸文庫)
・平野啓一郎 『日蝕・一月物語』 (新潮文庫)
・カート・ヴォネガット 『ジェイルバード』 (早川書房)
・カート・ヴォネガット 『スラップスティック』 (同上)
・カート・ヴォネガット 『デッドアイ・ディック』 (同上)

『日蝕』と『一月物語』がいつのまにか合本になっている。四方田犬彦と渡辺保の解説に加えて、三浦雅士の解説も新たに付されている。大盛り海鮮丼のよう。

新刊書店で、先週に引き続き、雑誌も一冊買った。特別付録の「萬年筆」に釣られて。

・『サライ 5月号 大特集・日本の作家 百年の歩み』 (小学館)

今日は家でごろごろ。数ページ読んでちょっと中断していたチャトウィンを再び読みはじめた。
  'Don't mind Anne-Marie,' Bill said. 'She gets a bit jumpy when we have visitors. Works herself into a state. Seems to think visitors mean housework. Not the domesticated type. But don't take any notice. She loves having visitors really.'
  'Darling, we've got a visitor,' he called.
  I heard her say 'Have we?' and the bedroom door slammed shut. Bill looked unhappy. He patted the dog and we talked about dogs. I looked at his bookshelf and saw he had all the best books. He had been reading Turgenev's Sportsman's Sketches and we talked about Turgenev. (In Patagonia, p. 12)

[PR]

by anglophile | 2012-04-15 22:42 | 古本 | Comments(0)
2012年 04月 07日
今週の本
月曜日。常盤新平『銀座旅日記』(ちくま文庫)に鈴木地蔵という人の本が紹介されていた。おもしろそうなのでアマゾンマケプレで即注文。

・鈴木地蔵 『市井作家列伝』 (右文書院)
・鈴木地蔵 『文士の行蔵』 (同上)

合計806円。とりあえず『市井作家列伝』をパラパラと。古本にからむ内容もあり、いい感じ。

火曜日は某所偵察。

・村上春樹 『村上ソングス』 (中央公論新社)
・古井由吉 『白暗淵』 (講談社)
・幸田文 『台所のおと』 (同上)
・茨木のり子 『落ちこぼれ』 (理論社)
・茨木のり子 『見えない配達夫』 (日本図書センター)

合計1050円。『村上ソングス』は和田誠のイラストによって魅力が2倍になっている。村上春樹が「R.E.M.は長いあいだ僕のいちばん愛好するロック・バンドだったし、今でもそうだ。」(28頁)と書いているところが、個人的ツボだった。'Imitation of Life' の歌詞が「そうか、こういう全体の意味だったんだ」(30頁)と私もわかった次第。

水曜日。県立図書館へ。『アブサロム、アブサロム!』(岩波文庫)返すの忘れてた。3冊借りる。

・フランセス・イエイツ 『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』 (工作舎)
・高山宏 『新人文感覚1 風神の袋』 (羽鳥書店)
・山田稔 『別れの手続き 山田稔散文選』 (みすず書店)

最初の2冊を重ねるとちょっとした枕になる。『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』の冒頭部を読んでみたが、こんな訳でいいんでしょうか。なんだかちがうような気がする。原文の凛冽な文体とは似て非なるものなり。

木曜日。昼、「つけ蔵」でつけ麺。帰りに、ふと金澤20世紀書房に寄ってみた。2冊購入。

・鮎川哲也編 『怪奇探偵小説集③』 (ハルキ文庫)
・つげ義春 『愛蔵版 夏の思いで つげ義春作品集』 (中央公論社)

合計1045円。怪奇探偵小説集は②を探しているんだけどなあ。

土曜日の今日、マスターズ2日目終了。石川遼は予選落ち。午前中は仕事のようなことをし、昼から「春うらら市」へ。ちょっと吹雪いている。でも、けっこうな人で賑わっていた。品出しで忙しくされていたあうん堂さん、NYANCAFEさん、オヨヨさんにご挨拶。オヨヨさんの300円均一から1冊購入。

・朝日晃/野見山暁治 『佐伯祐三のパリ』 (新潮社)

そのあとオヨヨ書林タテマチ店にも行く。久しぶり。オヨヨさんは「春うらら市」の店番なので、アルバイトの女性の方がレジをされていた。2冊購入。

・川本三郎 『ネヴァーランドで映画を』 (駸々堂出版)
・ヘミングウェイ 『移動祝祭日』 (同時代ライブラリー)

合計600円。帰りにうつのみや書店へ。雑誌『ダ・ヴィンチ』はあんまり読まないが、最新号の特集は「京都で、本を。」なので買います。ピース又吉直樹氏が古書善行堂などを訪れている。夏葉社さんのエピソードに感涙。また、古本エンジン全開になった氏のガケ書房での買いっぷりがものすごい。「完全保存版」であります。

<今日のBGM>


[PR]

by anglophile | 2012-04-07 23:48 | 古本 | Comments(3)