<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2011年 08月 28日
中央線古本の旅
昨日は午前中に小松から羽田まで飛行機で移動。そのまま出張先となる新宿までJRで。もらっていた地図をよく見ると代々木と新宿の中間に位置していたので、手前の代々木で降りることにした。なぜなら駅前にブックオフがあったから。その前にかるく昼食をとる。出張先に歩いていく途中にブはあった。まずはウォームアップ。

・柴田元幸編訳 『紙の空から』 (晶文社)
・藤森照信/増田彰久 『建築探偵 奇想天外』 (朝日文庫)

小店舗だったので、あんまり在庫が多くなかった。まあよろし。出張先に向かう。13時半からだとおもっていたら、13時からだった。でもギリギリセーフ。なんと立派なビルなんだろう。中に入っていくと、係の方たちがおおぜいで道案内をされている。みなさん気合い入ってます。気合いが入ってないのは私だけのようで、やる気のないジャージ姿で視線を合わせないようにエレベーターにのる。会場となっている大教室にビシッとしたスーツ姿の係の方に案内されるジャージの私。胸を張って会場に入場してやった。

仕事の方は18時ごろまでつづき、それなりに収穫があったかな。その後、パリッとしたスーツ姿の方に引率されて宿泊先のホテルまでぞろぞろと移動。ホテルで部屋のカードキーを渡されてようやく解放された。

そのあと向かったのは、池袋の往来座。数日前にHPに写っていた新入荷棚にほしい本があったので確認しに行く。結局その本は値段が折り合わず買わなかった。決してわるい値段ではなかったんだけどなあ。他の棚には山本文庫が3冊ほどあって、そのうちの1冊を買おうかどうか迷ったがこちらも買わなかった。うーん、悩ましい。結局は、表の100円均一で以下のようなものを買う。

・川端康成 『万葉姉妹』 (集英社文庫)
・長嶋有 『エロマンガ島の三人』 (エンターブレイン)
・ジュンパ・ラヒリ 『見知らぬ場所』 (新潮クレスト・ブックス)

『万葉姉妹』はコバルト・シリーズの1冊。『エロマンガ島の三人』はカバー・装画がフジモトマサルさん。文庫版もほしい。

夕食を食べていないことに気づいたので、ドトールでミラノサンドBを食べてから、山手線で新宿へ戻ることに。でもなんだか物足りないので、目白で降りることにした。なぜなら駅前にブックオフがあったから。改札を出て左に行くとすぐにあった。まずまずの品揃え。105円から4冊。

・安岡章太郎 『もぐらの言葉』 (講談社文庫)
・狐 『水曜日は狐の書評』 (ちくま文庫)
・戸板康二 『最後のちょっといい話』 (文春文庫)
・『モンキービジネス 2008 Spring vol. 1』 (ヴィレッジブックス)

目白といえば、改札を出て右に行くと学習院大学がある。大学受験で入試を受けに来たことがあった。不合格だったけど。もう20数年前の話。なつかしかった。

-------------------------------------------
今日はホテルで朝食を食べてから、9時半にチェックアウト。新宿駅まで歩いて、中央線で高円寺へ。西部古書会館で「好書会」というのをやっているそうなのでのぞいてみることにした。東京の古書会館に行くのははじめて。古本の多さに圧倒されてしまう。表をかるく見てから、中へ。古書店主とおもわれる年配の方々がいらっしゃって緊張した。でも対応は丁寧で、入り口で荷物を預かってもらった。
c0213681_226294.jpg
どうしても文庫に目が行ってしまうのだが、単行本や古い本の方がたくさんあった。戦前の文芸誌なども見たこともないほど多くおかれていた。しばし時間のことを忘れる。

・武田泰淳 『蝮のすえ/「愛」のかたち』 (講談社文芸文庫) ¥100
・松崎天民 『銀座』 (中公文庫) ¥200
・川口松太郎 『鶴八鶴次郎』 (同上) ¥200
・山川方夫 『安南の王子・その一年 他六編』 (旺文社文庫) ¥300
・近代ナリコ 『ナリコの読書クラブ』 (彷徨舎) ¥100
・尾崎一雄 『沢がに』 (皆美社) ¥315
・サマセット・モーム 『作家の手帖』 (新潮社) ¥200
・生島遼一 『鴨涯日日』 (岩波書店) ¥200
・『モンキービジネス 2008 Summer vol. 2』 (ヴィレッジブックス) ¥210

1時間半ほどいたか、気がついたら昼をまわっていた。安い本しか買っていないのだが、ある本を買い逃したのが痛かった。いったん手に取りながらも棚に戻し、しばらくしてからもう一度その棚の前に行ったらもうなかったのだ。ちょっとした痛恨事。これも修行の一環とおもうことにして、次は阿佐ヶ谷へ。岡崎武志さんのブログだったかで紹介されていたコンコ堂に行ってみた。
c0213681_2261212.jpg
6月にオープンしたばかりのお店。表も中もオシャレな雰囲気だった。

・稲垣足穂 『カレードスコープ』 (潮出版社)
・稲垣足穂 『少年読本』 (同上)
・中村光夫 『今はむかし ある文学的回想』 (中公文庫)

などを買う。阿佐ヶ谷に縁の深い作家の本もたくさんあって勉強になりました。このあと近くの蕎麦屋で昼食。とろろご飯がおいしかった。

次は荻窪へ。一駅ずつ進んでいく。ここではまず南口を出てすぐにある岩森書店に寄ってみた。
c0213681_2263076.jpg
表の棚から1冊購入。

・古山高麗雄 『風景のない旅』 (文藝春秋) ¥300

和田誠の装幀がかわいらしい。

次は、そのまま道を進んで、ささま書店へ。前に一度来たことがある。
c0213681_2262136.jpg
まず100円均一が非常に充実している。自分を抑えるのが大変だった。店内にもあらゆるジャンルの本があり、品揃えがすばらしい。文庫の量もすごい。店内はけっこう奥行きがあり、全部見ようとしたら2時間ぐらいはいられるかも。ここでは以下の本などを買う。

・古山高麗雄 『点鬼簿』 (講談社)
・福原麟太郎 『命なりけり』 (文藝春秋新社)
・三木卓 『真夏の旗』 (あかね書房)
・荒川洋治 『醜仮廬』 (てらむら) ¥1050

そろそろ時間が押してきた。つづいて最後の目的地である西荻窪へ。まずはいつもブログを見ている盛林堂へ。南口を出て、商店街の通りを行くとある。
c0213681_2273045.jpg
そのブログでは毎回仕入れたばかりの本が写真入りで紹介されていて飽きることがない。私には手が届かない本がほとんどだが。お店の中に整然と並べられている本の質の高さはいうまでもなく、表の100円均一にもシブい作家の本がありついつい買いすぎてしまった。

・芥川比呂志 『決められた以外のせりふ』 (新潮社)
・福永武彦 『意中の文士たち 上・下』 (人文書院)
・阪田寛夫 『ピーター・パン探し』 (講談社)
・吉行淳之介 『四角三角丸矩形』 (創樹社)
・吉行淳之介編 『昭和文学よもやま話 十辺肇著作集より』 (潮出版社)
・山本健吉 『遊びといのち 山本健吉対談集』 (角川書店)
・山本健吉 『遊糸繚乱』 (集英社)
・山本健吉 『猿の腰かけ』 (同上)
・『彷書月刊 2007年7月号 特集 坪内祐三のアメリカ文学玉手箱』 (彷徨舎) ¥300

単行本ばっかりなので重たい。明らかに重量オーバーなのに、我慢できなかった。これでもちょっと抑えた方だ。こんなんだったら毎週来たいね。名残惜しく、次に向かうは北側にあるらしいなずな屋。このお店も岡崎さんのブログで紹介されていたとおもう。
c0213681_2273781.jpg
「紙モノ」と店の看板にあるように、マッチラベルや古い写真なども取り扱っているようだった。入って右側に文学棚があったが、その一画に岡崎さんと荻原魚雷さん出品の棚が設けられていた。わくわくするな、こういうの。岡崎さんの本から次の1冊を選ぶ。

・庄野至 『異人さんの賛美歌』 (編集工房ノア) ¥1000

この本はちょっと興味があったのでちょうどよかった。

そろそろ羽田に向かう時間になったので古本めぐりもここで終わりにしようとおもって、西荻窪の駅に戻ろうとしたら、その途中に小さな古本屋があった。来た道とちがう道を行ったのがよかった。
c0213681_2274281.jpg
TIMELESS という名のお店。表の立て看板に8月8日にオープンしたと書かれていた。店内には写真・美術系の本がたくさんあった。入り口の100円均一からあまり見かけない文庫を2冊買う。

・アラン・シリトー 『グスマン帰れ』 (集英社文庫)
・カミュ 『反抗の論理 カミュの手帖2』 (新潮文庫)

これにて中央線古本の旅が終了。持ってきた手提げ鞄はパンパンになった。体力も限界ギリギリ。でもやっぱり東京には1年に1回ぐらいは来たいな。
[PR]

by anglophile | 2011-08-28 22:09 | 古本県外遠征 | Comments(2)
2011年 08月 26日
図書館は口実でしかない
夏休みが終わりつつある。息子の読書感想文用に借りた本を返しに、玉川図書館へ。駐車場が「満車」だったので、いったん素通り。文圃閣へ。意外と近くにあることに気づいたのだ。今後は、図書館行くふりして文圃閣にこっそり寄るというのを秘技としたい。

文圃閣はやっぱりいいなあ。つねになにかいい本が見つかりそうな雰囲気がある。けっこう頻繁に仕入れもされているようで、店の横には段ボール箱が山積みになっている。じっくり棚を見、以下の3冊を購入した。

・福田蘭堂 『志賀直哉先生の台所』 (旺文社文庫) ¥250
c0213681_22294027.jpg
表紙にビビッときて、裏袖を確認したらやっぱり「カバー画 山高登」だった。志賀直哉の姿が絶妙である。

・栃折久美子 『モロッコ革の本』 (筑摩書房) ¥400
c0213681_22295029.jpg
よく見たら著者の署名入りだった。よしよし。

・松下竜一 『ルイズ―父に貰いし名は』 (講談社) ¥525
c0213681_23182930.jpg
『豆腐屋の四季』に続いて、来月文芸文庫に入るようだが、上記2冊がうれしかったので、調子に乗って買ってしまった。

いい本を買えたのがうれしくって、あやうく図書館に寄るのを忘れそうになる。そんなことだと、秘技の完成度が落ちるので注意すべし。

さて、明日東京出張の予定だが、のっびきならない個人的事情でもしかしたら取りやめになるかもしれない。決断は明日の早朝にするつもり。一方、東京はいま豪雨という。飛行機は着陸できるのだろうか。前途やや難である。
[PR]

by anglophile | 2011-08-26 23:46 | 古本 | Comments(0)
2011年 08月 25日
Handle with Care

[PR]

by anglophile | 2011-08-25 23:25 | 音楽 | Comments(0)
2011年 08月 24日
今週末のことなど
c0213681_29655.jpg

今週末は恒例の一箱古本市だが、わたしは東京出張のため参加できない。この出張については、もちろん東京に行けるというおいしい部分に飛びついたわけだけど、一箱の日とかぶっていることに気づいていなかったので、ちょっと不注意だった。これまで別の用事で出店できなかったときでも、みなさんの箱をのぞきにいくことはできていたのになあ。ちょうど1周年でもあるので、ちょっと残念だ。

さて、出店者プロフィールを見ると、今回はちょっと少なめ、まだ出店枠に空きがあるようだ。そのなかで、上関文庫さんの「講談社文芸文庫多めです」という言葉はものすごく気になるんですけど。東京に出張に行っている場合でないのかも。どこでもドアがほしい。あと、てってけ研究所さんも参加される! そのネーミングも秀逸ながら、「「マンガ」という呼び方をそろそろ換えてみてはどうか?」という言葉もかっこよすぎ。

来月は参加したいとおもっている。てってけ研究所さんではないけど、ちょっとマンガも入れてみたいと考えているがどうなるか。
[PR]

by anglophile | 2011-08-24 02:11 | 一箱古本市 | Comments(2)
2011年 08月 22日
Make my make believe, believe in me

[PR]

by anglophile | 2011-08-22 23:36 | 音楽 | Comments(0)
2011年 08月 20日
今日の古本
仕事の帰りに新刊書店に寄って、クーラーのきいた空間で居心地のよい椅子に座って、『en-taxi 』と『週刊読書人』の2つの対談を読む。どちらもおもしろかった。そのあと、もっとクールダウンしにいく。

・尾崎一雄 『閑な老人』 (中公文庫)
・室生犀星 『我が愛する詩人の伝記』 (同上)
・深沢七郎 『流浪の手記』 (徳間文庫)
・吉野孝雄 『過激にして愛嬌あり』 (ちくま文庫)
・種村季弘編 『泉鏡花集成 7』 (同上)
・高峰秀子 『いいもの見つけた』 (集英社文庫)
・池波正太郎 『きままな絵筆』 (講談社文庫)

なかなかいいところが買えたのでうれしいっす。『閑な老人』のカバーは山高登だった。いいなあ。
c0213681_181290.jpg

[PR]

by anglophile | 2011-08-20 18:02 | 古本 | Comments(0)
2011年 08月 18日
今週買った古本
甲子園が大詰めを迎えているが、今年は野球の「や」の字も知らないはずの妻が終日それをテレビ観戦しているのはどういうわけか。雪が降ってくれてもべつに構わないが、それがあまりにも不思議な光景なので、短い横槍を入れてみたら、彼女曰く、「高校生の涙がいいのよ! プロ野球とかだったら誰も涙なんて流さないでしょ」ということらしい。なんだかよくわからないが、そんなことよりも、もしこの流れを大切にしていけば、来年は「甲子園に行きたいなあ」などと言い出すかもしれない。そうしたら、案外また関西(古本)旅行のチャンスにありつけるかもしれない。その前に、春にはセンバツというのがあるではないか。もう勝ったも同然だ。ふふふふっ。

ところで、負けた高校のエースピッチャーが涙を堪えながら、ちゃんとクールダウンのためにベンチ前でキャッチボールをしているのを見ると偉いなあなんて思ってしまう。私も大阪・京都でたくさん古本を買いすぎた。ならばクールダウンが必要でしょ。ボールが古本になっただけで、原理的には同じはずだから。

・山川方夫 『愛のごとく』 (新潮文庫)
・高田博厚 『フランスから』 (講談社文芸文庫)
・野坂昭如 『童女入水』 (中公文庫)
・長谷川伸 『小説のタネ』 (同上)
・加藤剛 『海と薔薇と猫と』 (同上)
・種村季弘 『東京百話 天の巻』 (ちくま文庫)
・ボルヘス 『ブロディーの報告書』 (白水uブックス)
・寺山修司編 『旅の詩集 人生という長旅の時刻表』 (光文社カッパ・ブックス)
・長田弘 『世界は一冊の本』 (晶文社)
・色川武大 『ばれてもともと』 (文藝春秋)
[PR]

by anglophile | 2011-08-18 23:49 | 古本 | Comments(0)
2011年 08月 13日
京都で買った本
関西(古本)旅行最終日。午前11時にホテルをチェックアウトし、一路京都へ。高速道路のことはよく分からないのだが、名神ではなく第二京阪というのを使うとあっというまに京都に着いた。渋滞はなかった。そのまま下鴨神社をめざす。

正午過ぎに下鴨神社到着。北側の有料駐車場に車をとめる。時間を持て余しそうな妻と息子のことが気になるが、ガイドブックに載っていた団子屋に行きたいというのですばやく指示を出してやる。私はそのまま神社内部へ。見て回る時間は2時間は必要か。2人が団子屋に2時間もいるはずはないので、とにかく急ぐことに。
c0213681_170079.jpg
古本の量、古書店の数に圧倒されて視線が定まらない。はじめは1店1店見て回っていたが埒があかないので、均一を中心に見ていくことにした。すると調子が出てきた。
c0213681_1702559.jpg
こちらの「100円均一コーナー」はすでに枯れ気味だったので、先を急ぐ。
c0213681_16584818.jpg
赤尾照文堂では「単行本3冊500円」をやっていた。最初は1冊500円だったのだろうか。単行本、全集端本など、けっこういい品揃えだったので、3冊3セット分を購入。ツーベース。ここで団子屋から早くも引き上げてきた妻と息子に追いつかれてしまった。「ほら、お父さん、またあんなに本を抱えているよ」と妻が私の様子を息子に伝えているが、聞こえないふりをする。
c0213681_1659127.jpg
次に松宮書店。表の方は単行本200円コーナーだが、奥の方に文庫100円均一がひっそりとおかれていて、個人的にはこれが走者一掃のタイムリースリーベース。15冊ぐらい買う。妻と息子が完全に時間を持て余し始めたのであせってきた。弥縫策として、かき氷の可能性を示唆してみた。するとかき氷を探しに行ってくれた。このへんからもう均一以外は見ないようにしていく。すると、あっというまに南側の入り口付近まで来てしまった。
c0213681_16591512.jpg
竹岡書店のペーパーバックコーナーを発見。かなりの量だ。英語だけでなく、ドイツ語やフランス語のもかなりあった。蔵書印や書き込み本などもあったので、3冊1000円という値段設定がビミョーだが、せっかくだからなんか買いたい。ペンギンマークを中心にザッと見る。
c0213681_1742327.jpg
アーノルド・ベネットとか、なかなかシブいラインナップ。すぐにイタロ・ズヴェーヴォの『ゼーノ』以外の1冊を見つけた。次に、アルフレート・デーブリーンの『ベルリン・アレクサンダー広場』も見つける。これはうれしかった。最後の1冊が決まらない。レオン・エデルのヘンリー・ジェイムズ伝2巻本の第2巻だけあって食指が動いたが、なんだか中途半端なのでそれはあきらめて、結局書き込みのある分厚いシャーロック・ホームズ全集を選ぶことにした。

ここでほぼタイムアップ。駐車場で「かき氷食べ隊」と合流して下鴨神社をあとにする。ここで買った本は大体以下の通り。やっぱり文庫ばっかりだ。

・アントニイ・バージェス 『ナポレオン交響曲』 (早川書房)
・中井英夫 『薔薇幻視』 (平凡社カラー新書)
・尾崎士郎 『相撲を見る眼』 (ベースボールマガジン社)
・篠田一士 『樹樹皆秋色』 (筑摩書房)
・郡司利男 『アダムのへそ』 (桐原書店)
・池島信平 『文学よもやま話 下』 (文藝春秋)
・佐多稲子 『年譜の行間』 (中公文庫)
・中村光夫 『文学回想 憂しと見し世』 (同上)
・近藤富枝 『相聞 文学者たちの愛の軌跡』 (同上)
・安部公房 『榎本武揚 改版』 (同上)
・富岡多恵子 『さまざまなうた 詩人と詩』 (文春文庫)
・萩原朔太郎 『詩集 青猫』 (創元文庫)
・マキノ雅裕 『映画渡世・天の巻』 (角川文庫)
・井伏鱒二 『人と人影』 (講談社文芸文庫)
・種村季弘編 『東京百話 地の巻』 (ちくま文庫)
・加藤周一 『日本文学史序説 上』 (ちくま学芸文庫)
・森まゆみ 『明治東京畸人傳』 (新潮文庫)
・徳川夢声 『徳川夢声の問答有用1』 (朝日文庫)
・徳川夢声 『徳川夢声の問答有用2』 (同上)
・Alfred Döblin, Berlin Alexanderplatz (Penguin Books)
・Italo Svevo, A Life (同上)
・Arthur Conan Doyle, The Penguin Complete Sherlock Holmes (同上)

このあと念願の善行堂に向かうべく、銀閣寺方面へ。時間を持て余しそうな妻と息子に銀閣寺の可能性を示唆してみたら、興味を示した。銀閣寺手前のコインパーキングに車を置き、別行動の私はいざ善行堂へ。時間があまりないので急いだ。
c0213681_1745184.jpg
すでに写真などで見慣れた店構え。すべてが洒落ている。入り口の均一箱をチェックしてから中に入った。

店主の山本さんとお客さんが1人いらっしゃった。短い挨拶だけ申し上げて本棚を見せてもらうことに。買い取りされたとおもわれる本が所狭しと並べられていた。ときどき聞こえてくる山本さんとお客さんの会話に耳をピクピクさせながら、入り口付近の文庫棚に張り付く。やがて年配の別のお客さんが来店。常連の方のようで、下鴨で買われた本などについて話をされていた。結局20分ほど店内にいて、次の3冊を買わせていただく。

・庄野潤三 『水の都』 (河出文庫)
・『関口良雄さんを憶う』 (夏葉社)
・上林暁 『星を撒いた街』 (同上)

夏葉社の2冊、特に上林の短篇集はぜひ善行堂でとおもっていたのでうれしい。支払いを済ませるときに少し話をさせていただいた。今度はもっと時間に余裕があるときに来てみたい。

このあとコインパーキングまでもどって2人と合流。まだまだ行きたいところはあったが、今回はここまで。家に着いたのは午後10時をまわっていた。
[PR]

by anglophile | 2011-08-13 23:26 | 古本県外遠征 | Comments(8)
2011年 08月 13日
大阪で買った本
2泊3日の関西(古本)旅行から帰ってきた。最初の2日間は大阪に滞在した。最初から古本のことしか頭にない。馬と鹿を足したような頭の中身ではあるが気にしない。さて、「大阪まで来てまたブックオフかよっ!」という考えと、「大阪に来たからこそブックオフだぜい!」という考えの違いについて思いをめぐらしながら、結局は宿泊したホテルを拠点にその周辺のブックオフをまわるという安直な方向を選択してしまう私。本当はホントの古本屋にも行きたかったが、車があるということでついつい。ブックオフの携帯サイトでは地図で場所と店舗までの距離を確認できるのが便利なのだ。

最初は調子よくまわっていたが、そのうち疲労感と、めぼしい本に出会えないという徒労感が相俟って、なんだかひどく情けない気持になっていった。買えそうな本がほとんどなく、なかば惰性で棚を見て回るときほどつらいことはない。大阪まで来て何しているんだみたいな気持。後半は同じくらいの惰性で車を走らせていた。ちょっと反省。それでも買った冊数はそこそこ。あいかわらず文庫が多かったが。ちなみに、セールをやっている店舗もあったが、あんまり関係なかった。セールをやっている店に限って買える物がない。そんなもんですな。

・小山清 『落穂拾い・聖アンデルセン』 (新潮文庫)
・栃折久美子 『装丁ノート 製本工房から』 (集英社文庫)
・田村隆一 『インド酔夢行』 (同上)
・チャーチル 『第二次世界大戦1~4』 (河出文庫)
・塚本邦雄 『十二神将変』 (同上)
・安岡章太郎 『利根川・隅田川』 (旺文社文庫)
・くらじたかし 『マルサン-ブルマァクの仕事』 (文春文庫)
・塩山芳明 『出版業界最底辺日記』 (ちくま文庫)
・新井潤美編訳 『ジェイン・オースティンの手紙』 (岩波文庫)
・モーム 『ライザの初恋』 (講談社文庫)
・森敦 『わが青春 わが放浪』 (福武文庫)
・加藤郁乎 『後方見聞録』 (学研M文庫)
・唐十郎 『下谷万年町物語』 (中央公論社)
・イアン・マキューアン 『時間のなかの子供』 (同上)
[PR]

by anglophile | 2011-08-13 16:43 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2011年 08月 09日
関西古本の旅
明日から2泊3日で大阪へ旅行の予定。私以外の2名はUSJというところに行くそうだ。私は「単独行動権」のチケットを2枚持っているので、まあそういった感じで行動することになるだろう。明後日からは京都で古本祭りが始まるということなので、大阪から駆けつけたいとおもっている。じゃあ最初から京都に行けばいいじゃん、ということになるのだけれども、そうは問屋が卸さなくって、京都にかぎりなく近づけるということだけで多としなければならない。あと、車で行くのだけれど、大阪の道が全然わからないのがとっても心配。
[PR]

by anglophile | 2011-08-09 22:42 | 古本県外遠征 | Comments(0)