<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 31日
第9回一箱古本市@源法院
今回の一箱古本市は流しそうめんイベントとのコラボと相成った。
c0213681_21395.jpg

いつもは境内にも箱を並べるのだが、今回は全員門前に一列となって箱を並べた。
c0213681_2191529.jpg

わたしの箱はこんな感じでスタート。
c0213681_20401541.jpg
イベントがあるため、最初からお客さんがどんどんやって来る。5冊まとめ買いの方が2人いらっしゃり、好調な出だしとなった。やがて11時になり、注目の流しそうめんがはじまる。なんと無料!
c0213681_2153640.jpg
もしかしたら、生まれて初めて流しそうめんというものを生で見たかも。めんつゆは輪切りにした青竹の入れ物に入っている。どこからそうめんが流れてくるかというと、それは上方にいる係の方が流している。
c0213681_21155320.jpg
そうめんハンターのみなさんがもれなく流れてくるそうめんを掬っていくわけだが、掬えなかったそうめんはちゃんと末端に据えてある笊に落ちるようになっている。
c0213681_21221380.jpg
この笊の中に落ちた1本1本のそうめんが山をなし、やがて大盛りそうめんになっていく。その大盛りそうめんに箸を入れるのは御法度だろう。もれなく係の方がその笊を上方にいる流し役の係にリレーする。

息子といっしょにおいしいそうめんをいただき、ちょっと早い昼飯とした。とにかくお客さんがひっきりなしに訪れる。さすがソーメン効果。本も順調に売れていく。お客さんが多くて、他の出店者の方たちの箱を見るヒマがなかったが、少し落ち着いたところでひとまわりする。

<ドサ草にまぎれて買った本>
・鼓直編 『ラテンアメリカ怪談集』 (河出文庫) ¥200 ※でっぱウサギの本さん
・種村季弘 『増補 ナンセンス詩人の肖像』 (筑摩叢書) ¥500 ※オヨヨ書林せせらぎ通り店さん
・薄田泣菫 『太陽は草の香がする』 (春陽堂文庫) ¥800 ※あうん堂さん
・ブコウスキー 『ポスト・オフィス』 (幻冬舎アウトロー文庫) ¥200 ※おろおろ散歩道さん
・ブコウスキー 『詩人と女たち』 (河出文庫) ¥200
・悠玄亭玉介 『幇間(たいこもち)の遺言』 (集英社文庫) ¥200
・色川武大 『無職無宿虫の息』 (講談社文庫) ¥200

調子に乗っていっぱい買ってしまった。でっぱウサギさんの今回の箱は「こわい本特集」だった。おなじみのラテンアメリカの作家の短篇がたくさん収められた怪談集を迷わず買う。『ナンセンス詩人』はちくま文庫版を昨年買いそびれたまま、結局一度も目にしていないので、ここはもう筑摩叢書版をキープしておくことにする。あうん堂さんの箱には古い戦前の文庫が何冊かあった。『太陽は草の香がする』は題名に惹かれ、薄田泣菫でもあることだし、ちょっと高かったけどいい買い物だったとおもう。こういう文庫本に出会える幸せを大切にしたい。おろおろさんの箱にはいつもご自身こだわりの作家の本が並ぶので注目している。今回はブコウスキーの文庫がたくさん出ていた。持っていない2冊を選ぶ。『幇間(たいこもち)の遺言』は、この前読んだ「旋毛曲りの本」に、尾崎紅葉の父親が幇間で、でも紅葉はそのことをあまり人に知られたくなかったということが書いてあったので、ちょっと勉強のために買ってみた。そういえば、源法院と目と鼻の先にある泉鏡花記念館では尾崎紅葉関係のイベントをやっていたが、なんと期日が今日までだった。あらららら。

そうめんイベントは夕方の19時まで続くようだったが、一箱の方は16時でお開きになった。雨が降る可能性も少し残っていたし、けっこう暑さで体力が消耗していたので、ちょうどいい頃合いだった。皆様ごくろうさまでした。愉しいひとときどうもありがとうございました。本の方も、結局40冊以上売れて大満足。そうめんはもともと好きだったが、これからは今以上に食べることとしよう。

<売れた本一覧>
・角田光代 『八日目の蝉』
・森茉莉 『贅沢貧乏』
・ブラッドベリ 『とうに夜半を過ぎて』
・小松左京 『役に立つハエ 小松左京ショートショート全集③』
・井伏鱒二 『井伏鱒二対談集』
・恩田陸 『小説以外』
・山村修 『禁煙の愉しみ』
・川上弘美 『真鶴』
・鴻巣友季子 『翻訳のココロ』
・米原万里 『ガセネッタ&シモネッタ』
・米原万里 『真昼の星空』
・米原万里 『真夜中の太陽』
・堀江敏幸 『雪沼とその周辺』
・村上春樹 『村上ラヂオ』
・フィリップ・ロス 『乳房になった男』
・『ちくま日本文学全集 尾崎翠』
・『ちくま日本文学全集 深沢七郎』
・内田百閒 『御馳走帖』
・内田百閒 『ノラや』
・小池昌代 『タタド』
・平松洋子 『買物71番勝負』
・吉行淳之介 『文章読本』
・白洲正子 『心に残る人々』
・西村賢太 『どうで死ぬ身の一踊り』
・西村賢太 『二度はゆけぬ町の地図』
・手塚治虫 『ネオ・ファウスト』
・海野弘 『ドラゴンの系譜』
・ヴォネガット 『タイタンの妖女』
・コクトー 『大胯びらき』
・吉田篤弘 『百鼠』
・カルシア=マルケス 『ママ・グランデの葬儀』
・内田樹 『街場の現代思想』
・グレゴリ青山 『旅で会いましょう。』
・須賀敦子 『地図のない道』
・いしいしんじ 『アルプスと猫 ごはん日記3』
・村上春樹 『若い読者のための短編小説案内』
・桜庭一樹 『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』
・小林信彦 『コラムは笑う』
・ジュール・ヴェルヌ 『氷のスフィンクス』
・ポール・オースター 『ナショナル・ストーリー・プロジェクト①』
・石川九楊 『現代作家100人の字』
・かいけつゾロリ×1冊
c0213681_22154635.jpg

[PR]

by anglophile | 2011-07-31 22:47 | 一箱古本市 | Comments(0)
2011年 07月 30日
花火大会
c0213681_142486.jpg

c0213681_1425647.jpg

c0213681_1432543.jpg

[PR]

by anglophile | 2011-07-30 23:39 | 雑記 | Comments(0)
2011年 07月 28日
県外遠征
今日は、別に行く必要もないような出張の権利をまんまと獲得してやり、久しぶりに富山へ行ってきた。出張の内容は午後3時から5時までそこにいればいいうというもの。たった2時間のためにわざわざ県外まで行くのにはわけがあるのだよ、ふふふふふ。

気合いを入れて午前9時に家を出ようとしたら、妻から「富山まで6時間もかからんだろ!」と軽いジャブが飛んできたので、「富山は遠いんだよ、富山は」と小学生にも見破られそうなウソを言ってみた。すると、「ふんっ、なに言ってんのよ。どうせまた古本でしょ」と間髪入れずに得意の右ストレートで勝負あり。横にいた小学生の息子はニヤニヤしていた。

出張場所は富山市だったが、まず高岡に寄って、2週間ほど前にオープンしたブックオフ鐘紡店を偵察。中型店舗ということだったが、けっこう広く感じた。が、オープンから2週間経っているので、あまりめぼしいものはなかった。そのあと高岡市内のもう1つの店舗をのぞいてから富山市へ。カーナビというのは持っていないので、いつも場所を探し当てるのに苦労する。途中、道に迷って彼方此方彷徨っていたら、突然目の前に小さな古本屋が現れたので反射的に車を停めたが、残念ながら閉まっていた。気になるなあ。今度来れるのはいつになるやら。

さて、時間ギリギリまでねばった結果、なんとかそこそこの収穫を得た。

・保坂和志 『小説の自由』 (新潮社)
・保坂和志 『「三十歳までなんか生きるな」と思っていた』 (草思社)
・鈴木いづみ 『鈴木いづみコレクション2 短編小説集 あたしは天使じゃない』 (文遊社)
・グレゴリ青山 『旅で会いましょう。』 (メディアファクトリー)
・ダニロ・キシュ 『若き日の哀しみ』 (東京創元社)
・リディア・デイヴィス 『ほとんど記憶のない女』 (白水社)
・ジャック・ケルアック 『禅ヒッピー』 (太陽社)
・川本三郎 『都市の感受性』 (ちくま文庫)
・堀江敏幸 『回送電車』 (中公文庫)
・佐伯一麦 『鉄塔家族 上・下』 (朝日文庫)
・大庭みな子 『津田梅子』 (同上)
・阿部和重 『シンセミア Ⅳ』 (同上)
・青山南 『外人のTOKYO暮らし』 (同上)
・ロアルド・ダール 『あなたに似た人』 (ハヤカワ文庫)

ダニロ・キシュは読んだことはないが、むかし向こうの文芸誌 Review of Contemporary Fiction のオースター特集号を買ったときに、たまたまその同じ号で同じように特集されていたので名前だけはおぼえていた。ケルアックの『禅ヒッピー』はタイトルがすごいな。文芸文庫の方は、原題そのまま『ザ・ダルマ・バムズ』となっている。どっちがいいかと訊かれれば、禅ヒッピーかもしれない。『鉄塔家族』は単行本を持っているが、解説が坪内祐三さんなので買っておく。『シンセミア』は4分冊のうちの4冊目だが、マイケル・エメリックの解説が収められているので買っておく。『外人のTOKYO暮らし』は、著者が日本に住む様々な職業の外国人を取材してまとめたもの。荻窪で古本屋をやっている人が紹介されていて興味深い。
[PR]

by anglophile | 2011-07-28 23:50 | 古本県外遠征 | Comments(5)
2011年 07月 24日
夏休みは洋書三昧
仕事柄、大修館から出ている月刊誌『英語教育』を手にとることがある。8月号の特集は「夏休みは洋書三昧~思い出の本・おすすめの本」である。20人の「洋書読みの達人たち」がおすすめの本について書いている。そのうち、文学畑の人たちの記事を抜いておく。


<斎藤兆史>
 普通にイシグロを読むなら、ブッカー賞受賞作 The Remains of the Day (1989) か Never Let Me Go (2005) を勧めるところだが、夏休みに1冊読破するとしたらこれがいい。一抹の気味の悪さを含んだ不条理な小説。英語はやさしい。
・Laurence Stern, Tristram Shandy
・Jane Austen, Pride and Prejudice
・Sir Walter Scott, Ivanhoe
・Charles Dickens, David Copperfield
・Charles Dickens, Great Expectations
・Rudyard Kipling, Kim
・Malcolm Lowry, Under the Volcano
・J.R.R.Tolkien, The Lord of the Rings
・A.S.Byatt, Possession: A Romance
・Kazuo Ishiguro, The Unconsoled


<柴田元幸>
 最近は夏休みといっても中高教師の仕事はどっさりあって、しっかり休めると思ったら大間違いだが、かりに自分が英語教師で、奇跡的に少し休みがとれて、直接仕事に関係ない本が読める時間ができたら何を読みたい/再読したいか、想像しながら選んでみる。
・Jonathan Swift, Gulliver's Travels
・Laurence Stern, The Life & Opinions of Tristram Shandy
・Bernard Malamud, The Assistant
・Paul Auster, Moon Palace
・Kazuo Ishiguro, The Remains of the Day
・Paul LaFarge, The Artist of the Missing
・Mark Twain, Adventures of Huckleberry Finn


<都甲幸治>
 10年前、30歳を過ぎてアメリカの大学院に留学した僕は、あまりにも切ない日々を過ごしていた。授業で交わされている会話は聞き取れず、もちろん議論についていけず、スーパーのレジのおばちゃんに話しかけられても気後れするばかりで会話が成り立たない。それまで英語ができるつもりでいたのに、気づいたらミツワという日系スーパーの古本屋で日本の文庫本を立ち読みし、ネギトロ丼のもとを買って帰り、涙を流しながらご飯を炊いて一人で食べるという日々だった。
・Junot Diaz, The Brief Wondrous Life of Oscar Wao

都甲氏の記事は、半分自分の訳書の宣伝も兼ねているのが少々商業的だが、一方で「日系スーパーの古本屋で日本の文庫本を立ち読み」する姿には共感を覚える。オスカー・ワオはやっぱりおもしろそうだ。
[PR]

by anglophile | 2011-07-24 22:10 | 読書 | Comments(0)
2011年 07月 22日
今日買った古本
明日と明後日は不条理な出勤日。代休とかいらないから休みの日を出勤日にすんなよな、モ~。牛になってやる、見ておれよ。

さて、今日はめずらしく妻が飲み会ということで、夕方金沢駅前までお送りする。その後、周辺のブックオフをまわってきた。

・大西巨人 『神聖喜劇 第一巻』 (光文社文庫)
・アイザック・アシモフ編 『恐怖のハロウィーン』 (徳間文庫)
・藤原マキ 『幸せって何? マキの東京絵日記』 (文春文庫)
・佐藤亜紀 『1809 ナポレオン暗殺』 (同上)
・ニック・ワイス編 『カート&コートニー リアルワーズ』 (シンコー・ミュージック)
・『yom yom vol.20』 (新潮社)

全五巻ある『神聖喜劇』は、阿部和重が解説を書いている第二巻がほしいが、まずは第一巻から。『恐怖のハロウィーン』は短篇アンソロジー。好きなイーディス・ウォートンの「万霊説前夜」という短篇が収められている。シブいです。藤原マキの文庫も収穫。なぜか105円ではなかったが当然買います。
[PR]

by anglophile | 2011-07-22 23:59 | 古本 | Comments(0)
2011年 07月 21日
It Might Get Loud
c0213681_5472868.jpg
前から気になっていたこのDVDをアマゾンUKから購入した。YouTube に上がっているシーンを見て興味を持ったのだが、主なシーンはその YouTube でほとんど見れるので、わざわざ買う必要もなかったかも。まあでも全編を通して見るとまた印象がちがうのでオッケーです。内容に関して注文をつけるならば、3人揃ったセッションをもっと多くじっくり見たかったかも。ちょっと散漫に感じる部分もあった気がする。でもまあ最後にザ・バンドの「ザ・ウェイト」を3人で歌っているので満足は満足である。ちなみに、これだけのメンツなのに日本では公開されていないらしい。

一番若いジャック・ホワイトについてはほとんど知らなかったが、なかなかのキャラクターで、ギターについての熱い思いは他の2人に負けていない。ホワイト・ストライプスのCDをブックオフで買おうとおもっているが、それほど安くなっていないのでまだ買っていない。

ところで、11月にクラプトンが金沢にやってくるらしい。スティーブ・ウィンウッドを引き連れて。これはすごい(はず)。とはいえ、それほど興味は持っていないのでスルーである。その前にチケット自体が取れないのではないか。ちなみに、数年前にはジェフ・ベックが来ている。ジェフ・ベックはほとんど聞いたことがないので当然スルーしたが、知り合いのギターマニアたちはちゃんと聞きに行っていた。ということはチケットは意外と手にはいるのか。そんなことよりも、この流れでいくとするならば、ジミー・ペイジが金沢にやってくることもありえるということだ。もしそうなったら、絶対にチケットは取りたいなあ。

さて、最後のエンドクレジットに合わせて3人が歌う「ザ・ウェイト」の映像を上げておこう。歌っているのは、エッジとジャック・ホワイトで、ジミー・ペイジは歌っていない。このシーンに入る前のリハのシーンで、3人でギターのコードを確認しているのだが、そのときにペイジは「俺は歌えないから2人で歌ってくれ」みたいなことを言っているのがおもしろかった。ジミー・ペイジはやっぱり歌うのは苦手なのか。


[PR]

by anglophile | 2011-07-21 22:04 | 音楽 | Comments(2)
2011年 07月 18日
三連休の記録
<土曜日>
祖母の一周忌ということで実家に帰る。夜は親戚の人たちと合わせて10人ほどで和倉温泉の旅館に泊まった。世話をしてくれた仲居さんが「天然」な人で、大笑いさせてもらった。「カマスは京都ではハモと言うんです」と言ってみたり、料理の最後に出てくるとろろ蕎麦を「うどんですよ」と言って持ってきたり、久しぶりにサイケデリックな夜だった。

<日曜日>
和倉からは妹夫婦の車に同乗して帰ってきたが、途中に七尾のブがあり、ひとり車中でそわそわ、視線が泳ぐ。私以外はそれに関心がないのだよ。いったん実家に戻ってから、自分の車で再度七尾へ。まずまずの収穫。

・J.ロンドン 『試合 ボクシング小説集』 (現代教養文庫)
・J.G.バラード 『コカイン・ナイト』 (新潮文庫)
・安岡章太郎 『私の墨東綺譚』 (同上)
・岡井隆 『現代短歌入門』 (講談社学術文庫)
・稲垣足穂 『ヰタ マキニカリス Ⅱ』 (河出文庫)
・楳図かずお 『恐怖への招待』 (同上)
・岡崎武志 『昭和三十年代の匂い』 (学研新書)

ジャック・ロンドンのこういう文庫が出ていたんだなあ。教養文庫は奥が深い。

<月曜日(本日)>
車検のため午前中ディーラーへ。家に戻るふりをして、代車で近くのブへ偵察に行く。3連休なのでセールでもやっているかとおもったが、なんにもなし。

・峯田和伸 『恋と退屈』 (河出書房新社)
・塩見鮮一郎 『江戸の非人頭 車善七』 (河出文庫)
・加藤幹郎 『ヒッチコック 『裏窓』 ミステリの映画学』 (みすず書房)

ところで、車検代は安い古本2000冊分以上になる予定。妻に訊いてみた。車検と古本2000冊、どっちがいいかと。すると、彼女は「車検」と答えた。不正解、残念。
[PR]

by anglophile | 2011-07-18 22:12 | 古本 | Comments(2)
2011年 07月 15日
今日もらった古本
某所で古本を無料でいただけるということで、シッポをふりふりちょっくら行ってきた。猛暑を忘れさせてくれるほどの本はなかったが、あんまり見かけない文庫などがあってまあまあ楽しめた。

・島尾敏雄 『日を繋けて』 (中公文庫)
・島尾敏雄 『夢の中での日常』 (角川文庫)
・大庭みな子 『オレゴン夢十夜』 (集英社文庫)
・デュラス 『タルキニアの子馬』 (同上)
・白洲正子 『心に残る人びと』 (講談社文芸文庫)
・石垣りん 『ユーモアの鎖国』 (ちくま文庫)
・田村さと子編訳 『ラテンアメリカ詩集 世界現代詩文庫7』 (土曜美術社)

夕食後、季節限定商品(?)「ライム&ミント グリーン ティー フラペチーノ」目あてにSバックスに行く予定だったが、夕食にビールを飲んでしまい、あえなく断念。おほほ~ん(← たぶん使い方がちがうとおもう)。

昨日から全英オープンが始まっている。今晩は(も)少し夜更かししてやろう。
[PR]

by anglophile | 2011-07-15 23:26 | 古本 | Comments(0)
2011年 07月 13日
男の身だしなみ
今日は県立図書館に本を返しに行ってきた。その帰りにちょろっと某所へ。おもしろい雑誌があったので買ってきた。以下、興味本位にご紹介。
c0213681_2295342.jpg

こんな「デラックス」な雑誌があったんですねえ。この号は昭和52年の12月号である。昭和52年、私はぴっかぴかの1年生だった。1ページ目に植草甚一が載っている。
c0213681_311840.jpg

ニューヨークの街角で買ったというこの皮のカバン、ほしい。このあと、開高健の「パイプ」などがつづく。そして、さらにページをめくっていくと、衝撃的な写真が載っていた。
c0213681_249012.jpg

「装える七人の男たち」といういかにもなタイトルで括られた七人の男たち。右から6人目までよしとするが、左端の方だけ違和感アリ。このページは「コート」の特集だが、さらにこのあと「Sportswear」、「Town Wear」(はじめて聞く言葉だった)、「Jeans」とつづく。「Sportwear」では、みなさんテニスウェアをお召しになっており、右から6人目まではよしとしますが、左端の方だけやはり違和感アリ。(写真紹介は自粛)

このあと「世界のベストドレッサー」の一人として、クレー射撃の名手で、この前年にモントリオール五輪にも出場した、吉田茂元総理の孫のスナップショットも載っていたりと、ネタ満載の一冊となっております。
[PR]

by anglophile | 2011-07-13 23:43 | 古本 | Comments(0)
2011年 07月 12日
Glenn Gould - Bach, The Art of Fugue, Contrapunctus IV

[PR]

by anglophile | 2011-07-12 22:55 | 音楽 | Comments(0)