<   2011年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 31日
今日買った本
今日は半額セールをやっているという店へ。

・山田正紀/恩田陸 『読書会』 (徳間文庫)
・荒俣宏 『日本橋異聞』 (光文社知恵の森文庫)
・山本健吉 『正宗白鳥』 (講談社文芸文庫)
・嵐山光三郎 『悪党芭蕉』 (新潮文庫)
・向田邦子 『向田邦子全対談』 (文春文庫)
・寺山修司 『寺山修司青春歌集』 (角川文庫)

『寺山修司青春歌集』の解説を中井英夫が書いている。シビれた。
 いったい、十六年という歳月は、長いのか短いのか、どちらだろう。むろん作者にとっても、それはどうともいえないはずだが、変貌という点ではめざましく、出現の当時が十八歳、早稲田の教育学部の学生だったのが、現在は劇団天井桟敷の主催者で前衛演劇の中心人物となり、その成果を世界の各国に問うているのを見ても肯けよう。一方、千年の歴史を持つ短歌の中においてみると、その年月は、あたかも掌から海へ届くまでの、雫の一たらしほどにもはかない時間といえる。だがこの雫は、決してただの水滴ではなく、もっとも香り高い美酒であり香油でもあって、その一滴がしたたり落ちるが早いか、海はたちまち薔薇いろにけぶり立ち、波は酩酊し、きらめき砕けながら「いと深きものの姿」を現前させたのだった。
 もともと薫ずるもの、匂い立つもの、彩色のことにも豊かなものが芸術の甦りには必須の条件であり、老化し沈滞したとみるまに、また新しい斧が一ふりされて風景は一変するというのが、これまで変革のたびになされてきたことだが、寺山修司の出現した一九五四年までの歌壇は、老化を神聖とし、沈滞を深化と勘ちがいするほどに長老が絶対権を持った部落であった。五十代で中堅、三十代でようやく新鋭という厳密な序列の支配するそこへ、この十代の若者は、まさに青春の香気とはこれだといわんばかりに、アフロディテめく奇蹟の生誕をした。(186-7頁)

[PR]

by anglophile | 2011-05-31 20:26 | 古本 | Comments(0)
2011年 05月 30日
第7回一箱古本市@源法院 (雨 ver.)
第7回一箱古本市@源法院の本日は、あいにくの雨となった。気温も少し低め。さすがに外で店は出せないので、本堂内で開催された。昨年の11月の古本市のときも本堂内開催だった。あのときは寒くって、出店数も少なかったように記憶しているが、今回は15箱揃ったようで、本堂内は目一杯といった感じになった。あとでよく思い出したら、今回の出店場所はあのときと同じであった! だから写真のアングルも同じなり。
c0213681_19265615.jpg
開始までの時間、箱に本を並べる一方で、出店者の方々にご挨拶申し上げる。今年初参加の September Books さんからは、「ブログ読んでますよ」と声をかけていただきました。ありがとうございます。また、私の左隣には、先日このブログにコメントをいただいたでっぱウサギさんがいらっしゃり、右隣には3月に龜鳴屋さん宅でお会いした九月堂さんがいらっしゃいました。九月堂さんは今回初出店ということでした。本好きの方たちに囲まれて、なんだかいい本に出会えそうな予感がしてきましたよ!

10時になっていよいよ開幕。開始に合わせて、お客さんが何名かいらっしゃる。そのなかには実店舗を出されたばかりの高岡の上関文庫さんもいらっしゃり、ものすごい勢いで本を買われていく。私の箱からも1冊買っていただきました。近々、上関文庫さんのお店にも遠征したいものです。そのためには、まず小遣いを貯めなくては!

外は相変わらずの雨。ときどきバケツ雨になったりで、止むつもりはないらしい。一緒に連れてきた息子も怪傑ゾロリが売れないといってこぼしております。親父は親父で、他の方々の箱の中身が気になり始め、息子の愚痴をテキトーに聞き流す。で、堂内が少し落ち着いたところで、とうとう自制できなくなり、私も他の方の箱を見て回ることにした。

まずは、お隣の九月堂さんから。映画特集の雑誌を何冊か持って来られたということで、それらを見せてもらう。そうしたら個人的にずうっと探していた雑誌とめぐりあうことができた。
c0213681_19115012.jpg
c0213681_23423332.jpg
『BRUTUS』の1991年8月1日号と12月1日号である。この2冊、20年前に私も買っていたのだった。大学3年生だったなあ。懐かしくって涙が出てくる。引っ越しとともにどこかに行ってしまい、それ以来何度か古本屋などで探したことがあったけれど見つけられなかった。それがこんな形で再会できるなんて感激である。

矢追純一という名前が時代を感じさせる。あの頃、UFOが好きでした。また、中井英夫の「ブニュエル論」は、当時中井英夫という人がどういう人なのか知らずに読んでいた。さて、このなかで、特に印象に残っているのが、8月1日号のピーター・バラカンの「この映画、私にはとてもわかりません。」だ。ピーターさん、20年前はけっこうトンガっていたんですね。
あの傑作といわれる『去年マリエンバートで』がそうだね。金払って観た映画ファンとして怒り狂った。同じシーンを何回も繰り返して、もっと面白いやり方があるだろう! それに初期以外のゴダールもちょっとカンベンしてほしい。ああいうのってわざと分からなくしてるというか、トリッキーなことやってるだけって気がしちゃう。技術的なことを詳しく分かって自慢してる奴がいるけど、無意味だね。そんなことどうでもいいから、もうすこし分かりやすい映画を作ってほしいよ。(43頁)
正直なところがよろしい。この記事を読んでから、『去年マリエンバートで』のことが気になってしかたなかった。数年後にようやく観ることができたとき、ムフフフといった感じで観た。たしかにわけのわからない映画だったけど、それはバラカン氏の言葉通りのわけのわからなかさだったので、逆に楽しめたのだった。いい思い出。ロブ=グリエの脚本なんかも探したりしたけど、見つからなかったなあ。

というような青春感傷に耽ることができただけでも、今回出店してよかったとおもう。九月堂さんには本当に感謝です。さらに2冊買わせていただきました。

・『流行通信 HOMME 1992年1月号』 (流行通信社) ¥200
・開高健 『開高健エッセイ選集 白いページ』 (光文社文庫) ¥300

続いて、常連の「青葉繁商会」さん。あれっ、今回は出店名がちがうんですね。配布されていた「一箱古本市通信」のプロフィール欄を読み納得。どの本も大切な思い出の詰まった本であることがわかりました。山に関する本がたくさん並ぶ素敵な箱だったが、そのなかに山以外のシブい本があった!

・コナン・ドイル/E・A・ポオ 『世界大ロマン全集16 マラコット深海/ゴードン・ピムの冒険』 (東京創元社) ¥200
・土門拳 『風貌』 (普及版、アルス、昭和29年) ¥200
c0213681_015572.jpg
昔の本なので状態はあまりよくないが、これぞ古本!といった風格の漂う本でした。大切にします。

次に、でっぱウサギさんのところへ。少しお話させていただく。でっぱウサギさんはミステリにもお詳しいようだった。いつも出されているCDにもシブめのものがあった。こちらでは文庫本を1冊購入。

・横溝正史 『獄門島』 (角川文庫、昭和46年初版) ¥500

また背が白いのと出会えた。何種類ぐらいあるのだろう。今度でっぱウサギさんに訊いてみよう。

結局、昼をまわっても雨は降りつづき、お客さんの数はこれまでで一番少なかったかもしれない。売り上げ的にはなかなか厳しい一日となった。でも、個人的には、買う方で満足できたのでよかった。こんなときもあっていいとおもう。

終了後、あうん堂さんに打ち上げに誘っていただいたが、結局都合がつかず出席できませんでした。申し訳ありません。

最後に、買っていただいた本は以下の通り。

・前田愛 『増補 文学テクスト入門』 (ちくま学芸文庫)
・海野弘 『陰謀の世界史』 (文春文庫)
・海野弘 『スパイの世界史』 (同上)
・ガルシア=マルケス 『予告された殺人の記録』 (新潮文庫)
・忌野清志郎 『忌野旅日記』 (同上)
・三浦しをん 『しをんのしおり』 (同上)
・万城目学 『鹿男あをによし』 (幻冬社)
・開高健 『生物としての静物』 (集英社文庫)
・虫明亜呂無 『肉体への憎しみ』 (筑摩書房)
・ビル・クロウ 『さよならバードランド』 (新潮文庫)
・斎藤環 『戦闘美少女の精神分析』 (ちくま文庫)
・コリン・ウィルソン 『アウトサイダー』 (集英社文庫)
・村上春樹 『走ることについて語るときに僕の語ること』 (文藝春秋)

もう1冊売れたのだが、書名を控えなかったのでわからない。購入いただいた方に感謝です。次回は6月26日(日)。晴れますように。
c0213681_19285814.jpg

[PR]

by anglophile | 2011-05-30 01:47 | 一箱古本市 | Comments(2)
2011年 05月 28日
明日は一箱古本市
今月の一箱古本市もいよいよ明日に迫ってきた。なのに、空模様が怪しい。降水確率80%って。悔しいのでブへ。

・福田和也 『現代文学』 (文藝春秋)
・白洲正子 『夢幻抄』 (世界文化社)
・ドリス・レッシング 『草は歌っている』 (晶文社)
・『現代歌人文庫 中城ふみ子歌集』 (国文社)
・『現代俳句の世界16 富澤赤黄男 高屋窓秋 渡邊白泉集』 (朝日文庫)

c0213681_1975766.jpg

これから値付け作業をします。
[PR]

by anglophile | 2011-05-28 19:13 | 一箱古本市 | Comments(0)
2011年 05月 27日
ぼんじゅ〜る、ふらんす 鹿島茂×堀江敏幸
池袋のジュンク堂で開かれたという鹿島茂さんと堀江敏幸さんのトークイベントの模様が白水社経由で YouTube にアップされていた。

http://www.hakusuisha.co.jp/news/2011/05/post_326.html

堀江さんのデビュー作『郊外へ』にまつわるエピソードなど、お二人がどのような形で知り合われたかという話がおもしろかった。
[PR]

by anglophile | 2011-05-27 23:28 | その他 | Comments(0)
2011年 05月 26日
書中日記
坪内祐三『書中日記』(本の雑誌社)は、古本スパイスが効いていてとてもおもしろい。遅れてきた読者である私は、このシリーズを買うのははじめて。『本の雑誌』自体に目が行くようになったのもここ1年くらいのこと。だから、それを計画的に読むという習慣は身についていない。が、立ち寄った本屋で、ときどき思い出したようにして、この雑誌に連載されている荻原魚雷さんの小さなコラムと坪内さんのこの日記を立ち読みすることはある。

日記形式ということで書くスペースは限られているはずだが、買った本の中から気になった一節を大胆にスペースを使って引用しているところが、逆にこちらの興味をかきたててくれる。洋書もずいぶんと買っていらっしゃる。雑誌『ニューヨーカー』も定期購読されている。アルフレッド・ケイジン(Alfred Kazin)などの名前が出てくる。名前の挙がっている洋書を自分も注文したくなる。さしあたって、『ザ・ボブ・ディラン・リーダー』(Studio A: The Bob Dylan Reader)、『パリス・レヴュー インタヴュー集成』(The Paris Review Interviews)、ケイジンの一巻本選集(Alfred Kazin's America: Critical and Personal Writings のことか)などは、ぜひ読んでみたい。

当然のことながら、ほかの『~日記』シリーズも読みたくなった。でも、その前に、パラパラ読みで済ませてあった『古本的』(毎日新聞社)にもう一度目を通してみることにしよう。

あと、ウェルネスバーガーというのは未見である。
[PR]

by anglophile | 2011-05-26 07:10 | 読書 | Comments(0)
2011年 05月 25日
今日買った本
・獅子文六 『娘と私』 (新潮文庫)
・大庭みな子 『がらくた博物館』 (文春文庫)
・久世光彦 『ニホンゴキトク』 (講談社文庫)
・斎藤茂太、北杜夫 『この父にして 素顔の斎藤茂吉』 (同上)
・中島河太郎編 『新青年傑作選 君らの狂気で死を孕ませよ』 (角川文庫)
・森銑三 『松本奎堂』 (中公文庫) ¥210
・足立巻一 『やちまた 上・下』 (朝日文芸文庫) ¥525
[PR]

by anglophile | 2011-05-25 19:41 | 古本 | Comments(0)
2011年 05月 22日
ポッケまーと
今日は昼過ぎから、武蔵ヶ辻の横安江町にある金澤表参道で開かれる「ポッケまーと」へ。あうん堂さんとNYANCAFEさんが古本を出されるということで行ってきました。妻の車で送ってもらったが、例によって、到着してからカメラを忘れたことに気づく。

会場となっている場所は、かつて「横安江町アーケード街」と呼ばれていたはずだけど、いつのまにか「金澤表参道」という名称に変わっていた。知らなかったなあ。この界隈もだいぶ整理されてきれいになりましたね。さて、午前中の雨も晴れて、けっこうお客さんも来ていた模様。さっそく「お出かけ本箱隊」のブースへ。ちょうど近八書房さんの目の前でお店を出されていた。あうん堂さんとNYANCAFEさんのご主人にご挨拶を申し上げてから、しばし立ち話。この「ポッケまーと」は年に数回行われているようで、HPを見たら、次回は9月とか。お店を持っている人だけが出店できるのかとおもっていたら、どうやら出店料を払えば誰でも参加できるらしい。あうん堂さんからも「次回はいっしょにどうですか」と声をかけていただきました。都合がつけば、是非参加したいです!

以下、こちらで買った本。

・阿佐田哲也 『阿佐田哲也の怪しい交遊録』 (集英社文庫) ¥200
・小栗虫太郎 『失楽園殺人事件』 (扶桑社文庫) ¥300 など

そのあと、せっかくなので、すぐうしろにある近八書房さんも久しぶりにのぞいてみた。

・中野重治 『中野重治は語る』 (平凡社ライブラリー) ¥800
・久生十蘭 『魔都』 (朝日文芸文庫) ¥600
・殿山泰司 『三文役者のニッポン日記』 (ちくま文庫) ¥300
・内田百閒 『百鬼園俳句帖』 (旺文社文庫) ¥200

値段はそこそこだけど、けっこういい文庫があった。やっぱりたまに来ないといけないなあ。十蘭の傑作『魔都』は2冊目だけど、「一〇冊はないと安心できひん」(『古本屋めぐりが楽しくなる 新・文學入門』、183頁)。

次に向かったのは香林坊方面。ここまで来たなら、オヨヨ書林せせらぎ通り店にも寄りたい。入口の100円均一から2冊購入。

・アナトオル・フランス 『現代佛蘭西文藝叢書[2] 我が友の書』 (小林龍雄訳、新潮社、大正12年)
・『有島生馬展 近代洋画の先駆者の全貌』 (日本美術館企画協議会、昭和52年)

有島生馬は、里見弴がらみでアンテナに引っかかった。

このあと、香林坊のより中心部に吸い込まれていく。オヨヨ書林せせらぎ通り店に寄ったのなら、本店にも行かねばなるまい。柿木畠を経由していくが、ついでなので、途中にあるうつのみや本店を偵察。みすず書房の「大人の本棚」シリーズの2冊を手に取ってみたかったから。まず、「の」の欄にはそれはなく、ではもう1冊の方はどうかと「や」を見てみるがない。じゃあ、「ほ」はどうかと見たがやっぱりない。おかしいな、うつのみやには「大人の本棚」の新刊は入っているはずなのに。たぶん売れてしまった、ということにしておく。で、そんなふうに右往左往していたら、「ほ」の欄の近くの「ふ」の欄のところにフジモトマサル『夢みごこち』(平凡社)があった。立ち読みしてみたら、第二話のハリネズミくんが「頬つねりの現行犯で逮捕」されたところでギュッと心をつかまれ、そのままレジに持っていく。(財布の中身がやばい!)   

ところで、うつのみや2階の洋書ペーバーバックの棚には、数年前に表紙デザインが一新された Oxford World's Classics がずらーっと並んでいて壮観だった。普通は Penguin (Modern) Classics が並んでいることの方が多いとおもうが、Oxford であるところがいい。敬意を表して、Wuthering Heights を買おうかとおもったら、これがないんだなあ。Charlotte と Anne のはあるのに。それとも Emily のは売れたのか?

さて、オヨヨ書林本店に到着。そろそろ日も落ちはじめてきて、あんまり長居はできなかったので、おもての100円均一で3冊だけ。

・三遊亭圓生 『雪の瀬川 圓生人情噺(中)』 (中公文庫)
・横溝正史 『ハつ墓村』 (角川文庫、昭和46年初版白背)
・河原畑寧 『映画への旅』 (ダゲレオ出版)

『八つ墓村』は噂に聞いていた背が白いやつ。カバーがだいぶ痛んでおり、おまけに表のそでがない! だから100円ということで納得。それにしても表紙の絵はインパクトありすぎ。小学3年生以下には見せられません。『映画への旅』には、マルコム・マクダウェルのことが数ページ出ていた。インタビューでの受け答えがかっこいい。英国のTVドラマには出ないのかと訊かれて、「絶対に出ないね。あれは工場で働くのと同じだから」と。アメリカで仕事する予定はないのかと訊かれて、「作品によってはね。でも、僕はハリウッドに移住はしない。英国には、そりゃあ色々と欠点はある。でも、生まれ育った国なんだから、僕の根っこは英国にある。その根を切ったら僕は僕でなくなる。あくまでも英国の人間であり続けるつもりだよ」と答えている。

帰りは、両手にずっしり本の重みを感じながら、バスに乗って帰ってきた。妻に迎えに来てもらってもよかったのだが、小言は回避できるのならば回避したほうが精神衛生上よいのである。
[PR]

by anglophile | 2011-05-22 23:58 | 一箱古本市 | Comments(0)
2011年 05月 21日
今週の古本事情
ここ1週間ほど、仕事が忙しかったはずなのに、いろんなところに行ってせっせと古本を買い込んでいる私。

・E.ブロンテ 『嵐が丘』 (河野一郎訳、中公文庫)
・高峰秀子 『コットンが好き』 (文春文庫)
・マラマッド 『アシスタント』 (新潮文庫)
・吉田豪 『人間コク宝』 (コアマガジン)
・小海永二編 『現代詩の解釈と鑑賞事典』 (旺文社)
・小田嶋隆 『1984年のビーンボール』 (駒草出版)
・虫明亜呂無 『虫明亜呂無の本・1 肉体への憎しみ』 (筑摩書房)
・『加能作次郎・藤沢清造・戸部新十郎 石川近代文学全集5』 (石川近代文学館)
・『ノーサイド 一九九四年 十二月号 黄金の読書』 (文藝春秋)
・『ノーサイド 一九九五年 五月号 読書名人伝』 (同上)

いつのまにか『嵐が丘』の文庫本を集めはじめていることに気づく。確認したかぎり、『嵐が丘』の文庫は9種類あるようだ。今手元にあるのは、永川玲二訳(集英社文庫)、鴻巣友季子訳(新潮文庫)、河島弘美訳(岩波文庫)、小野寺健訳(光文社古典新訳文庫)の4つ。今回は、この4つに河野一郎訳が加わったわけだが、この中公文庫版はあんまり見かけないのでラッキーだった。ひそかに、原著とつきあわせて、そのうち翻訳の比べ読みをしてみたいとおもっている。ちなみに、集英社文庫版にはカバーが少なくとも2種類あり、私はその1つ、三村淳氏の植物をモチーフにした方をとても気に入っている。

『人間コク宝』はなんだかすごくおもしろそうな本だ。普段は、芸能関係の本を買うことはほとんどないのだが、この本にはヘンなオーラを見た。ひとクセもふたクセもある芸能人たちへのインタビュー集である。例えば、今は懐かしきチャック・ウィルソンの「僕の(不良時代の)ナイフは1メートルあったから」という言葉には笑ってしまった。この本には「続~」と「新~」もあるらしい。脳内購書リストに登録した。

『肉体への憎しみ』はダブリなので、来週の一箱古本市に出そっかな。加能作次郎と藤澤清造の作品が入っている『石川近代文学全集5』は、県内の図書館ならどこにでも置いてあるだろうが、古本屋ではなっかなか見かけなかったのでうれしい。この全集の他の巻ならよく見かけるんだけど。これだけ1050円也。

『ノーサイド』の読書特集号も手に入ってうれしい。あちこちのブログでしばしば耳にする2冊である。噂に違わぬ内容で、お腹がいっぱい。読むのが人一倍遅い私としては、後者のコラムの1つ「読書王ナンバー1は誰か」(文・坪内祐三)に反応してみたり。芥川の速読の凄さについては、小島政二郎の『眼中の人』や『芥川龍之介』を読んだときにも驚嘆した記憶がある。一方で、武林無想庵という人も凄そうなので、あとで山本夏彦『無想庵物語』(文春文庫)を読んでみよう。たしか持っていたはず。
[PR]

by anglophile | 2011-05-21 17:45 | 古本 | Comments(0)
2011年 05月 20日
Glenn Gould - Beethoven, Sonata No 31 Op. 110 - III

[PR]

by anglophile | 2011-05-20 11:33 | 音楽 | Comments(0)
2011年 05月 18日
Sarah McLachlan, 'Building a Mystery'

[PR]

by anglophile | 2011-05-18 15:18 | 音楽 | Comments(0)