<   2010年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 31日
2010 In Quick Bibliophilic Retrospect
いよいよ大晦日。冬休みに入って、のんべんたらりんと過ごしているが、結局 The Savage Detectives は終わらなかった。年が変わっても、引き続き読み継ぐことにしよう。一方、リョサの The War of the End of the World も届き、あわせてトレヴァーのエッセイ集も届いたものだから、視線が定まらない。誘惑が多すぎるな。この2冊は、しばらく視界の外に置いておくべきかもしれない。

さて、今年は、古本的には、とても充実した時間を過ごすことができた。特に、8月に始まった金沢での一箱古本市に参加できたことが一番大きな出来事だった。思い返せば、岡崎武志さんのブログで、NYANCAFE BOOKSの存在を知り、7月初めの小雨の降る土曜日にNYANCAFEさんのお店を訪れたのだった。そのときに、企画進行中の一箱古本市のことをお聞きした。それまで噂を通してしか知らなかった一箱古本市に、もしかしたら自分も参加できるのではないか、と興奮したことを今でもおぼえている。それから何度もご連絡をいただき、幸運にも8月の一箱古本市に参加することになったのだった。本を買うだけでなく、売る楽しみも味わうことができたのは、自分にとっては大きな収穫だった。NYANCAFEさんには本当にお世話になりました。この場を借りて、感謝申し上げます。来年も参加することがあれば、そのときはまたよろしくお願い致します。

また、地元の出版社である龜鳴屋のご主人でいらっしゃる勝井さんにお会いできたことも私にとっては大切な出来事だった。たまたま1回目の一箱古本市の直前に、2冊の本(『したむきな人々 ~近代小説の落伍者たち~』と『金子彰子詩集 二月十四日』)を注文して、その造本のすばらしさに感銘を受けたところだったので、まさか当日にその勝井さんとお会いできるとは思ってもいなかったのである。その後、勝井さんのご自宅にも寄せていただいたりした。勝井さんご自身も相当の古本者であることもわかり、また古本の話をさせていただくことを楽しみにしております。今後もどうぞよろしくお願い致します。

ということで、一箱古本市の存在が、かけがえのない出会いをもたらしてくれた1年だった。古本漁りの方も、特に夏以降、売ることを考えてか、一段とヒートアップしていったのだった。最近は、息子の方もそういうことに気づき始めてきたようで、ときどき「そんなに本を買ってどうするの?」と私に訊くことがあるが、「そういう質問は、古本の好きな人にはしてはいけないんだよ」と諭すようにしている。
[PR]

by anglophile | 2010-12-31 21:58 | 古本 | Comments(0)
2010年 12月 31日
New Year's Eve
チャールズ・ラムの『エリア随筆』(戸川秋骨訳、岩波文庫)より。
 誰にも誕生日が二つある。少くとも毎年二度づつあつて、それが人のこの世に於ける壽命に關係するものとして、時の經過を思ひめぐらせるのである。その一つは特別に自分の誕生日といふものである。古いしきたりが段々に廢れて行くので、吾々の本來の誕生日を、嚴かに祝うといふ習慣も殆んどなくなつてしまつた。いや、子供だけのことになつてしまつた、が子供は菓子や蜜柑を貰ふことの外、それに就いては全然何も考へることもなく、又何も了解しないのである。けれども新年の誕生日となると、これは感興も深いもので、一國の王様も、一介の職人も、忽せにはしないもので、誰とても正月の元旦を平氣で不關焉とすましてゐる者はない。これは一切のものを起算する時であり、また後に置いて來たものを計量してみる時である。それこそ、吾々に共通した人間といふものの生誕なのである。
 あらゆる鐘の音の中で、―(鐘こそは一番天國に接近した音樂である)―最も嚴肅にまた感動させるものは、舊年を送り出す、その響である。私はそれを聞く毎に、過ぎし十二ヶ月の間に分散してゐたこと等すべてを、その惜しまれる一刻のうちに心のなかで集中しないといふ事はないのである。私は人の死ぬ時に於けるやうに、その價値のあることが判るやうな氣がする。それは實際の人物のやうに思はれ、現代の詩人が、
     去り行く年の裳裾を見たり、
と言つたのも、たゞ詩の上の想像とばかりは考へられない。
 これはあの嚴かなる訣別の日に、誰でも眞劍な悲しみの中に自覺すると思はれる、その心に過ぎない。私は昨夜正にそれを感じた。また私と共にすべての人がそれを感じた。中には私の仲間で、前の年のなくなるのに對し、やさしい悔みを感じたといふよりも、來らんとする年の誕生に向つて歡喜の心を表明すやに見えた者もありはしたが、けれども私は
     來る客を歡び迎へ、去るものを逐はん
とする類のものではない。
 私は生れつき、新規なことには臆病なのである、新らしい本、新らしい顔、新らしい年等、何かの心のゆがみといつたやうな處から、その前途に目を向けることが難かしくなるのである。私は殆んど希望を抱くこともなく、たゞ一方(前々の年)を思ひ起してのみ氣を樂にしてゐる。私は過ぎ去つた幻や決論の中に身を投ずる。

[PR]

by anglophile | 2010-12-31 15:29 | 読書 | Comments(2)
2010年 12月 30日
今年最後の古本行脚
今月いったい何冊買っただろうか。

・矢川澄子 『「父の娘」たち』 (新潮社)
・庄野潤三 『メジロの来る庭』 (文芸春秋) ¥300
・ジャネット・ウィンターソン 『オレンジだけが果物じゃない』 (国書刊行会) ¥300
・マイケル・リチャードソン編 『ダブル/ダブル』 (白水社)
・田村隆一 『ぼくの人生案内』 (光文社知恵の森文庫)
・ヘンリー・ジェイムズ 『鳩の翼(上)(下)』 (講談社文芸文庫) ¥400
・高浜虚子 『柿二つ』 (同上) ¥400
・J・K・ユイスマンス 『さかしま』 (河出文庫)
・色川武大 『あちゃらかぱいッ』 (同上)
・サイモン・ウィンチェスター 『博士と狂人』 (ハヤカワ文庫)
・ハックスリー 『すばらしい新世界』 (講談社文庫)
・野坂昭如 『妄想老人日記』 (中公文庫)

『オレンジ~』は、むかし読んだと思っていたら、読んだのは The Passion (邦題『ヴェネツィア幻視行』)の方だったことをあとで思い出した。『ダブル/ダブル』は、「双子」にまつわる海外文学アンソロジー。訳者の一人は柴田元幸。コルタサルも入っている。『鳩の翼』はジェイムズの後期3部作の1つ。『博士と狂人』は、OEDの誕生秘話についての本。原書が出たときに読んで印象に残っている。たしか続編のようなものも出たのではなかったか。『妄想老人日記』は新しめの文庫なのに105円棚にあってラッキーだった。
[PR]

by anglophile | 2010-12-30 23:29 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2010年 12月 30日
Roberto Bolaño, "The Savage Detectives"
Bolaño の The Savage Detectives は、やっと250頁を超えたところ。このペースだと、某テレビ局の歌番組が終わるまでに読み終えるのは難しいか。いま第2部を読んでいるのだが、この第2部が450頁あることに気づいた。すなわち全体の約70%である。英文の方はすべて口語体なので、けっこうスイスイ読めるのだが。

この第2部は、様々な人物たちへのインタビューで構成されている。これらの人物たちは皆、主人公であるアルトゥーロ・ベラーノとウリセス・リマの2人と何らかの接点を持っている。したがって、第2部を読み進めていくことで、読者はベラーノとリマの足跡をたどることになる。しかし同時に、この2人の方は、1920年代に実在したとされるメキシコの前衛詩人セサレア・ティナヘーロの足跡をたどっていることになっているので、読者は必然的に2つの探索を同時に引き受けていくことになる。だからついつい先を読みたくなる。巧いもんだなあとおもう。

さらに、そのインタビューがなされた期間が、1976年から1996年の20年間に亘っているから、ハンパじゃない。また、1人の登場人物へのインタビューが完結して語られることは少なく、長いもの(であるがゆえに重要なもの)はいくつかに分割されて配置されており、その合間にほかの登場人物たちへのインタビューがさらに挿入されるという形式になっている。時間も多少行ったり来たりする。これは明らかに意図的なもので、焦らされること頻り。「ボラーニョーっ!」と叫びたくなるくらい。でもまあ、少なくとも、この作家が語りの形式に非常にこだわっているということがよくわかるし、私自身もそういう意匠は嫌いではない。

これらのインタビューのなかで最も登場回数の多いのがアマデオ・サルバティエラという人物。この人物は、セサレア・ティナヘーロをよく知る人物なので、最重要人物だといっていいかもしれない。彼の口から、ベラーノとリマが彼を訪問した時の様子が語られる。サルバティエラの書斎で、唯一セサレア・ティナヘーロが編集していた『カボルカ』という雑誌をサルバティエラが探す描写は、古本好きにとってはたまらないかもしれない。
... I opened the file and began to rummage through the papers, looking for the only copy I had of Caborca, the magazine Cesárea had edited with so many secrecy and excitement. (p. 207)
こういう失われた詩誌の発掘みたいな話は大好きだ。早く先を読みたい、とおもうのだが、サルバティエラのインタビューはすぐに他の人物へのインタビューの挿入によって中断されるのであった。ボラーニョー!
[PR]

by anglophile | 2010-12-30 00:51 | 読書 | Comments(0)
2010年 12月 27日
今日買った本
実は、まだ車のタイヤをスノータイヤに替えていなくて、昼頃から大わらわ。毎年こんな調子のような気がする。(涙を流しながら)家の前の雪かきをしたあと、イエローハットに行ってみたが、自分の車に合うスノータイヤの在庫がすでにないとのこと。それから2軒、別のカー用品店をまわって、やっとタイヤの在庫がある店にたどりつく。でも、2本しかないらしい。まあいいか、ないよりマシだ。幸い、古いスノータイヤも積んでいったので、そのなかのまだ使えそうなタイヤ2本と合わせて、なんとかスノータイヤ装備完了。しばらくはこれでなんとかなりそう。なんかやっぱり毎年こんな調子のような気がする。

そのあと、妻と息子がアニメ映画を見に行きたいというので、御経塚サティの映画館まで一緒に行く。私はというと、もちろん映画は見ません。2人が映画を見ている2時間ほどのあいだ、その周辺をふらふらすることに。こういうときでも、古本の神様は私を退屈させません。

・色川武大 『狂人日記』 (福武書店)
・鈴木俊 『訳詩・エッセイ集 さすらい人の歌』 (青孔社)
・イタロ・カルヴィーノ 『マルコポーロの見えない都市』 (河出書房新社)
・ヘミングウェイ 『ヘミングウェイ全短編1 われらの時代/男だけの時代』 (新潮文庫)
・G・ガルシア=マルケス 『ママ・グランデの葬儀』 (集英社文庫)
・シェイクスピア 『オセロー』 (松岡和子訳、ちくま文庫)
・富岡多恵子 『室生犀星』 (ちくま学芸文庫)
・和田芳恵 『一葉の日記』 (講談社文芸文庫)

あんまり期待していなかったのだが、なんだかんだいって、買いたくなる本というのがあるもんだなあ。今日は満足。
[PR]

by anglophile | 2010-12-27 22:19 | 古本 | Comments(0)
2010年 12月 27日
忘年会②など
昨日は雪が降るなか、夕方からの忘年会②のために香林坊へ。少し早めに行って、オヨヨ書林に寄った。100円均一から1冊買おうかとおもったが、荷物になりそうなので結局買わなかった。今度行ったときにまだあったら、買うことにしよう。オヨヨ書林を出て、竪町入口に向かって歩いていくと、うわさのリサイクル図書館「タテマチ文庫」があった。時間があんまりなかったが、少しだけ中をのぞく。わりときれいな本が多かったか。でも、あんまりほしい本はなかったかも。

飲み会は1次会のみで終了。22時前に帰途につく。最終バスがあったので、同僚2人と乗ったのはよかったのだが、どうやら途中で方向が変わるらしく、あわてて下ろしてもらう。雪がぱらつく外に放り出されたヨッパライ3人組。滑稽至極だが、運良く別の車線のバス停から、今度はほんとの最終バスに乗ってなんとか帰ることができた。このなんだかマヌケな感じは悪くなかった。

帰ってきてから、The Savage Detectives のつづきを読む。第1部を読み終わっていたので、第2部から。語り手が変わっている。第1部は副主人公(?)であるらしい青年の日記体で書かれているが、第2部は2人の主人公たち(アルトゥーロ・ベラーノとウリセス・リマ)に関する関係者たちへの聞き書きという形式で書かれている。最初そのことがわからずに戸惑ったが、虎の巻《エクス・リブリス》通信に助けられた。いいのか、わるいのか。ほんとはこういうのは自分で気づいていかないといけないんだけど。それにしても、謎の詩人の行方を追う若き詩人たち、という設定は、少なくとも私にとっては、この長編小説を読み進めていく大きな動機になっている。ベラーノとリマの人物像も謎めいていくばかり。ぞくぞくする。

----------------------------------------------------------------------
一昨日、マーケットプレイスに出していた本がまた売れたので、今日は郵便局に行かなければならない。あと、あうん堂さんにも行きたいんだけど、雪が、降っている。
[PR]

by anglophile | 2010-12-27 09:55 | 読書 | Comments(0)
2010年 12月 25日
Roberto Bolaño Revisited
バルガス=リョサの『世界終末戦争』の英訳版が地球のあちら側から届くのを、鶴首して待っているのだけれど、まだ届きませんねえ。合間に何を読もうかとおもって、手にしたのがこちら。大丈夫なのか!?
c0213681_2583362.jpg
Roberto Bolaño, The Savage Detectives (Picador, 2008) である。今年、白水社から邦訳(『野生の探偵たち』)も上下巻で出たボラーニョの代表作。原書は1998年に出版されている。ちょうど1年前に、ボラーニョの遺作となった 2666 の方を先に読んだのだが、そのあとこちらの方も購入し、積んでおいたのだった。900頁あった 2666 ほどではないが、こちらも650頁と大盛りであるのには変わりない。登場人物があいかわらず多くて困るが、白水社の《エクス・リブリス》通信のボラーニョ特集号を印刷して手元に置いてあるので、かろうじて人物関係を見失わずにいる。こういうのは本当に助かります。もうすぐ100頁に達するが、なんとか行けそうな感じ。年を越すまでに読む、絶対に読む!

唯一の問題は、その途中に『世界終末戦争』が届いてしまいそうなことなのだが。
[PR]

by anglophile | 2010-12-25 23:19 | 読書 | Comments(0)
2010年 12月 23日
今日買った本
仕事が一段落し、やっとストレスから解放された。昨日はそんななか忘年会①に行ってきた。ここ半年くらい外に飲みに行こうという気がおこらず、誘われても断っていたが、まあいつまでも断っていては申し訳ないので、久しぶりに参加することにしたのだった。それにしても久しぶりで、それほど量は飲んでいないのに、けっこう酔っぱらった。2次会にも行く羽目になって、帰ってきたのは、午前1時をすぎていた。案の定、今朝は軽度の二日酔い。では、迎え酒の代わりにと、古本屋に行くことを思いついた。ということで、朝も早よから出かけてきた。

<105円>
・草森紳一 『少年曹操』 (文藝春秋)
・アルベルト・モラヴィア 『眠くて死にそうな勇敢な消防士』 (早川書房)
・青山南 『英語になったニッポン小説』 (集英社)
・『集英社版世界の文学①ジョイス/ズヴェーヴォ』 (同上)
・『集英社版世界の文学⑧ナボコフ』 (同上)
・高橋源一郎 『ゴヂラ』 (新潮社)
・鈴木いづみ 『タッチ』 (文遊社)
・赤江瀑 『山陰山陽小説集 飛花』 (立風書房)
・村田喜代子 『八つの小鍋 村田喜代子傑作短篇集』 (文春文庫)
・野呂邦暢 『諫早菖蒲日記』 (同上)
・戸板康二 『中村雅楽探偵全集(1)團十郎切腹事件』 (創元推理文庫)
・村松友視 『幸田文のマッチ箱』 (河出文庫)
・コリン・ウィルソン 『アウトサイダー』 (集英社文庫)
・C・マッカーシー 『血と暴力の国』 (扶桑社ミステリー)
・ボードレール 『悪の華』 (改版、岩波文庫)

『集英社版世界の文学』には、いい感じの作品がたくさん入っているので、あれば買うようにしている。ジョイスとズヴェーヴォの巻の月報は、野呂邦暢が書いていて興味深い。その野呂邦暢の『諫早菖蒲日記』が手に入ったのもうれしかった。それにしても、この文庫を買った店の品揃いには驚いた。なんであんなにいい本がたくさん集まってくるんだろう。とはいえ、値段は全然手頃ではないので手が出ないのだが。たぶん値付けが高めなので、ずっと売れずに残っていくんではないだろうか。うーん、悩ましい。

<105円以外>
・林芙美子 『放浪記』 (みすず書房) ¥540
・小池昌代 『井戸の底に落ちた星』 (同上) ¥540
・杉本秀太郎 『伊東静雄』 (講談社文芸文庫) ¥450
・森銑三 『落葉籠(下)』 (中公文庫) ¥450
・忌野清志郎 『瀕死の双六問屋』 (小学館文庫) ¥180

『放浪記』は、「大人の本棚」シリーズの一冊。小池昌代さんの本は、書評がたくさん収められていて、そのなかに町田康の『告白』についての文章もある。『落葉籠』は上巻だけ新刊で買ってあって、下巻を買いそびれていた。高いけど、まあいいや。キヨシローの『双六問屋』も買いそびれていた本。町田康が解説を書いている。いつかCD付きの元版がほしいともおもう。それにしても、この店もすごかった。文芸文庫がいったい何冊あっただろう。とはいえ、値段は全然手頃ではないので手が出ないのだが。うーん、悩ましい。
[PR]

by anglophile | 2010-12-23 23:50 | 古本県外遠征 | Comments(0)
2010年 12月 20日
現金書留
先週、郵便局で、久しぶりに現金書留を送った。現金書留を使うなんて、何十年ぶりだったろう。記憶にあるのは、高校生の頃、ビートルズのファンクラブに入っていて、よく通信販売でブートレグのカセットテープなどを買っていたことだ。とにかく久しぶりだったので、あれやこれや初歩的なことを郵便局員の方に質問してしまった。少し恥ずかしかったなあ。

このときは、「橋本平八と北園克衛展」の図録を三重県立美術館に注文したのだった。通信販売で手に入れられることを、以前に林哲夫さんのブログを読んで知っていたので、その真似をさせていただきました。送料と手数料でけっこうかかってしまうことを知って、一瞬ためらったが、この図録はやっぱり手に入れておきたいのでやむなし。本当は展覧会に行ければよかったのだけれど、遠いので行けません。

で、今日その図録が届いた。
c0213681_444941.jpg
なかなかのボリューム。造りもユニーク。右側からは兄の橋本平八の、左側からは弟の北園克衛(橋本健吉)の資料が見られるようになっている。貴重な書籍の数々がカラー写真で紹介されていて、涎が垂れる。詩人のエズラ・パウンドと交流があったこともはじめて知った。パウンドから送られた書簡(タイプライターで打たれたもの)が載っていて、涎が垂れっぱなし。しばし時が経つのを忘れて、カラー写真に見入った。
日本人の眼は銃を離れんとする弾丸をキャッチする最新式カメラのシャッタアである。(エズラ・パウンド、訳:北園克衛「VOU CLUB」より)
c0213681_4271833.jpg

[PR]

by anglophile | 2010-12-20 23:11 | 読書 | Comments(0)
2010年 12月 19日
雑記
◆アマゾンで、定期的に『1Q84』の英訳版の情報をチェックしているが、ついに出版予定日が掲載されていた。来年の9月になるそうだ。まだ先だなあ。出版社は、Harvill Secker。もう少し様子を見てから、注文ボタンを押してみたい。

◆毎日新聞の読書欄“2010年「この3冊」”で、堀江敏幸さんが『昔日の客』を挙げていた。一方、朝日新聞の方では、阿部和重の『ピストルズ』を2人の方(鴻巣友季子さんと斉藤環さん)が挙げており、それはちょっと褒めすぎではないかとおもった。

◆集英社の広告に、『コレクション 戦争×文学 全20巻別巻1』という全集ものが載っていた。来年6月から刊行が始まるらしい。どんな内容か興味がある。1月号の『青春と読書』に収録作家が紹介されているらしい。明日、チェックしてみよう。

◆なぜか、はっきりした目的もなく、夜中の「ブ」に行ってしまう私。関川夏央さんの『女流 林芙美子と有吉佐和子』(集英社文庫)と『家族の昭和』(新潮文庫)を買う。半額セールにより、2冊で200円。

◆アマゾンに注文していた洋書のうちの1冊が届いた。なんで1冊なのに大きい箱で届くのかなあ。まあ、いいんですけど。届いたのは、リョサではなく、こちら。
c0213681_2165848.jpg
サルマン・ラシュディのエッセイ集。元版は1991年に出ていて、このVintage版は今年出たもの。装幀がすばらしい。内容は、けっこうボリュームがある。前半はインド関係の話、後半は書評集となっていて、つまみ読みに適していそうだ。リョサの『世界終末戦争』の書評も載っている。これはあとのお楽しみにとっておこう。
[PR]

by anglophile | 2010-12-19 23:04 | 雑記 | Comments(0)