<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 31日
クジラ冬眠中
週末はなんだかんだで結局ブックオフに行ってしまう私。

・倉橋由美子 『スミヤキストQの冒険』 (講談社文庫)
・倉橋由美子 『わたしのなかのかれへ (上)』 (同上)
・幸田露伴 『運命 他一篇』 (岩波文庫)
・吉行淳之介編 『文章読本』 (福武文庫)
・佐藤亜紀 『バルタザールの遍歴』 (文春文庫)
・桐野夏生編 『我等、同じ船に乗り 心に残る物語-日本文学秀作選』 (同上)
・江戸川乱歩 『江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪』 (光文社文庫)

『文章読本』はかぶりだが、一〇五円でスルーするわけにはいかない。目次を見ているだけで涎が垂れる。最後の二冊は合わせて四〇〇円。文春文庫から「心に残る物語-日本文学秀作選」というアンソロジーが出ていることを知らなかった。これは昨年文春文庫が創刊三五周年を記念して企画されたものらしい。桐野夏生の他に、山田詠美、石田衣良、沢木耕太郎が編者になっている。どれもこれも魅力的な内容になっているようだ。うーん、これは是非集めたい。

桐野編には、「孤島夢」(島尾敏雄)、「その夜」(島尾ミホ)、「菊枕」(松本清張)、「骨」(林芙美子)、「芋虫」(江戸川乱歩)、「忠直卿行状記」(菊池寛)、「水仙」(太宰治)、「ねむり姫」(澁澤龍彦)、「戦争と一人の女」(坂口安吾)、「続戦争と一人の女」(坂口安吾)、「鍵」(谷崎潤一郎)の十一編が収められている。桐野さんの編集の仕方が面白い。
傑作選のタイトルは、「我等、同じ船に乗り」である。同じ船に乗るからには、その小説と対になる作品や、関係性の函に嵌り込んで生きる人々の、窮屈かつ自由な話などを、敢えて選んだ。
すべてが対になっているわけではないが、こういう編集の仕方もあるんだ!と感心してしまった。読むのがますます楽しみになってきた。ちなみに桐野さんは金沢生まれである。
[PR]

by anglophile | 2010-01-31 20:30 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 30日
今日の文圃閣
今週は仕事がいつになく忙しかったが、なんとか乗り切った。今日は文圃閣に寄ってきた。

・『像としての都市 吉本隆明都市論集』 (弓立社)
・『孔雀の舌 開高健全ノンフィクションⅣ 酒と食』 (文藝春秋)
・塩谷賛編 『幸田露伴紀行文集』 (新潮文庫)

これで三一五円!『像としての都市』には、吉本自身が撮影した一九七〇年の東京の民家の白黒写真が四六枚収められており、なかなかの内容である。『孔雀の舌』は全五巻のうちの一冊。帯付きなのがうれしい。そして今日一番うれしかったのが、『幸田露伴紀行文集』である。これはかなり珍しいのではないだろうか。こんな文庫があったことを知らなかった。アマゾンや「日本の古本屋」で検索してみても取り扱っているところはないようだ。背は焼けているものの、元パラ帯付きだから文句なし。露伴が二一歳から二六歳までに書いた紀行文が七篇収められている。「突貫紀行」のみ以前読んだことがあった。これは大切にしたい文庫である。
[PR]

by anglophile | 2010-01-30 21:05 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 24日
ちょっと出かけたついでに
オヨヨ書林に寄ってきた。店頭の一〇〇円均一で五冊ほど買う。

・『彷書月刊 2003年11月号』 (弘隆社)
・『彷書月刊 2009年4月号』 (彷徨舎)
・朝日新聞社編 『わが思索 わが風土』 (朝日新聞社)
・『これでいいのか大学入試英語 上・下』 (大修館書店)

『彷書月刊』は初めて買った。詳しくは知らないが、発行所名が二冊で変わってる。最後の二冊は参照用。こういう参考書類が安く買えるのも私にとってはありがたいこと。ブックオフでも結構いい参考書が拾えるので、必ず「語学」の棚はチェックしている。受験シーズンが終わると、またそういう棚に新入荷が見込めるかもしれない。
[PR]

by anglophile | 2010-01-24 22:16 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 23日
久生十蘭「湖畔」の解釈
今日も仕事。午後からも職場に残っていないといけないので平日と変わらない。トホホ。昼休みにガマンできず、ブックオフに行ってきた。クジラがいなかったのが残念。しばらく充電期間をおくべきだな。とはいえ、「二冊四〇〇円セール」で四冊買う。

・フジモトマサル 『スコットくん』 (中公文庫)
・フジモトマサル 『長めのいい部屋』 (中公文庫)
・ブルボン小林 『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』 (ちくま文庫)
・北村薫 『ミステリは万華鏡』 (集英社文庫)

フジモトマサルの本はこれから集めていきたいと思っている。『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』は、先日元版を手に入れたので、本当は買わなくてもいいのだが、中を見たら「大幅増補」とあったのでついつい。でも元版の装幀のほうが個人的には好き。

『ミステリは万華鏡』を買ったのは、その著者がこのあいだ直木賞を受賞したからというのではない。現在、『久生十蘭短篇選』(岩波文庫)に続いて、『怪奇探偵小説傑作選(3)久生十蘭集-ハムレット』(ちくま文庫)をちびちび読んでおり、『ミステリは万華鏡』に収められている十蘭の「湖畔」と「ハムレット」についてのエッセイをちょうど読んでみたいと思っていたからだ。「湖畔」は読了済みなので、「『湖畔』における愛の生活とは」をさっそく読んでみた。「湖畔」の読解は意外にむずかしく、主人公の妻が生きていたのか死んでいたのかということがはっきりしない。北村氏は後者だと断定する。(私は前者だと思っていました。)たぶん世の中の多くの読者も後者だと思っていたはずだが、北村氏の冷静な読みには説得力がある。それが非常にわかりやすく面白く解説されているから、読む方も素直に納得できる。十蘭恐るべし、はもちろんだが、それを読み解く北村氏も恐るべし、である。ミステリをあまり読まない私だが、氏のファンになりそうである。「ハムレット」の方は近日中に読むことになるだろうから、そちらのエッセイ(「『ハムレット』をめぐって」)も楽しみだ。

ちなみに、小声で言うが、氏が直木賞を受賞されて話題になる前は、私の頭のなかでは、「北村薫」と「高村薫」の区別がよくついていなかった。だから、ちくま文庫から出ている『名短篇、ここにあり』と『名短篇、さらにあり』の編者を今まで宮部みゆきと「高村薫」だとずっと思っていた。二冊とも持っているのにもかかわらず。大変失礼致しました。
[PR]

by anglophile | 2010-01-23 15:20 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 22日
職場シリーズ②
仕事がたまって身動きが取れない今週。ストレスがたまるばかりだ。ちょっと息抜きにブログをば。私の職場はわりかし「自由な雰囲気」なので、それはありがたい。

仕事場の本棚にある一冊を手にとってみる。『ちくま文庫 ちくま学芸文庫 解説目録 2008』だ。いつのまにこんなのを持ってきたのだろう。ちくま文庫の解説目録は、書店においてあればもらうようにしている。たぶん本好きの方ならみなさん同じだと思う。

日々ブログを読ませていただいている方々は、やはりこういう目録を参照し、何が品切れ・絶版になったかを常にチェックされているようだ。たしか、古本ソムリエの山本善行さんも以前そういうことを書いておられたし、「読書で日暮らし」のTsubuteさんも絶版になった『八木重吉全詩集』を先日購入したという記事を書いておられた。私にはまだまだそういった細かさが足りないと自分で思う。

ということで、手元にある解説目録をぱらぱらめくってみる。便利なことに「品切れ一覧表」が付されている。目についたのが、『井伏鱒二文集』(全四巻)である。これはたしかいつも行くブックオフが三年前だったかに開店したときに、四冊揃って出ていたのを覚えている。一〇五円ではなかったので、第一巻「思いでの人々」のみを買うにとどまったのだった。当然いつのまにか残りの三冊はなくなっていった。今思えば全部買っておくべきだったと思う。アマゾンで調べると、結構いい値がついている巻もある。

一〇五円ではなくても、半額であれば買っておくべき本があるということを学んだ次第です。修行はつづく。
[PR]

by anglophile | 2010-01-22 17:11 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 21日
詩を一篇
今週は仕事が忙しく、家に帰ったらごはんを食べて寝るだけの日が続いている。

仕事の合間に、仕事場の本棚においてあった谷川俊太郎『二十億光年の孤独』を手にとってみる。二年前に集英社文庫から出たやつだ。初文庫化だったらしい。おまけに英訳も載っているので、お買い得である。一篇引いてみよう。
かなしみ

あの青い空の波の音が聞えるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立ったら
僕は余計に悲しくなってしまった
第一節には平仮名が多く使われているのに対して、第二節では「透明」「過去」「遺失物係」「余計」など漢字の割合が多く、その対比が巧みだと思う。ちなみに、英訳は次のとおり。
Sadness

Somewhere in that blue sky
where you hear the sound of the waves,
I think I lost something incredible.

Standing at Lost and Found
in a transparent station of the past,
I became all the sadder.

[PR]

by anglophile | 2010-01-21 17:15 | 読書 | Comments(0)
2010年 01月 17日
平凡な一日   
特に用事もないが、なんとなく外出。結局いつものコース。ブックオフで、家にあったプレステ2用のゲームソフトを持ち込み、買い取ってもらう。二束三文であった。

書籍は特にセールもやっておらず、一〇五円棚のみを見て回る。

・松田優作・丸山昇一 『松田優作+丸山昇一 未発表シナリオ集』 (幻冬舎アウトロー文庫)
・門田勲 『古い手帖』 (朝日文庫)
・久間十義 『世紀末鯨鯢記』 (河出文庫)
・イングリット・フジ子・ヘミング 『天使への扉』 (知恵の森文庫)
・森鴎外 『舞姫 雁 阿部一族 山椒大夫 外八編』 (文春文庫)
・角川書店編 『犬の話』 (角川文庫)
・コナン・ドイル 『北極星号の船長』 (創元推理文庫)
・林望 『大増補 新編輯 イギリス観察辞典』 (平凡社ライブラリー)
・向井敏 『真夜中の喝采 新編読書遊記』 (講談社)

『未発表シナリオ集』には中上健次の文章があるのでチェック。『古い手帖』の裏表紙に「川端康成をして「目のさめるような文章術」と唸らせた大記者の、痛快な随筆集」とあるので素通りできず。ところで、「大記者の」の後になぜ読点があるのだろうか?『世紀末鯨鯢記』は、その徹底した『白鯨』の模倣ぶりが興味深い。久間十義は朝日新聞社から出ていた『週刊朝日百科 世界の文学』の「南北アメリカ① メルヴィル、エドガー・アラン・ポーほか」にも「反近代小説『白鯨』の語り」という小文を寄せている。本書の解説は、講談社文芸文庫『白鯨』の訳者である千石英世が書いている。鴎外の文春文庫はなんてことはないアンソロジーだが、絶版なのでついつい買ってしまう。このシリーズの中島敦と梶井基次郎が合体したやつも持っている。『犬の話』もなんてことはないのだけれど、アンソロジーものなので。そういえば、先月中公文庫に入ったクラフト・エヴィング商會編集の『犬』も気になるところ。たしか『猫』もあったはず。『イギリス観察辞典』は平凡社ライブラリーなので買っておく。ただ、この著者に興味はない。解説は丸谷才一が書いている。

帰りにラーメン屋に寄る。そこで北陸中日新聞に何気なく目を通していたら、オヨヨ書林の記事が載っていた。ご店主は富山出身の方であることを知った。
[PR]

by anglophile | 2010-01-17 20:30 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 15日
古本らしい古本
今日は仕事を早々に切り上げて、「二冊四〇〇円セール」継続中のブックオフ(三軒)へ。が、結局一冊も買えなかった。しかし、そのあと行った文圃閣がよかった。

・椋鳩十 『山の太郎熊』 (小学館文庫)
・稲垣足穂 『南方熊楠児談義』 (河出文庫)
・松下竜一 『汝を子に迎えん』 (河出書房新社)
・巌谷大四 『文壇紳士録』 (文藝春秋)
・吉田絃二郎 『わが文学と生活』 (昭和二四年、第二書房)
・『ゴオゴリ全集(4) 短篇小説集』 (函付、昭和九年、ナウカ社)

しめて六八〇円也。吉田絃二郎の本は、「第二書房」という名前が気になって買った。家に帰ってきてから思い出したのだが、数日前に林哲夫さんのブログで紹介されていたのを読み、その名前が頭の片隅に残っていたのだった。ちなみに、「日本の古本屋」で検索してみると、第一書房版は数冊あるが、第二書房版はなかった。それほど珍しい本ではないはずだが。

で、『ゴオゴリ全集(4)』である。全集ということで六冊出たらしい。これはその一冊である(こちらに詳細あり)。函表紙に強い擦れと破れが見られるが、背革平布装の本体はしっかりしており、文句なしの一冊である。右から書かれた「ナウカ社版」という印字を見ているだけでうっとりしてしまう。古本らしい古本を買うことができて、ブックオフに寄ったことも忘れて家に帰ってきた。
c0213681_2193187.jpg

[PR]

by anglophile | 2010-01-15 21:15 | 古本 | Comments(0)
2010年 01月 14日
「本を買う話」
先々月だったか、久しぶりに金沢駅前のリファーレというビル内にある書店リブロにぶらりと寄ったのだが、そのリブロが跡形もなく消えていたのにはびっくりした。どうやら昨年の夏に閉店になったらしい。愛読書である山本善行さんの『古本泣き笑い日記』や林哲夫さんの『文字力100』などを買ったのはこのリブロだった。無料駐車場を完備した郊外店とはちがい、ここに行くには有料の地下駐車場に車をとめなければならなかったが、それでも他店には置いてないような新刊の現物を見れるかもしれないという期待がいつもあったのだ。残念でしかたがなかった。

普段はアマゾンで本を注文することも多いが、それでも現物を手にとってみたいから書店に足を運ぶことも同じくらいある。手にとって気に入ればもちろんそこで購入する。いくらアマゾンの配送サービスが早いといっても、自分の足で本屋に行ってお目当ての本を購入するのが、それを手にすることができる最短コースであることに変わりはない。でも、まあ欲しい本が置いてあればの話なのだが、ここは地方、がっかりすることもしばしばである。いつのころからか、用もないのに本屋に入る癖がついてしまっているが、それは買いに入るのではなく、買うほど欲しくはないがそれでも少し気になっている新刊がちゃんと入っているかどうかをチェックするためである。つまり私は生意気にも金沢のすべての書店の在庫状況チェック係にでもなったつもりでいるのである。私のこの習癖は家人の失笑を買ってもいるが、あまり気にしていない。

さて、駅前のリブロがなくなったという話をしたが、金沢の中心街である香林坊の109ビルにあった書店もいつのまにかなくなっていた。リブロが入っていたリファーレビルもそうだったが、この109の中の書店もこの5,6年のうちに次々と代わっていった。現在、香林坊にある新刊書店といえば、うつのみや書店と紀伊國屋書店ぐらいだろうか。そういう意味では、古書ではあるが、オヨヨ書林さんの香林坊進出は注目に値する。

さて、先日そのオヨヨ書林で買った福原麟太郎『幸福について』をちょっとめくってみた。「本を買う話」という小文が心に残ったが、そこに次のような一節があった。
もっとも、是非ほしいと思って、本屋を目指して勢いこんで行っても、影も形もない、今売れましたとさえ行ってくれない、というのもがっかりさせる。きっと東京以外の地方の書店では、そういうことが多いのではないかと思う。その方が楽しみがありますよ、東京にいたって同じなんだと慰めたい。実際、東京だって同じなので、私など、老体をひっさげて、あちこち廻るよりも、住居のある町の本屋に何々を取ってくださいと頼む方が早い。地方では、その現物がとどくまでに時間がかかるに相違ないが、本をちょっとめくってみて買うことができないのは、東京も地方も大体同じなのである。
この随筆は昭和四一年に書かれたようで、もちろん昔と今は違うはずだ。地方に住んでいる者の眼からすれば、今の東京などの都市部の書店にはほとんどすべての本が並べられているような気がして、やはりうらやましくなる。書店に行けばとりあえず現物を見ることができるというのはやはりありがたいことである。これらは新刊本の話なので、これが古本だったら出会えないことのほうが普通だから、出会えたときの喜びも格別なものがあるだろう。

まあそれはおいといても、金沢の中心街から本屋さん自体が消えていっているという状況に一抹の寂しさを感じるのも確かである。そのぶん郊外店の充実を願うばかりである。
[PR]

by anglophile | 2010-01-14 16:53 | 読書 | Comments(0)
2010年 01月 12日
平日の「ブ」
いつも行くブックオフは年明けからいろいろイベントを行い、やる気を見せている。今日は平日だが、「二冊四〇〇円セール」をやっているのでこちらも負けてはいられない。

・石川淳 『紫苑物語』 (講談社文芸文庫)
・庄野潤三 『夕べの雲』 (同上)
・加賀乙彦編 『野上弥生子短篇集』 (岩波文庫)
・竹西寛子編 『野上弥生子随筆集』 (同上)
・F・ガタリ/G・ドゥルーズ 『アンチ・オイディプス 資本主義と分裂症 上・下』 (河出文庫)

一昨日寄ったときに目を付けておいた『紫苑物語』は誰にも捕獲されずに残っていたのでひと安心。『夕べの雲』は持っているが、偶数冊にするために購入。今回は野上弥生子の岩波文庫がまとまって入荷していて、そのなかの比較的新しめの二冊を選ぶ。新しめの岩波文庫はできるだけ拾うようにしている。『アンチ・オイディプス』に関しては、これを読んで理解できるなどとは思っていないが、その眩しさに目がくらんで素通りはできなかった。ドゥルーズの著作は数年前に河出文庫から何冊か出ている。

このあと、千円以上の買い物をしたので福引きをひとまわしした。赤い玉が転がり出て、それが「五〇円券」に化けたのだった。日常の風景である。
[PR]

by anglophile | 2010-01-12 21:02 | 古本 | Comments(0)