2016年 01月 30日
車を東へ走らせる
昨日は仕事の予定を我田引水気味にやりくりし、高岡のブックオフセール&福野アミューの古本市という古本ダブルヘッダーに、二兎追う者十兎を得るくらいの勢いとパッションで駆けつけた。ブックオフの方は久々の「文庫2冊で500円&単行本2冊で1200円」というやつ。いつぞやのときほどの大収穫はなかったが、それなりの本は買えたので足を運んだ甲斐はあったかな。高岡の2店舗では、ジュノ・ディアス『こうしてお前は彼女にフラれる』(新潮クレスト・ブックス)、井上ひさし『笑劇全集 完全版』(河出書房新社)、ジャン・ジュネ『ブレストの乱暴者』(河出文庫)、水上勉『壺坂幻想』(講談社文芸文庫)、小川国夫『流域』(集英社文庫)を1808円で買った。ディアスは『オスカー・ワオ』が積ん読である。『壺坂幻想』は名作「寺泊」と同時期の短編集らしい。水上勉の世界にときどき浸ってみたくなるのは、北陸に住んでいるからかもしれない。小川国夫の文庫だけ108円。こういう集英社文庫は無視するのがむずかしい。解説を藤枝静男が書いている。

一息つく暇もなく、高岡からそのまま南下し福野へ。アミューは買い物客でにぎわっていた。いつ以来だっけか。古本コーナーはいつもの場所で開催中だった。全体的に古本の量は少なめだったろうか。かろうじて、ロジェ・グルニエ『フラゴナールの婚約者』(みすず書房)、藤枝静男『田紳有楽/空気頭』(講談社文芸文庫)、石川淳『江戸文学掌記』(講談社文芸文庫)を見つけ買うことにした。石川淳は「黄金伝説」を読みたいのだけど、それを収録している文庫はどれも絶版のようなのでなかなか見つけられない。どこかの文学全集とかに入っていないのだろうか。
[PR]

by anglophile | 2016-01-30 23:05 | 古本 | Comments(0)


<< 1月最終日      夏葉社の詩集を見つけた >>