2016年 01月 25日
雪積もる
週の始めなので、いつもより少しだけ期待を胸にブックオフへ向かう。108円文庫棚から5冊拾う。中野三敏『近世新畸人伝』(岩波現代文庫)、中上健次『蛇淫』(講談社文芸文庫)、小林信彦『紳士同盟ふたたび』(扶桑社文庫)、加藤周一『三題噺』(ちくま文庫)、畦地梅太郎『山の眼玉』(ヤマケイ文庫)。やや地味だが、こういう日もあっていい。『近世新畸人伝』がドンピシャの面白さ。こういう日本語にときどき触れてみたくなる。
[PR]

by anglophile | 2016-01-25 23:17 | 古本 | Comments(0)


<< 夏葉社の詩集を見つけた      ずっと青豆が下の名前だと思っていた >>