2016年 01月 06日
ブックオフの正月セール
何かを削除してしまったのだろう、パソコンの調子がずっとおかしい。ネットにはとりあえずつながるが、一太郎やエクセルなどが立ち上がらない。メールも開けない。年賀状を作ろうと思ったが印刷できない。だから今年は年賀状を出していない。嫌になったので、年末年始はブックオフ通いに終始していた。ということにしておこう。

・天沢退二郎 『オレンジ党と黒い釜』 (ブッキング) ¥830
・天沢退二郎 『魔の沼』 (ブッキング) ¥830
・佐藤正午 『鳩の撃退法 上・下』 (小学館) ¥516
・稲垣足穂 『稲垣足穂コレクション 全8巻』 (ちくま文庫) ¥3664
・アンナ・カヴァン 『氷』 (ちくま文庫) ¥108
・赤川次郎/中井英夫/竹本健治他 『幻影城 【探偵小説誌】不朽の名作』 (角川ホラー文庫) ¥108
・大塚康生 『作画汗まみれ』 (文春ジブリ文庫) ¥86
・皆川博子 『光の廃墟』 (文春文庫) ¥86
・皆川博子 『少女外道』 (文春文庫) ¥86
・高橋和己 『邪宗門 上・下』 (河出文庫) ¥172
・松谷みよ子 『日本の伝説 上・下』 (講談社文庫) ¥172
・連城三紀彦 『宵待草夜情』 (新潮文庫) ¥86
・片岡義男 『日本語の外へ』 (角川文庫) ¥86

108円以外は2割引セールの勢いにまかせて買ったもの。元日の野々市ブックオフでは先着400名に500円分の割引券がもらえたりもした。『鳩の撃退法』は妻用。カヴァンの『氷』が108円なのはうれしかったが、家に帰ったらすでに新刊で買っていたことが判明。記憶が錯綜しはじめている。
[PR]

by anglophile | 2016-01-06 00:39 | 古本 | Comments(0)


<< 古本なしの三連休      怪奇SFミステリ祭 >>