2015年 09月 04日
読めない天気
朝方の土砂降りにより、今日の仕事が明日になり、急きょ今日はそのための代休となった。ならば、できることは今日のうちに。まずは野々市のブックオフへ。平日昼前のブックオフ店内をうろつく背徳感が心地よい。安西水丸『青の時代』(光文社文庫)360円を買う。次に数週間ぶりに文圃閣へ。平日昼すぎの文圃閣も解放感にひたれて好きだなあ。ガレージ均一で『レコード・コレクターズ増刊 無人島レコード』(ミュージックマガジン)を見つける。『無人島レコード2』は持っていたが、この最初のやつは持ってなかった。そのあと横の本店(?)に行って、内田魯庵『魯庵日記』(講談社文芸文庫)400円、藤枝静男『或る年の冬 或る年の夏』(講談社文芸文庫)200円、小島信夫『私の作家評伝』(潮文庫)400円などを買う。『私の作家評伝』は3分冊の新潮選書で集めようと思っても埒があかないので、この分厚い潮文庫版を見つけられたのはうれしい。最後に、うつのみやに寄って原武史『潮目の予兆』(みすず書房)を購入。気になっていた新刊だ。家に帰ってきてから、さっそく読みはじめた。
[PR]

by anglophile | 2015-09-04 23:43 | 古本 | Comments(0)


<< 新潮文庫白背の謎      9月の気になる新刊・復刊 >>