2015年 08月 02日
売る売るモード継続中
今日も文庫本と今度はCDも50枚ほど積んでブックオフに向かう。夕方だったが、日曜日なので買取客が多いらしく、1時間以上待つことになった。まわりに本があれば苦になりませんけどね。野々市店は買取を申し出ると、その日だけ使える100円券がもらえる。今だけなのか? 使わないともったいないと思ってしまうタイプなので、高島俊男『漱石の夏休み』(ちくま文庫)460円を文庫本半額棚に見つけて買うことにする。レジに持っていき、お金を払おうとしたら、100円券が有効なのは500円以上買った場合であることがわかり、ギョギョギョ! なんという巧妙な作戦であることか! ま、でも108円の本を1冊選べば済むことなので、文庫本108円棚へ。しばし棚を流し、高橋源一郎『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』(集英社文庫)があったのでこれにする。しばらくして番号が呼ばれて、買取カウンターへ。そこそこの値段だったのでよろし。それでも少し古めの本とかは買取できないものもあるのだな。
[PR]

by anglophile | 2015-08-02 23:52 | 古本 | Comments(0)


<< 本棚整理が一段落し      汗だく本棚整理 >>