2015年 03月 29日
ちくま文庫のディケンズ
ボラーニョ・コレクション(白水社)の第4回配本『アメリカ大陸のナチス文学』が5月に出るそうだが、そういえば前回配本の『[改訳]通話』をまだ買っていなかった。去年の秋に出たとき、近場の書店を探してみたけど一軒も置いてなかったり、虹に心奪われるなどしていて、そのまま忘れてしまったのだったな。どこかの書店で出会えるのを気長に待ちます。

c0213681_2355552.jpg来月の一箱古本市だが、仕事のほうの新年度配置がまだわからないのでまだ申し込みはしていないけれど、参加するつもりではいるので、今日もその仕入れと称してブックオフに行ってみた。某店舗では、あいかわらず商品状態のわりに値付けが horrendously strategic でジリジリしてしまう。それでも何冊か買ってしまうのだけども。

・早川義男 『たましいの場所』 (ちくま文庫)
・チャールズ・ディケンズ 『荒涼館 全4巻』 (同上)
・チャールズ・ディケンズ 『ピクウィック・クラブ 全3巻』 (同上)
・クリスチアナ・ブランド 『招かれざる客たちのビュッフェ』 (創元推理文庫)
・スティーブン・ミルハウザー 『マーティン・ドレスラーの夢』 (白水uブックス)

あれは1992年、大学4年のときだったが、飲み会にでっかい紙袋を持ってきた友人がいた。飲み会に来るにはあまりにも大きすぎる荷物。なかには20冊ほどの文庫が入っていて、それが全部ちくま文庫のディケンズだった。ディケンズで卒論を書くとかで、飲み会の前に書店で大人買いしてそのまま来たのだという。今からそれ全部読むのかよ、とみんなでツッコミを入れたりしたのがいい思い出。
[PR]

by anglophile | 2015-03-29 23:19 | 古本 | Comments(0)


<< チェリビダッケとジミー・ペイジ...      大阪の古本祭り >>