2015年 01月 30日
金田真一耕助之介???
c0213681_23315416.jpg瀧井孝作「松島秋色」をようやく読み終えた。風景や出来事が淡々と描写され、読み手が感情移入する場面がほとんどないので、スイスイ読むというわけにはいかなった。それでも独特の言い回しはきらいではなく、この作家の作品はもう少し読んでみたいとも思う。続いて、同巻収録の川崎長太郎「鳳仙花」を読む。出だしの2ページがすばらしく、思わず復唱してしまう。「川崎長太郎、すごいぜ!」と余韻にひたりながらも、定期巡回だけは怠らない。ここ最近のブックオフは当たりが続いている。

・近藤富枝 『馬込文学地図』 (中公文庫)
・足立巻一 『立川文庫の英雄たち』 (同上)
・『金田真一耕助之介の冒険』 (新感線文庫)
・マキノ雅裕 『映画渡世・地の巻』 (角川文庫)
・プリーモ・レーヴィ 『天使の蝶』 (光文社古典新訳文庫)
・フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 『金剛石のレンズ』 (創元推理文庫)

近藤富枝の中公文庫はこれで4冊目。もう1冊あるみたい。足立巻一の中公文庫はこれまで何回か見かけたが、どれも状態が良くなかった。きれいなのがようやく手に入った。『映画渡世』は以前「天の巻」を入手していた。読むかわからないけれど、これで2冊揃った。オブライエンの『金剛石のレンズ』は現在絶版。絶版ということになると、是が非でも手に入れたくなる。最近探しはじめたわけだが、こんなにすぐに見つけられるとは。オブライエンは昨年末、光文社古典新訳文庫から『不思議屋/ダイヤモンドのレンズ』というのが出た。訳者が異なる。最後に、1冊ヘンなのがまじっているが、パロディもの。値段表記がないのね、この本って。巻末の「新感線文庫発刊に際して」とか「新感線文庫目録 名作文学の部」にゲラゲラ笑いが止まらない。栞にもさりげないおふざけが。こんな本がよくもまあブックオフにあったものだ。おもしろいねえ。
[PR]

by anglophile | 2015-01-30 18:30 | 古本 | Comments(0)


<< ここ1週間の古本      雨上りの潦 >>