2014年 02月 21日
財布を二月の寒風が通り過ぎる
<2月9日(日)>
昼から久しぶりに駅西のブックマーケットへ。ここはいつもはあまり買えないのだけれど、久しぶりに行ってみるとそれなりのものが105円棚に挟まっている。橋本敏男『幸田家のしつけ』(平凡社新書)村上春樹『はじめての文学 村上春樹』(文藝春秋)日下三蔵『離れた家 山沢晴雄傑作集』(日本評論社)堀江敏幸編『記憶に残っていること』(新潮クレスト・ブックス)の4冊を購入。ブックオフとは違い、値札は105円のままだった。腹が減ったので、隣接するココスで遅めの昼食。その後、ついでなので近くのビーンズにも寄る。在庫豊富な書店で新刊チェックをするのは楽しい。店の中に住みたくなってくる。ここでは、永島慎二『フーテン』(まんだらけ出版)貴田庄『西洋の書物工房 ロゼッタ・ストーンからモロッコ革の本まで』(朝日選書)の2冊を買った。

<2月10日(月)>
古本の虫がさわぐので、退勤後、久しぶりに金澤20世紀書房を訪れる。昨年の9月以来かな。等身大松井秀喜パネルに一礼し、お店に入っていくとご主人がおられ新年のご挨拶を申し上げる。以前にはなかった委託販売棚が増設されており、楽しく見させてもらう。ほどなくしてご主人が珈琲を勧めて下さり、ありがたくいただくことにした。ご主人と古本話をしていたときにふと思い出して、うちの近所にある古本屋「ユーズドブックス・リーブル」についてお聞きしてみた。このお店、石川県の古本屋マップに載っていて、私の家からは最も近い古本屋なんだが、どうもやっている気配が感じられない。ずっと前に一度だけ店の前に行ったことがあるが、入り口のドアは閉ざされ、店内は暗かった。なかばあきらめているのだけど、それでも古本屋マップには今でも載っているようなので気になってしかたがない。そんなことをご主人に話してみると、ご主人は何年も前に一度だけそこの店内に入ることに成功されたとおっしゃった。はたして今はどうなんだろう。いずれにしろ有益な情報を入手できたのは収穫だった。そろそろ帰る時間になってきたので、再度古本棚を見させてもらい、泡坂妻夫『ヨギガンジーの妖術』(新潮文庫)¥55、ピーター・ディキンスン『緑色遺伝子』(サンリオSF文庫)¥880、稲垣足穂『タルホ座流星群』(大和書房)¥600を選んで精算してもらった。珈琲ありがとうございました。

<2月13日(木)>
大桑カボスに寄って、稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』(国書刊行会)を買った。最初の方に古本屋の話が少し出てくるのでなんとなく。

<2月14日(金)>
ブックマーケットで諸星大二郎『妖怪ハンター 稗田のモノ語り 魔障ヶ岳』(講談社)¥80とブックオフで『文藝別冊 諸星大二郎 異界と俗世の狭間から』(河出書房新社)¥600を買う。後者は新刊でも買えるが、なんとなく買いそびれていたもの。『ナチュン』の都留泰作が寄稿している。『ナチュン』を読み返したくなってきた。

<2月16日(日)>
うつのみやに行って甚だしく散財。『こころ Vol.17』(平凡社)向井豊昭『向井豊昭傑作集 飛ぶくしゃみ』(未来社)フリオ・コルタサル『対岸』(水声社)高橋輝次編『増補版 誤植読本』(ちくま文庫)高橋輝次編『書斎の宇宙 文学者の愛した机と文具たち』(ちくま文庫)を買う。さ、財布が...

<2月20日(木)>
仕事がころころ転がる雪だるまのようにふくれあがってきていて、火炎放射器で溶かしたろかい、とほんとは思ってます。夜、一箱古本市@源法院の案内メールがNYANCAFEさんから送られてきた。今年は4月スタートの偶数月開催で、場所も源法院から横安江町の方に移動になるようだ。名称も「金沢一箱古本市」と変わっている。1回目が4月20日(日)開催とのこと。あと、「BOOK DAY とやま」もまたあるようで、こちらは4月27日(日)開催のようだ。春先は仕事がかぶることが多いので、出店できるかわからないなあ。でも、新しい展開が楽しみである。
[PR]

by anglophile | 2014-02-21 02:43 | 古本 | Comments(2)
Commented by みこ at 2014-02-28 21:55 x
万歩計さん、こんにちは。
ずっと最近書店も図書館もご無沙汰だったんでつらかったのですが、
先日東京へ行く機会があり、20年ぶりの神保町へ。みわ書房へ寄りました。
帰りには丸ビルに新しくできたふたば書房へ行きました。
品揃えは京都店の方が好みですが、横の階段あたりからガラス越しに見える東京駅新駅舎がとてもきれいでした。

東京の古書店ではコンコ堂や水中書店へ行ってみたいのですが、
他にオススメ店ありますか?
(この2店や京都のLONDONBOOKSが好みです。)
目利きの万歩計さんに教えていただけると嬉しいです。
Commented by anglophile at 2014-03-02 00:23
ここ数年で東京には数回行きましたが、いずれも中央線にある古本屋を中心にまわったでしょうか。去年の夏は古書展に重なる時期だったのでそちらを利用しました。とにかく東京に行きますと、地方との物量の差に愕然とすることがありますね。


<< ラブロふたたび      土曜日の古本 >>