2013年 03月 08日
今週買った本など
3月になり、いよいよ年度末を迎えている。新年度からは職場が変わる予定なので、今の職場で働くのもあと数週間。ほんとは名残を惜しみながら過ごしたいところなんだけども、再来週に大きな仕事がひかえているので落ち着かない。落ち着きを取り戻すには古本を!

<3月4日(月)>
ブックオフ諸江店へ。リプレイスオープンのときから岸本佐知子『なんらかの事情』(筑摩書房)が半額棚にあるのが気になります。でもそのうち105円で買えそうな気がするのでやっぱりスルー。で、105円の本だけ買うことにした。

・江戸川乱歩 『虫』 (講談社)
・江戸川乱歩 『陰獣』 (講談社)
・江戸川乱歩 『孤島の鬼』 (講談社)
・ジャック・ステルンベール 『五月革命’86』 (サンリオSF文庫)
・諸星大二郎 『栞と紙魚子殺戮詩集』 (朝日ソノラマ)
・大鷹俊一 『レコード・コレクター紳士録』 (ミュージック・マガジン)
・古山高麗雄 『女ともだち』 (集英社)

『レコード・コレクター紳士録』は1999年に出た本。筋金入りのレコードマニアのみなさんへのインタビューがもとになっている。1991年の山下達郎とかも載っていて興味深い。あと、松本常男という人がビートルズ・コレクターとして登場しているが、どこかで聞いた名前だと思ったら、『ビートルズ海賊盤事典』(講談社文庫)の著者だった。なるほど、あの分厚い本を出す人ならば、ジョン・レノンが着ていたコーデュロイ・ジャケットの現物を所有していてもおかしくないわけだ。スピーチレス。

<3月6日(水)>
ペーパーバックの表紙に描かれたペンギンが表紙から飛び出てくる夢を見た。なんとなく文圃閣に寄ってみる。あんまりめぼしい本がなかったが、ふと振り返ると移動棚にピカピカのペーパーバックがたくさん並んでいたのでびっくりした。

・James Joyce, Finnegans Wake (Penguin Books)
・James Joyce, The Dubliners (Penguin Books)
・George Orwell, Nineteen Eighty-Four (Penguin Books)
・George Orwell, Down and Out in Paris and London (Penguin Books)
・George Orwell, The Road to Wigan Pier (Penguin Books)
・Truman Capote, In Cold Blood (Penguin Books)
・John Steinbeck, The Grapes of Wrath (Penguin Books)
・Virginia Woolf, A Room of One's Own (Penguin Books)
・Virginia Woolf, A Room of One's Own / Three Guineas (Penguin Books)
・Virginia Woolf, Jacob's Room (Penguin Books)
・Virginia Woolf, To the Lighthouse (Penguin Books)
・Virginia Woolf, Mrs Dalloway (Penguin Books)
・Virginia Woolf, The Waves (Penguin Books)
・Virginia Woolf, Selected Short Stories (Penguin Books)
・Virginia Woolf, Orlando (Penguin Books)
・Virginia Woolf, The Years (Penguin Books)
・Virginia Woolf, The Voyage Out (Penguin Books)

3冊500円。ほとんどメジャーどころなので持ってるのもあるけど、版が違えばそれはもう違う本である。ということにして、あれもこれも買ってしまった。お金を払うときちょっと恥ずかしかった。

<3月8日(金)>
夜、YouTube でJ.K.ローリングのドキュメンタリーを見る。なんかじーんときた。


[PR]

by anglophile | 2013-03-08 20:55 | 古本 | Comments(0)


<< 英米小説最前線リスト      2月、その他の古本 >>