2012年 12月 11日
The New Penguin Shakespeare Covers by Paul Hogarth
ペンギン・シェイクスピアの二回目。こちらは一九八〇年から九〇年代中頃まで使われていた Paul Hogarth の水彩画のカバー。私にとって一番なじみのあるカバーだ。ただ、フィル・ベインズの本では、シェイクスピアの名前が主張しすぎていて、その下のタイトルが窮屈そうでかわいそうだ、などと書かれている。要するに、バランスが悪いということらしいが、そんなもんなのかねえと思う。

c0213681_7105170.jpg
c0213681_7111512.jpg
c0213681_7112362.jpg
c0213681_7112925.jpg

[PR]

by anglophile | 2012-12-11 23:18 | 古本 | Comments(0)


<< うつのみや書店~オヨヨ書林タテマチ店      大量に買い込んだ日 >>