2012年 08月 12日
カリブに密輸。積荷ブリか?
京都は下鴨神社で古本祭が始まっている。京都に行くつもりで家を飛び出したが、着地地点は福井どまりだった。小学校の走り幅跳びで、イメージでは5メートルぐらい跳んでいるつもりなのに、実際には3.70メートルしか跳んでいなかったような感じ。京都はかくも遠き哉。

・コリン・ウィルソン 『至高体験―自己実現のための心理学』 (河出文庫)
・J・G・バラード 『終着の浜辺』 (創元SF文庫)
・獅子文六 『箱根山 (大衆文学館文庫コレクション)』 (講談社)
・奥泉光 『神器(上)(下)』 (新潮文庫)
・ヴァージニア・ウルフ 『ダロウェイ夫人』 (集英社)
・バリー・ユアグロー 『憑かれた旅人』 (新潮社)
・フジモトマサル 『ダンスがすんだ』 (同上)
・『モンキービジネス 2008 Fall vol. 3』 (ヴィレッジブックス) ¥450
・国枝史郎 『国枝史郎探偵小説全集 全1巻』 (作品社) ¥2700

『ダンスがすんだ』は楽しい回文集。こんな本があったのかと思った。「マカオに密輸。積荷オカマ?」というのもある。ぜひフジモト氏のイラストとあわせてご覧下さい。『モンキービジネス』はサリンジャーの柴田訳「ナイン・ストーリーズ」号。『国枝史郎探偵小説全集』は作品社から出ている分厚いシリーズの1冊だが、おもしろそうなので買ってみた次第。
[PR]

by anglophile | 2012-08-12 23:24 | 古本県外遠征 | Comments(0)


<< 水曜日の古本      クエーサーと13番目の柱 >>