2012年 04月 07日
今週の本
月曜日。常盤新平『銀座旅日記』(ちくま文庫)に鈴木地蔵という人の本が紹介されていた。おもしろそうなのでアマゾンマケプレで即注文。

・鈴木地蔵 『市井作家列伝』 (右文書院)
・鈴木地蔵 『文士の行蔵』 (同上)

合計806円。とりあえず『市井作家列伝』をパラパラと。古本にからむ内容もあり、いい感じ。

火曜日は某所偵察。

・村上春樹 『村上ソングス』 (中央公論新社)
・古井由吉 『白暗淵』 (講談社)
・幸田文 『台所のおと』 (同上)
・茨木のり子 『落ちこぼれ』 (理論社)
・茨木のり子 『見えない配達夫』 (日本図書センター)

合計1050円。『村上ソングス』は和田誠のイラストによって魅力が2倍になっている。村上春樹が「R.E.M.は長いあいだ僕のいちばん愛好するロック・バンドだったし、今でもそうだ。」(28頁)と書いているところが、個人的ツボだった。'Imitation of Life' の歌詞が「そうか、こういう全体の意味だったんだ」(30頁)と私もわかった次第。

水曜日。県立図書館へ。『アブサロム、アブサロム!』(岩波文庫)返すの忘れてた。3冊借りる。

・フランセス・イエイツ 『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』 (工作舎)
・高山宏 『新人文感覚1 風神の袋』 (羽鳥書店)
・山田稔 『別れの手続き 山田稔散文選』 (みすず書店)

最初の2冊を重ねるとちょっとした枕になる。『ジョルダーノ・ブルーノとヘルメス教の伝統』の冒頭部を読んでみたが、こんな訳でいいんでしょうか。なんだかちがうような気がする。原文の凛冽な文体とは似て非なるものなり。

木曜日。昼、「つけ蔵」でつけ麺。帰りに、ふと金澤20世紀書房に寄ってみた。2冊購入。

・鮎川哲也編 『怪奇探偵小説集③』 (ハルキ文庫)
・つげ義春 『愛蔵版 夏の思いで つげ義春作品集』 (中央公論社)

合計1045円。怪奇探偵小説集は②を探しているんだけどなあ。

土曜日の今日、マスターズ2日目終了。石川遼は予選落ち。午前中は仕事のようなことをし、昼から「春うらら市」へ。ちょっと吹雪いている。でも、けっこうな人で賑わっていた。品出しで忙しくされていたあうん堂さん、NYANCAFEさん、オヨヨさんにご挨拶。オヨヨさんの300円均一から1冊購入。

・朝日晃/野見山暁治 『佐伯祐三のパリ』 (新潮社)

そのあとオヨヨ書林タテマチ店にも行く。久しぶり。オヨヨさんは「春うらら市」の店番なので、アルバイトの女性の方がレジをされていた。2冊購入。

・川本三郎 『ネヴァーランドで映画を』 (駸々堂出版)
・ヘミングウェイ 『移動祝祭日』 (同時代ライブラリー)

合計600円。帰りにうつのみや書店へ。雑誌『ダ・ヴィンチ』はあんまり読まないが、最新号の特集は「京都で、本を。」なので買います。ピース又吉直樹氏が古書善行堂などを訪れている。夏葉社さんのエピソードに感涙。また、古本エンジン全開になった氏のガケ書房での買いっぷりがものすごい。「完全保存版」であります。

<今日のBGM>


[PR]

by anglophile | 2012-04-07 23:48 | 古本 | Comments(3)
Commented by みこ at 2012-04-08 10:43 x
万歩計さん、おはようございます。
私も買いましたよ、ダ・ヴィンチ、昨日。
猫がすぐ雑誌や新聞の上で寝ちゃうので、昨日は半分しか読んでませんが、わずかなページにぎっしりでしたね京都特集。
私もあのエピソードは感動しました。、又吉さんは2月くらいに「読書芸人」(アメトーク)で本好きらしい姿を見せてらっしゃって好感持ってたんです。
以前買った「京都読書さんぽ」と共に永久保存です。

来月息子と京都へ行くんですよねー♪
受験の下見が目的なのであまり連れまわせませんが、
新刊書店のFUTABA+位は一緒に行けるかなとか、
駅隣接のブックファーストは赤本が充実してたはずとか、
自分が学生時代をすごした嵯峨野・嵐山方面を息子に見せるついでに
LONDON BOOKSへ立ち寄るとか、
言い訳と共に画策中です。 楽しい。
Commented by みこ at 2012-04-08 10:49 x
連続ですみませんが、去年から代官山蔦屋書店へ行きたくてたまらないのですが、行かれたことありますか?
毎日のようにHPチェックして、「眠らなくて済むならここで2日まるまる過ごせるのに・・・」(朝7時から深夜2時まで営業してるので)と悶々しています。
Commented by anglophile at 2012-04-08 13:56
みこさん、コメントどうもです。

来月の京都訪問、実にうらやましいですねえ。といいながら、私はGWに名古屋に行く予定なのです。足元がふわふわしてしかたがありません。

代官山蔦屋書店は行ったことがありません。学生時代に、代官山には一度映画を見に行った記憶がありますが、あまり縁がありませんでした。HPを見ましたが、洋書も充実しているようで、なかなか良さそうなお店ですね。それにしても東京は遠くてなかなか行けません。今年もひそかに東京出張ねらってます(笑)。


<< 今週買った本      3月ももう終わり >>