2012年 03月 31日
3月ももう終わり
昨日は職場の送迎会だったので、辰口の温泉で一泊することになった。辰口に向かう前に、寄る必要はないのに私はブックオフに寄る。北町店では「単行本500円均一」をやっていた。以下のものを買う。

・千街晶之選 『皆川博子作品精華 迷宮ミステリー編』 (白泉社)
・野溝七生子 『アルスのノート 昭和二年早春』 (展望社)
・山崎貞 『新々英文解釈研究(復刻版)』 (研究社)

山崎貞の参考書は3年前くらいに復刻されていて、『新自修英作文』、『新自修英文典』はすでに持っていたが、『解釈研究』だけ持っていなかった。内田樹さんのブログでも取り上げられていた有名な He is an oyster of a man. が載っている。

日改まり、8時半宿で目が覚める。同僚はもう朝食に行っていた。やっぱり最後まで寝ているのはいつも自分ということになる。おいしい朝食を食べてから、宿を出る。外は雨もよい。

せっかく辰口まで来たので、小松のブックオフに行くことにする。特にセールはやっておらず残念。でも、1冊だけ買っておくことにする。

・ナボコフ 『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』 (講談社文芸文庫) ¥600

さらに帰りに野々市の明文堂になんとなく寄ってみた。めずらしく1冊購入。

・竜胆寺雄 『放浪時代/アパアトの女たちと僕と』 (講談社文芸文庫)

中沢けいの解説を読んでみたら、ルビの話が載っていて興味を持った。ちょっと十蘭みたい。それともそういう時代だったということか。
[PR]

by anglophile | 2012-03-31 12:50 | 古本 | Comments(2)
Commented by でっぱウサギの本 at 2012-04-03 23:22 x
ブログではお久しぶりです。実は3月30日に私も北町に行っておりました。奇遇でございます。その次の土曜日は息子を連れて隣県のBOでちょこっといいものを。昨日は御経塚に出張り、ちょこちょこっとお買い物。古本者の業を感じますね。今度の一箱が楽しみです(早すぎですが・・・)。
Commented by anglophile at 2012-04-04 15:58
でっぱさん、どうもです。北町店はときどきセールを行うのでほんとに油断なりませんね。常にアンテナを磨いておく必要を感じています。県外遠征もいいですねえ。「どこでもドア」がほしいです。さしあたって、今週末は実行委員の皆さんが参加する「春うらら市」に行こうと思ってます。こちらも楽しみであります。今月の一箱古本市も無事参加できそうですので、引き続きよろしくお願い致します。


<< 今週の本      第13回一箱古本市@源法院 >>