2012年 03月 20日
本棚の愉しみ
「ポッケまーと」用に買った本棚が寂しそうにしていたので、本の整理を兼ねてひとまず講談社文芸文庫を並べてみた。

c0213681_311674.jpg

c0213681_311148.jpg

c0213681_3112272.jpg

本屋さんの真似をしてちゃんと「あ行」から並べてみた。楽しくってしかたがない。作業中、息子が近くを横切ったが、ヘンな視線を感じたのは気のせいだったか。文芸文庫はまだ30冊くらいは本の山の中にあるはずだが、いっぱいになったのでひとまず作業は終了。この本棚は中の板が可動式ではないので、文庫本を並べるともったいない隙間が出来てしまう。この隙間を埋めることができればもう1列作れそうなのだが。実にもったいない。

作業終了後2時間ほどしてから、妻が「また、へんなところに本棚置いたでしょ~」と軽いジャブを繰り出してきたが、予測済みだったので軽くかわすことができた。そういう予測は朝飯前である。

次回は、ちくま文庫を並べてみることにしよう。
[PR]

by anglophile | 2012-03-20 23:07 | 古本 | Comments(0)


<< 今日の古本      ポッケまーと >>