2012年 01月 29日
ブックオフ各種セール
1月最後の週末。今月は、家から一番近い野々市のブックオフが毎週のようにセールをしている。セール自体はありがたいが、そんなに毎回ほしい本が現れるわけではないことがようやく分かってきたので、以前ほど積極的には足を運んでいない(つもり)。一方で、突然セールを実施する店もあったりして油断はできない。セールをやっているかどうかは、結局その店に実際に行ってみないと分からないことも多い。そんなことを思いながら、今日もふらふらといくつかブックオフをまわってきた。外は終始雪がちらついていた。

3店舗をまわったが、北町店が「単行本500円均一」、御経塚店が「文庫2冊400円など」、小松店が「単行本500円均一&雑誌半額」というのをやっていた。北町店や小松店はセール実施時期がまったく読めないので、運良くセールの日にぶつかったのはラッキーだった。買った本は主に以下の通り。

・堀江敏幸 『彼女のいる背表紙』 (マガジンハウス)
・柴田元幸編訳 『ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち』 (アルク)
・花田清輝 『ものみな映画で終わる 花田清輝映画論集』 (清流出版)
・『マルセル・デュシャンと20世紀美術』 (朝日新聞社)
・ポール・ヴァレリー 『精神の危機 他十五篇』 (岩波文庫)
・三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』 (メディアワークス文庫)
・マルセル・プルースト 『抄訳版 失われた時を求めて Ⅰ』 (集英社文庫)

『彼女のいる背表紙』は文庫化されるかどうかわからないので、500円なら買っておく。帯付。表紙の白黒写真が素晴らしい。『ナイン・インタビューズ』はダブりだが、500円なら買わざるを得ない。CDも2枚ちゃんと付いている。『ものみな映画で終わる』はシブすぎる編集本。『マルセル・デュシャン』は2004年開催の展覧会の図録。「雑誌」扱いなので、半額の500円だった。ピカピカの表紙がかっこいい。
[PR]

by anglophile | 2012-01-29 21:46 | 古本 | Comments(0)


<< 今週買った古本      Jackson Browne,... >>