2011年 10月 29日
昨日買った古本
昨日は香林坊で飲み会があったので、少し早めに行ってオヨヨ書林せせらぎ通り店をのぞいてみた。100円均一ではめぼしいものがなかったが、通常棚の方にほしい本が2冊あった。

・ハァバァト・ゴルマン 『ジョイスの文学』 (永松定訳、厚生閣) ¥1000
・野谷文昭/旦敬介編著 『ラテンアメリカ文学案内』 (冬樹社) ¥1600

『ジョイスの文学』は、「現代の芸術と批評叢書」シリーズの1冊。1932年(昭和7年)刊。原著は1924年刊。1932年といえば、ジョイスはまだ生きていて『フィネガンズ・ウェイク』を書いていた。本書にはおそらくカバーがあったのではないかと思われる。「訳者のあとがき」に、「訳文中、≪室内楽≫からの引用詩は、左川ちか女史の名訳を大体採用さして頂いた」とある。約80年前の話。

『ラテンアメリカ文学案内』は、1984年に出ていた本。執筆者を見ただけでもかなり濃そうな内容だ。あと、ページのレイアウトがとんでもないことになっている。かなり凝っている、ということもできるか。読みにくいけど、おもしろい。

さて、明日は今年最後の一箱古本市だ。今から準備をする予定。
[PR]

by anglophile | 2011-10-29 13:53 | 古本 | Comments(0)


<< 第12回一箱古本市@源法院      Nearly as thick... >>