2011年 10月 12日
猿と古本
10月10日(月)、大阪から京都へ向かう。ホテルを出て、すぐに高速に乗ったまではよかったが、気がついたら奈良方面に車を走らせていたので焦った。

昼前に京都に到着し、いきなり古本というのも露骨すぎるので、嵐山に猿を見に行く。連休最終日だからか、けっこう人や車が多かった。モンキーパークには、少し山道を登って辿り着く。
c0213681_1957421.jpg
昼時だったからか、猿たちは食欲旺盛だった。
c0213681_202291.jpg
屋根にいた猿3匹。
c0213681_204321.jpg
眺めのいい猿山。
c0213681_2051591.jpg
猿山から降りてきてから、近くの蕎麦屋で蕎麦を喰った。気づいたら午後2時を回っていて、そろそろ帰途につかなければならなかったが、「メリーゴーランド古本市」には行っておきたい。河原町めざして、西から東へ移動。

メリーゴーランドという本屋が入っているらしい「寿ビルディング」がわからなくて河原町通りを3往復くらいする。匙を投げようかと思っていたら、見つかった。看板が外に出ていないので見つけにくかった。早速中に入ってみた。
c0213681_7554972.jpg
c0213681_7563770.jpg
中はちょっと風情があり、モダンな感じがした。5階までエレベーターを使う。小さな白塗りの部屋で古本市が行われていた。けっこうお客さんが入っていた。私も入っていく。
c0213681_7562211.jpg
c0213681_7561190.jpg

c0213681_756181.jpg
それぞれの出店者の方々の本が段ボール箱に入っている。だいぶ売れている箱もあり、どんな本があったのか気になってしかたがなかった。もちろんすべてではないが、グラシン紙がかけられた本が多かった気がする。大切にされているんだ、きっと。あと、「古本オコリオヤジ」さんの看板は非売品だとおもわれるが、もし売っていたら買っていただろう。なんとも愛くるしいキャラクターだ。

いろいろほしい本があったが、家族銀行から資金として手渡されたお金は二千円だったので、以下のものを買う。

・R.L.スティヴンスン 『旅は驢馬をつれて』 (みすず書房) ¥1000
・金井美恵子 『彼女(たち)について私の知っている二、三の事』 (朝日文庫) ¥200
・ツヴァイク 『イレーネ夫人の秘密 他三篇』 (角川文庫) ¥60
・ツヴァイク 『愛慾の海 他二篇』 (同上) ¥60
・リチャード・フッカー 『マッシュ』 (同上) ¥100
・『sumus 別冊: まるごと一冊中公文庫』 ¥700

ツヴァイクの角川文庫が60円! 迷わず買う。あとでチェックしてみたら、『イレーネ夫人の秘密』の方に、『チェスの話』(みすず書房)に収められている4篇のうち3篇が収められていた。なんだ、全部文庫で読めるんじゃないの。興味深いのは、題名がかなりちがうこと。

・「イレーネ夫人の秘密」(角川文庫) → 「不安」(みすず書房)
・「西洋将棋綺譚」 → 「チェスの話」
・「本屋メンデルの死」 → 「書痴メンデル」

さて、会計の方は、別部屋のメリーゴーランド店内にて行った。このメリーゴーランドに入ると、あまりにもすてきな本屋で、会計をするのを忘れて、おもわず棚に見入ってしまった。新刊がほとんどだが、金沢のふつうの新刊書店にはまず置いてないだろう品揃えで、古本棚を見ているときと同じような興奮をおぼえた。数冊ほしい本があったが、資金難につき断念した。今度来たときはきっと...
[PR]

by anglophile | 2011-10-12 20:49 | 古本県外遠征 | Comments(4)
Commented by みこ at 2011-10-16 09:43 x
万歩計さん、こんにちは。
京都、メリーゴーランド・・・いいですねえ。
最近特に京都行きたい願望に火がついてます。お金ないけど。
でも東京ならだんなの貯まったマイルで航空券をもらえるので、神田のみわ書房と国会図書館もいいなあと画策しているところです。

ところで昨日の岡崎さんのブログで紹介されている本が、
欲しいと思っていたもので羨ましい限りです。
以前仕事でおじゃました学校図書館にあったのを見ましたが、
持ち帰りたい衝動をこらえるのに必死でした。
Commented by anglophile at 2011-10-16 11:39
みこさん、おはようございます。

今回、仕事にかこつけて、夏に続いてまたまた大阪・京都に行けたのは、とてもラッキーでした。もっとゆっくりする時間があればなおよかったのですが。

「メリーゴーランド」は子どもの本専門店ということですから、みこさんにはストライクなお店でしょうね。小さな店構えでしたが、品揃えは相当に充実していたようにおもえます。きっと、お店の方が、1冊1冊納得されたものを置かれているのでしょうね。あと、メリーゴーランドが入っている寿ビルディング自体も味のある建物でした。
Commented by みこ at 2011-11-20 20:28 x
こんばんは!
昨日明文堂の旅行ガイドのコーナーで
「京都読書さんぽ」「ねうちもん京都」というのを見つけ買ったのですが、
どちらもこういう細かいことを知りたかってん!って感じの、
親切で読みやすく思わず全部行ってみたくなる様な内容でした。
雑誌タイプの目がチカチカするガイドブックでは物足りず、かといって乙女な雑貨やグルメ中心の観光案内本も苦手なのですが、
この2冊は重宝しそうです。
今年発売されて最新情報だし、京都へ書店めぐり+αで行くにはもってこい。
うーん、あとは交通費さえなんとかして・・・・・・

「読書」のほうは各書店オーナーさんのおすすめ本もあり、どの店もちょっとのぞいてみた気になれて楽しいです。
もちろんロンドンブックス、メリーゴーランドも。
Commented by anglophile at 2011-11-20 21:34
みこさん、こんばんは。おもしろそうなガイドブックのご紹介ありがとうございました。特に、『京都読書さんぽ』はタイトルが魅力的です。私も今度チェックしてみますね。


<< Conversations w...      大阪の古本まつり本番 >>