2011年 09月 16日
久しぶりのセール
べつに飲みに行くわけではないが、金曜日が「花の金曜日」らしく感じられるのはいつ以来か。やっとこさで今週の業務が終了したので、野々市のブックオフに行ったらば、半額セールをやっていた。いつも言うておるのだが、そういうことはもっと早く告知してくれんかね。ぜんまいを目一杯巻いて、早足で棚を見て回る。カゴを持った人たちが、謎の機械やらスマートなフォーンを持った人たちが、棚にへばりついている。すでに棚に隙間多し。こちらもターボのスイッチをオンにする。

以下、買った本。

・坪内祐三 『文庫本福袋』 (文春文庫) ¥113
・松岡正剛 『ルナティックス』 (中公文庫) ¥225
・喜国雅彦 『本棚探偵の冒険』 (双葉文庫) ¥203
・種村季弘編 『泉鏡花集成 14』 (ちくま文庫) ¥293
・『文藝別冊 寺山修司の時代』 (河出書房新社) ¥135
・ヘンリー・ミラー 『南回帰線』 (講談社文芸文庫) ¥405
・北尾トロ 『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』 (文春文庫) ¥158

明日は、「ポッケまーと」だ。天気がちょっと心配かも。
[PR]

by anglophile | 2011-09-16 19:03 | 古本 | Comments(0)


<< ポッケまーとに初参加      妻は、倉庫でも借りれば、と言った。 >>