2011年 09月 06日
新刊3冊
最近買った新しい本は以下の如し。

・久松健一 『書物奇縁』 (日本古書通信社)
・渡辺温 『アンドロギュノスの裔』 (創元推理文庫)
・久生十蘭 『パノラマニア十蘭』 (河出文庫)

『書物奇縁』は日本の古本屋から送られてくるメールマガジンに紹介されていた。なじみの書店に取り寄せてもらったが、アマゾンでも買えるのだな。かなりマニアックな話もあって読み応えがあった。『アンドロギュノスの裔』は、門外漢の私などが容易に手を出すべき本ではないのだが、分厚さとカバーのシブさに魅せられた。かなりマニアックな1冊のようで、小学校3年生の時の作文なんかが収められている。ただならぬ雰囲気を感じて、これは1冊持っておくべきだと直感した。1500円したけど、これってたぶん安いでしょ。まだ読んでないので内容はわからないけど。十蘭の河出文庫第3弾は今ちょびちょび読んでいるところ。しばらく「パノラマニア」を「パラノマニア」だとおもっていて、検索しても出てこないから焦った。この調子でシリーズが続いていくことを望む。

c0213681_2118377.jpg

[PR]

by anglophile | 2011-09-06 21:42 | 古本 | Comments(0)


<< 悶々々      見えざる蒐集 >>