2011年 07月 28日
県外遠征
今日は、別に行く必要もないような出張の権利をまんまと獲得してやり、久しぶりに富山へ行ってきた。出張の内容は午後3時から5時までそこにいればいいうというもの。たった2時間のためにわざわざ県外まで行くのにはわけがあるのだよ、ふふふふふ。

気合いを入れて午前9時に家を出ようとしたら、妻から「富山まで6時間もかからんだろ!」と軽いジャブが飛んできたので、「富山は遠いんだよ、富山は」と小学生にも見破られそうなウソを言ってみた。すると、「ふんっ、なに言ってんのよ。どうせまた古本でしょ」と間髪入れずに得意の右ストレートで勝負あり。横にいた小学生の息子はニヤニヤしていた。

出張場所は富山市だったが、まず高岡に寄って、2週間ほど前にオープンしたブックオフ鐘紡店を偵察。中型店舗ということだったが、けっこう広く感じた。が、オープンから2週間経っているので、あまりめぼしいものはなかった。そのあと高岡市内のもう1つの店舗をのぞいてから富山市へ。カーナビというのは持っていないので、いつも場所を探し当てるのに苦労する。途中、道に迷って彼方此方彷徨っていたら、突然目の前に小さな古本屋が現れたので反射的に車を停めたが、残念ながら閉まっていた。気になるなあ。今度来れるのはいつになるやら。

さて、時間ギリギリまでねばった結果、なんとかそこそこの収穫を得た。

・保坂和志 『小説の自由』 (新潮社)
・保坂和志 『「三十歳までなんか生きるな」と思っていた』 (草思社)
・鈴木いづみ 『鈴木いづみコレクション2 短編小説集 あたしは天使じゃない』 (文遊社)
・グレゴリ青山 『旅で会いましょう。』 (メディアファクトリー)
・ダニロ・キシュ 『若き日の哀しみ』 (東京創元社)
・リディア・デイヴィス 『ほとんど記憶のない女』 (白水社)
・ジャック・ケルアック 『禅ヒッピー』 (太陽社)
・川本三郎 『都市の感受性』 (ちくま文庫)
・堀江敏幸 『回送電車』 (中公文庫)
・佐伯一麦 『鉄塔家族 上・下』 (朝日文庫)
・大庭みな子 『津田梅子』 (同上)
・阿部和重 『シンセミア Ⅳ』 (同上)
・青山南 『外人のTOKYO暮らし』 (同上)
・ロアルド・ダール 『あなたに似た人』 (ハヤカワ文庫)

ダニロ・キシュは読んだことはないが、むかし向こうの文芸誌 Review of Contemporary Fiction のオースター特集号を買ったときに、たまたまその同じ号で同じように特集されていたので名前だけはおぼえていた。ケルアックの『禅ヒッピー』はタイトルがすごいな。文芸文庫の方は、原題そのまま『ザ・ダルマ・バムズ』となっている。どっちがいいかと訊かれれば、禅ヒッピーかもしれない。『鉄塔家族』は単行本を持っているが、解説が坪内祐三さんなので買っておく。『シンセミア』は4分冊のうちの4冊目だが、マイケル・エメリックの解説が収められているので買っておく。『外人のTOKYO暮らし』は、著者が日本に住む様々な職業の外国人を取材してまとめたもの。荻窪で古本屋をやっている人が紹介されていて興味深い。
[PR]

by anglophile | 2011-07-28 23:50 | 古本県外遠征 | Comments(5)
Commented by shermy at 2011-08-01 01:45 x
ダニロ・キシュの『砂時計』に衝撃を受けた記憶があります。
ギリシアのコンスタンティノス・カヴァフィスの詩と
似たような匂いがしたのをよく覚えております。
確か書き写したものがあったはずなんですが・・・
見当らない・・・
まあ、また探して読んでみます。

そう言えば以前佐藤泰志絡みで
書き込みをさせて頂いた事がありましたが、
先日目出度く最後の1冊『きみの鳥・・・』を入手致しました。
ヤフオクでした。
何となくご報告まで。

また金沢行きたいです。
この間縁あってあうん堂さんから本を買ったとき、
『一箱古本市の開催されているときにいらっしゃい』
とおっしゃっていましたね。
ああ、それ聞いた事ありますよ!
Commented by anglophile at 2011-08-01 10:57
shermyさん、ご無沙汰しております。

ダニロ・キシュに関するコメントありがとうござました。未知の作家なので、そのうち読む機会があることを期待しています。

『きみの鳥はうたえる』を落手されたようで、おめでとうございます。最近は佐藤泰志から離れておりますが、文庫も一揃えしましたので、あらためて読んでみたいとおもっています。さらなる映画化の話もあるようですね。

昨日は金沢でも毎月恒例となった一箱古本市がありました。暑い日でしたが、楽しかったです。機会がありましたら、ぜひお越し下さいませ。
Commented by みこ at 2011-08-02 00:24 x
万歩計さん、こんばんは。
昨日は初めは日差しが強かったけど、次第に涼しい風が吹き抜けていって、楽に過ごせた気がします。
私のほうは前回より見易い箱を目指した効果が出たのか、
沢山のお客さんに足を止めていただきました。
売り上げはぼちぼちというところでしたが、
お客さんや他店主さんと本の話を沢山できて楽しめました☆
万歩計さんの様に密度の濃い箱は作れませんが、
またいつか「本屋さんごっこ」したいなと思っております。

今回は皆さんの箱をのぞく暇もあって、入手した本を今日ゆっくり読みました。(夏休みの一日を今日にしておいたのです。)
Commented by みこ at 2011-08-02 00:25 x
すみません、違う記事にコメント書いてしまいました・・・
Commented by anglophile at 2011-08-02 10:41
みこさん、おはようございます。

日曜日はごくろうさまでした。私の方は、後半ヘロヘロでございました。でも、1年前の第1回目のときと同じくらいの賑わいだったのでいつも以上に充実していたと思います。

私も箱の体裁にひと工夫施したいと考えていますが、なかなかそれを作る時間がなくて... 息子の夏休みの工作がありますから、そのときにドサクサにまぎれて作ってみようかなあとも考えています。

ではでは。


<< 花火大会      夏休みは洋書三昧 >>