2011年 06月 30日
妻よりメール来たる
正午過ぎに私の元に送られてきた「サポーターの人」からのメールによりますと、某ブで「本半額セール」とのこと。ちょっと寄ってきた。

・東浩紀 『クォンタム・ファミリーズ』 (新潮社) ¥525
・須賀敦子 『須賀敦子全集 第1巻』 (河出文庫) ¥275
・須賀敦子 『須賀敦子全集 第4巻』 (同上) ¥275
・種村季弘 『雨の日はソファで散歩』 (ちくま文庫) ¥225
・種村季弘 『徘徊老人の夏』 (同上) ¥200
・金史良 『光の中に 金史良作品集』 (講談社文芸文庫) ¥50

10年くらい前まで、東浩紀の書くものを羨望を覚えながら収集していたこともあったっけ。『クォンタム・ファミリーズ』はそのうち文庫化されそうな気もするけど、ずっと気になっていたので買っておく。『雨の日はソファで散歩』には、龜鳴屋さんのことを書いた小文が収められていた。興味深く読む。

そのあと、本屋でさらに以下の新刊も買った。

・林洋子 『藤田嗣治 本のしごと』 (集英社新書ビジュアル版)
・坪内祐三 『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り―漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代』 (新潮文庫)
・藤澤清造 『根津権現裏』 (同上)

『藤田嗣治 本のしごと』は図版が満載でたのしい。が、グロテスクなやつも入っている。それを「サポーターの人」に見せてやったら「うぇ~」と顔をひきつらせていた。ちょっと悪趣味だったか。気を取り直して、旋毛曲りの本から読み始める。
[PR]

by anglophile | 2011-06-30 04:16 | 古本 | Comments(0)


<< Patti Smith, &#...      昭和40年代から50年代の文庫... >>