2011年 04月 29日
今日の105円棚
・小松左京 『役に立つハエ 小松左京ショートショート全集③』 (ハルキ文庫)
・筒井康隆編 『’71日本SFベスト集成』 (徳間文庫)
・香老舗松栄堂広報室編 『王朝の香り 現代の源氏物語絵とエッセイ』 (青幻舎)
・諏訪優訳編 『ギンズバーグ詩集 増補改訂版』 (思潮社)

最近ちょっとばかし注目しているハルキ文庫。「全集③」とあったので、じゃあ①とか②とかも集めてみたくなるじゃないですか。で、ショートショートだから星新一だとおもっていたら、実は小松左京だったというオチ。これでは古本検定10級も受からないな。

『王朝の香り』は、小ぶりなのにちょっとした重量感が魅力的な京都書院アーツコレクションに入っているものの新装版。この中に片岡義男のエッセイ「英語で読む源氏」が入っていたので興味を惹かれた。わずか3ページのエッセイだがピリッとしていてよい。
 日本に関する多くのことについて、僕は英語をとおして学んだ。英語をとおしてとは、抽象化して、と言いかえてもいい。そしてさらに、抽象化してとは、余計な邪魔者なしに、と言いかえることが出来る。
 たとえば、『源氏物語』に関して、邪魔になるものと言えば、「紫式部」「日本そして世界初の長編小説」「光源氏」「平安時代」「宮廷生活」といった日本語だ。このような単語は、すべて、大学入学試験につながった高等学校の国語の授業を僕に連想させ、『源氏物語』とのあいだに距離を作ってしまう。と同時に、いま列挙したような言葉をつないでいくと、『源氏物語』に関しての、きわめて皮相的で陳腐な理解が頭のなかに出来てしまい、それもまた真の『源氏物語』から僕を遠ざける。
 すべてが英語になってしまうと、以上のようなかたちでの邪魔をされることなしに、『源氏物語』というものの理解の深みへ、僕は到達することが出来る。(185頁)
 日本についてなにごともいちばんよく知っているのは日本人である我々だ、という凡庸な確信のなかに、圧倒的多数の日本人たちは生きている。その日本人が日本語で読めば、なにについてであれ、たちどころに真の正しい理解を手に入れるはずだという単なる思いこみのなかで、じつはおそろし皮相的で悲劇的なまでに陳腐な理解というものの表面をただ撫でているだけにしか過ぎないことに、その圧倒的に多くの人たちはいつまでも気づかない。
 日本のあらゆることがらに関して、きわめて正しくてしかも深い理解を、英語だけをとおして手に入れることは完璧に可能だ。日本に関して、日本語を経由せずに到達する理解の深度というものが、日本語の外の世界に確実に存在している。(186-7頁)
「完璧に可能だ」と言い切れるところがすごい。このエッセイが収められているのと収められていないのとでは、この本の価値は大きく変わるだろうとおもう。
[PR]

by anglophile | 2011-04-29 22:52 | 古本 | Comments(2)
Commented by でっぱウサギの本 at 2011-04-30 19:10 x
とつぜんお邪魔して、驚かれたかもしれません。「一箱」ではお話もしたことがありませんが、いつぞやは「ウォーターランド」を買っていただき、ありがとうございました。ブログを読ませていただくと、私も好きな文ポや某スーパー三階(ゲームコーナーがうるさい)によく行かれているようで、すっかりうれしくなりました。私は昨日は「三階」とBO諸江のはしご、今日は豪雨の中、文ポへ渉猟の旅。特に「三階」は連休を見込んでか、新参の古本がけっこう多かったようです(とそそのかす)。
また「市」で情報交換などできたらと思います。
Commented by anglophile at 2011-04-30 20:22
でっぱウサギの本さん、コメントいただき、どうもありがとうございます。『ウォーターランド』を買わせていただいた件、おぼえていらっしゃり、うれしくおもいました。

私も昨日は「諸江店」へ500円セール目当てに行きましたが、二日酔いのため出遅れてしまい、その恩恵には与かれませんでした。「諸江店」は小店舗ですが、侮れませんよね。また、連休仕様だという「伝説のスーパー」も気になるところです。明日時間が取れましたら行ってみたいと思います。でっぱウサギさんもけっこう古本屋をまわられていらっしゃるようで、そのうちどこかでお会いしそうですね。

私の方は、次回の「古本市」にはぜひ参加したいとおもっています。もし、またご一緒できれば、よろしくお願い致します。


<< 今日の105円棚      ジャガイモか熱帯植物か >>