2010年 12月 08日
仕事の合間に
今日から土曜日にかけて、仕事がちょっと忙しくなりそうだ。そのことを考えていたら、涙がこぼれ落ちてきたので、それを拭うための「ハンカチ」を買いに、少しだけ「ブ」に寄ってきた。

・吉田篤弘 『百鼠』 (筑摩書房)
・久世光彦 『ひと恋しくて』 (中央公論社)

やはりこまめに行くと、ほしい本があるものだ。とはいえ、資金不足に変わりはない。ここは抑えて、抑えて。

----------------------------------------------------------------------------
気になっているが、高くて買えそうにもない本を挙げてみる。

・中村明 『日本語 語感の辞典』 (岩波書店)
・恩地邦郎 『恩地孝四郎 装本の業<新装普及版>』 (三省堂)
・生田誠他 『書影でたどる関西の出版100』 (創元社)

倍、さらに倍、といった感じで、下に行くにしたがって価格が上昇する。
[PR]

by anglophile | 2010-12-08 22:29 | 古本 | Comments(0)


<< The War of the ...      Kurodahan Press >>