2010年 11月 06日
夜のブックオフ
今日は夕方ぐらいまで仕事。うぐぅ。

夕方、家族とあちこちに行って用事を済ませる。20時頃、なんとなく物足りなくてひとりで「ブ」などへ。家族は呆れ気味。あまり期待せずに行ったが、いい本がありました。でも、疲れていたので棚を見て回るのはつらかった。

<2冊400円>
・宇佐美承 『池袋モンパルナス 大正デモクラシーの画家たち』 (集英社文庫)
・C・ブロンテ 『ジェイン・エア』 (吉田健一訳、同上)

<105円>
・辻原登 『ジャスミン』 (文春文庫)
・吉行淳之介 『なんのせいか』 (ランダムハウス講談社文庫)
・耕治人 『そうかもしれない』 (晶文社)
・保坂和志 『カンバセイション・ピース』 (新潮社)

行った甲斐があったというもの。
[PR]

by anglophile | 2010-11-06 23:41 | 古本 | Comments(0)


<< 東京の居心地      一段落してからシビれる >>