2010年 10月 10日
今日買った本   
この週末、石川県で「ねんりんピック」が開かれている。私の父がそれに出場するということで羽咋まで応援に行ってきた。競技は剣道。全国から70チーム近く参加している。今日は予選が行われた。各チームの試合数は2試合。父は2勝し、チームも明日の決勝トーナメントに上がったようだ。久しぶりに剣道をしている父の姿を見て、ちょっと感動してしまった。最近はよく稽古もしているようで、調子が良さそうだった。それにしても、60歳を超えてあれだけ体が動けば大したものである。会場全体の雰囲気もとても良かった。地元開催だから応援する人の数もちがった。明日も見に行きたいなあ。

さて、終了後、手ぶらでは帰らないのが、古本者の性。

・コーマック・マッカーシー 『越境』 (ハヤカワepi文庫)
・北村薫編 『謎のギャラリー 愛の部屋』 (新潮文庫)
・堀江敏幸 『雪沼とその周辺』 (同上)
・トルーマン・カポーティ 『誕生日の子どもたち』 (文藝春秋)

コーマック・マッカーシーのハヤカワepi文庫をようやく100円で見つけることができた。これはうれしい。マッカーシーのハヤカワepi文庫の現在のラインナップは以下の通り。

・『すべての美しい馬』  国境3部作①
・『越境』 国境3部作②
・『平原の町』 国境3部作③
・『ザ・ロード』

他の出版社からも2作ほど出ている模様。
[PR]

by anglophile | 2010-10-10 20:13 | 古本 | Comments(2)
Commented by Kaneco at 2010-10-10 21:28 x
父上、すごいですね。しかし、私の父が73歳なので、万歩計さんがかなりお若いんじゃないかと思い、失礼ながら、お書きになるものの落ち着いたご様子から、少し下くらいと思っていたので、二重に驚きました(笑)
Commented by anglophile at 2010-10-10 22:31
金子さん、コメントありがとうございます。
今日は、なんといいますか、いい日でした。父親に対しては誰でもいろんな想いをもっているとおもいますが、今日はそんなことも忘れて「おやじの背中」の大きさに決して超えることができないものを感じました。明日も応援に行こうとおもっています。
ちなみに年齢ですが、多分「少し下くらい」でいいとおもいますよ(笑)。


<< 連休最終日のブックオフ         今日買った本    >>