2010年 10月 05日
新刊書店の古本コーナー   
昼休みに近くの新刊書店に寄ったら、入り口付近の一角になんと古書コーナーができていた。予想外のところに古本があるとわくわくしてしまう。まあ、さほどめぼしいものがあったわけではないが、以下のものを購入。

・津本陽 『巨人伝(上)(下)』 (文春文庫) ¥190
・向井敏 『傑作の条件』 (同上) ¥90
・吉行淳之介 『鞄の中身』 (講談社文芸文庫) ¥170

文芸文庫があったのは今後に期待できるかも。値段の付け方がユニークだが、基本的に古いものは安いということだろう。そんなに売れるサイクルは早くないだろうから、毎日通うほどの棚ではないが、それでもちょっとした楽しみにはなりそうだ。
[PR]

by anglophile | 2010-10-05 21:38 | 古本 | Comments(0)


<< 11月の新刊チェックと『海炭市...      好きな一節    >>