2010年 08月 22日
新潮文庫のサマセット・モーム   
今日は久しぶりに某所へ。前回から本がさらに追加されているようだった。

・ルージュモン 『愛について(上)(下)』 (平凡社ライブラリー)
・水上勉 『宇野浩二伝(上)(下)』 (中公文庫)

などが105円、210円で出ていたので、次々とカゴに入れていく。新しい方の棚を一通り見終わってから、いつもの棚の方にさほど期待もせずに行ってみるとびっくりした。新潮文庫のモームがずらっと並んでいるではないか。しばし我を忘れる。

今日拾ったのは以下の17冊!

・『女ごころ』 (昭和55年、29刷)
・『お菓子と麦酒』 (昭和55年、28刷)
・『太平洋 短篇集Ⅱ』 (昭和55年、26刷)
・『手紙・環境の力 短篇集Ⅲ』 (昭和51年、18刷)
・『園遊会まで 短篇集Ⅳ』 (昭和50年、18刷)
・『アシェンデンⅠ 短篇集Ⅴ』 (昭和51年、17刷)
・『アシェンデンⅡ 短篇集Ⅵ』 (昭和50年、15刷)
・『怒りの器 短篇集Ⅶ』 (昭和48年、18刷)
・『この世の果て 短篇集Ⅷ』 (昭和50年、20刷) 
・『十二人目の妻 短篇集Ⅸ』 (昭和47年、15刷)
・『人間的要素 短篇集Ⅹ』 (昭和51年、22刷)
・『コスモポリタンⅠ 短篇集ⅩⅠ』 (昭和47年、14刷)
・『コスモポリタンⅡ 短篇集ⅩⅡ』 (昭和51年、17刷)
・『ジゴロとジゴレット 短篇集ⅩⅢ』 (昭和49年、16刷)
・『人生の実相 短篇集ⅩⅣ』 (昭和50年、15刷)
・『剃刀の刃Ⅰ』 (昭和50年、12刷)
・『剃刀の刃Ⅱ』 (昭和49年、10刷)

残念ながら、『要約すると』と『作家の手帳』はなかったが、これだけ揃っていれば十分である。

現在、新潮文庫から出ているモーム作品は、『人間の絆』、『雨・赤毛』、『月と6ペンス』の3作品だけのようである。したがって、この3作品はブックオフではよくお目にかかる。数年前に改版で出た『劇場』もすでに絶版のようだ。たまたま手元に1978年(昭和53年)と1979年(昭和54年)の「新潮文庫解説目録」があったので、両者におけるモームの収録作品を確認してみたら、ちょうど78年から79年にかけて多くの作品が絶版になったことがわかった。その絶版になった作品は以下の通り。

・『アシェンデン』
・『怒りの器』
・『この世の果て』
・『十二人目の妻』
・『人間的要素』
・『コスモポリタン』
・『ジゴロとジゴレット』
・『人生の実相』
・『劇場』
・『作家の手帳』

ちなみに、『剃刀の刃』は78年版にも載っていないので、さらにその前に絶版になったようだ。解説目録でこういうことを調べたりするのも面白い。
c0213681_21202188.jpg

[PR]

by anglophile | 2010-08-22 20:53 | 古本 | Comments(0)


<< 日曜日は一箱古本市      Hallelujah >>