2010年 07月 17日
今日買った本
今日は某所の100円ショップへ。300円、500円均一コーナーが増設されていた。気合が入ります。

・大橋健三郎 『文学を読む』 (松柏社)
・梶山季之 『せどり男爵数奇譚』 (桃源社)
・E・オブライエン 『ペンギン評伝双書 ジェイムズ・ジョイス』 (岩波書店)
・リチャード・エルマン 『リフィー河畔のユリシーズ』 (国文社)
・『とにかく、吉行淳之介』 (面白半分)
・齋藤愼爾編 『永遠の文庫<解説>傑作選』 (メタローグ)
・中尾清秋 『英文表現の基本と実際』 (研究社出版)
・松山俊太郎編 『日本幻想文学集成5 谷崎潤一郎』 (国書刊行会)
・庄野英二 『ロッテルダムの灯』 (講談社文庫)など

前から気になっていた『せどり男爵』があった。ジョイス関連の本は集めている。『永遠の文庫<解説>』シリーズはこれで3冊揃った。やはり500円コーナーにはそれなりの本がおいてあって満足。

続いて、いつものコースを廻る。

・吉屋信子 『花物語(上)(下)』 (河出文庫)
・イザベラ・バード 『朝鮮紀行』 (講談社学術文庫)
・坂口安吾 『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』 (岩波文庫)
・小谷野敦 『新編 八犬伝綺想』 (ちくま学芸文庫)
・北大路魯山人 『春夏秋冬 料理王国』 (ちくま文庫)
・荒俣宏 『稀書自慢 紙の極楽』 (中公文庫)
・庄野潤三 『文学交友録』 (新潮文庫)
・洲之内徹 『気まぐれ美術館』 (同上)などなど

やっと洲之内徹の新潮文庫にめぐり会えた。が、カバーに破れがあり...
[PR]

by anglophile | 2010-07-17 20:42 | 古本 | Comments(0)


<< 今日も暑かった         Paul Auster, &q... >>