2010年 05月 09日
mishmash
先週の木曜日は夏らしい一日だった。ところが、その翌日の金曜日は一気に気温が下がって肌寒い一日となった。そんな日に、私は半袖のYシャツで出勤したため、昼すぎには悪寒を感じ始め、風邪を引いてしまった。おまけに昨日の土曜日は午前中仕事があったので、調子の悪いまま出勤せざるをえず、本当に辛かった。家に帰ったあとはゆっくりと休養をとったのだった。こんな時期にまんまと風邪を引いてしまうなんて。

本日はなんとか恢復して、昼すぎから多少めまいがするものの、少し出かけてきた。行き先は言わずもがな。

・宮澤賢治 『銀河鉄道の夜 他九編』 (旺文社文庫)
・C・ブコウスキー 『くそったれ!少年時代』 (河出文庫)
・C・ブコウスキー 『詩人と女たち』 (同上)

今日行ったブックオフはたまに行く店だが、県内ではおそらく一番小さく、在庫数は他の中型・大型店に比べると圧倒的に少ない。そのわりに、いつもそれなりの収穫をもたらしてくれるので気に入っている。なんというか、この店だけチェーン店というよりも、個人が営んでいる「古本屋」という印象が強い。店員はいつもだいたい二人いて、和やかな雰囲気で仕事をしていらっしゃる。買い取りもけっこうあるようで、今日も持ち込みの客が多く来店していた。今後も機会あるごとにのぞいてみたい。

話は変わり、6月に河出文庫から『久生十蘭ジュラネスク 珠玉傑作集』というのが出るらしい。アンテナが反応した。河出のHPを見てみたが、どんな作品が収められているのかはまだ書かれていない。ただ、頁数が二八八頁であることは分かった。分量的には多くなさそうだが、どんな内容になるのか気になるところだ。
[PR]

by anglophile | 2010-05-09 23:27 | 古本 | Comments(0)


<< 小林高四郎 『古本随筆 漁書の...      GW最終日 >>