2010年 05月 05日
GW最終日
部屋の中が本で足の踏み場もないほどになってきたので、今日は午前から昼に書けて書棚整理をした。もう棚には入らないと思っていたが、システマチックな収納を心がければまだまだ収まるようだった。整理をしながら、ダブって買っている本がけっこうあることに気づいた。これは不味い、と思い、手帖を取り出してきて、集めている作家の本でどれを持っているかを確認してみた。

新装版で刊行中(?)の「ちくま日本文学全集」(全六十巻)などは、十冊以上同じ作家のを買っていた。このシリーズは一〇五円ならとりあえず買ってしまうので、気づいたらこんなことになっていたのだ。あと十一冊で全巻揃うことも分かり、けっこうがんばったなあと感慨にふける。持っていない巻の番号を手帖に控えた。

その他に、乱歩の光文社文庫シリーズ、須賀敦子や保坂和志の文庫なども、どれを持っていないか全部チェックした。これでダブりも減るだろう。とはいうものの、私の場合、手帖を持ち歩くという習慣がないので、肝心なときにこの手帖が見当たらないということにもなりかねない。車に置いておくのが一番いいのかもしれない。
[PR]

by anglophile | 2010-05-05 20:47 | 古本 | Comments(0)


<< mishmash      久しぶりの名古屋    >>