2010年 04月 17日
土曜日の古本巡り   
今日は文圃閣や「ブ」など。

・川端康成 『花のワルツ』 (昭和一五年、新潮社)
・太宰治 『富嶽百景』 (昭和一八年、同上)
・山口瞳 『小説・吉野秀雄先生』 (文春文庫)
・深沢七郎 『みちのくの人形たち』 (中公文庫)
・フィリップ 『母への手紙』 (三好達治訳、岩波文庫)
・正宗白鳥 『作家論』 (同上)
・竹西寛子 『国語の時間』 (河出文庫)
・A・マンゾーニ 『いいなづけ 17世紀ミラーノの物語 上・中』 (同上)

上の二冊は昭和名作選集に入っているもの。『富嶽百景』には太宰自身の序が付されており、短文だが太宰らしくていいなあと思った。山口瞳の文庫は野呂邦暢が解説を書いている。たしか『血族』の解説も野呂ではなかったか。『いいなづけ』は上・下で買ったつもりだったのだが、中だったのか!ちなみに下巻はありませんでした。なんて中途半端なんだろう。
[PR]

by anglophile | 2010-04-17 15:14 | 古本 | Comments(0)


<< 町田康『告白』         文学を志す人々へ    >>