2010年 02月 19日
古本あれこれ
依然として、家でパソコンが使えない状況が続く。でも、少しこの状況にも慣れてきたかもしれない。とりあえず、新しいアダプターを取り寄せてもらうことにしたのだが、いつになることやら。

昨日は、代休で仕事なし。昼過ぎから外出してきた。買った本は七〇円から九〇〇円までいろいろ。

・山城むつみ 『転形期と思考』 (講談社)
・金井美恵子 『夢の時間』 (新潮社)
・小川和佑 『立原道造 忘れがたみ』 (旺文社文庫)
・野田宇太郎 『新東京文学散歩 続篇』 (角川文庫)
・野口冨士男 『わが荷風』 (中公文庫)
・中井英夫 『中井英夫全集(8) 彼方より』 (創元ライブラリ)
・荒川洋治 『ラブシーンの言葉』 (新潮文庫)
・佐藤正午 『象を洗う』 (岩波書店)

また、ブックオフでは古い『芸術新潮』が数十冊出ていた。一九七六年から八〇年にかけてのものだった。全部買ったら、同居人が何を言うかわからないので、三冊だけとりあえず買ってみた。洲之内徹の「きまぐれ美術館」が連載されていたことを知った。洲之内本はまだ一冊も持っていない。「ブ」で新潮文庫を、と思って、いつもチェックしているが、現れる気配なし、である。
[PR]

by anglophile | 2010-02-19 14:54 | 古本 | Comments(0)


<< The Divine Come...      『黒衣の短歌史』 >>